注目の職種

注目の職種

デジタル時代の波に乗って成功者になろう!
今、注目される新しい仕事30選!

本記事は、今、注目される新しい仕事30選!デジタル時代の波に乗ろう!として、インターネットやIT業界を中心に、続々と誕生している職種を紹介する。いずれも需要が高く、これから数年、数十年は花形の仕事になるだろう。
注目の職種

ファンドレイザーになるには認定試験を受ける

NPO法人(特定非営利活動法人)や公益財団法人など、非営利団体の活動を実行するにあたって必要となる資金を集めるのが「ファンドレイザー」の主な役割だ。組織や財源の強化を通じて、あらゆる面から総合的に団体の成長を手伝っていく。
注目の職種

トラックメイカーになるには自分を売り込むこと

トラックメイカーとはボーカルのないインストゥルメンタル曲をつくる音楽家のことである。ダンスミュージックを軸にヒップホップ、R&B、ダンス、ポップス、アーバン、レゲエなどさまざまなジャンルの曲を制作し若者たちの流行の最先端を生み出す。
注目の職種

コンセプターになるには、課題解決と新価値を創るスキルが必要

コンセプトとは、創造された作品や商品の全体につらぬかれた、骨格となる発想や観点を指す。様々な分野の垣根を超えてコンセプトを創出し、新たなモノやサービスを発明するのがコンセプターである。
注目の職種

デジタルキュレーターになるには、独自視点が必要

キュレーターとは元来、博物館や美術館で展覧会の企画・選定を行う仕事である。デジタルキュレーターは、インターネットにおいて情報を収集・整理し、それによって新たな価値や意味を付与して共有する仕事だ。
注目の職種

ファシリテーターという新しい仕事

会議やミーティングで、潤滑油のような役割を果たすのが、ファシリテーターだ。企業の一ポジションとしてばかりではなくフリーランスとしても、ファシリテーターは活躍しており、社会的な認知も広がりつつある。
注目の職種

自然を守るインタープリターになるには

「自然」の案内役として活躍しするインタープリター。エコロジーへの関心が高まる昨今、インタープリターの重要性は増している。その仕事の内容は、自然と人間との仲介者である(Interpreterの意味そのものは通訳者・解説者)。
注目の職種

視力をケアするオプトメトリストになるには

視界がかすむ、物がぼやける、重なって見える・・・そのような症状にさまざまな分野からアプローチし、問題を発見するのがオプトメトリスト。眼科学をはじめとする幅広い知識と専門技術を駆使し、視力ケアに取り組む仕事だ。
タイトルとURLをコピーしました