デジタル時代の波に乗って成功者になろう!
今、注目される新しい仕事30選!

独立や開業などで活躍できる仕事

チューター

チューターとは、簡単にいうと個別指導をする人だ。複数の人を一度にまとめて指導する教師(ティーチャー)と違い、チューターは1対1で各自をサポートする。

ファンドレイザー

NPO法人(特定非営利活動法人)や公益財団法人など、非営利団体の活動を実行するにあたって必要となる資金を集める。

トラックメイカー

トラックメイカーとはボーカルのないインストゥルメンタル曲をつくる音楽家のことである。ダンスミュージックを軸にヒップホップ、R&B、ダンス、ポップス、アーバン、レゲエなどさまざまなジャンルの曲を制作し若者たちの流行の最先端を生み出す。

コンセプター

存在する商品に付加価値を与えるのではなく、核となるコンセプトを設計図として商品を生み出す。モノをつくる手法が移ろいゆく中で注目されるのがコンセプターの存在だ。

デジタルキュレーター

デジタルキュレーターは、インターネットにおいて情報を収集・整理し、それによって新たな価値や意味を付与して共有する仕事だ。

ファシリテーター

会議やミーティングで、潤滑油のような役割を果たすのが、ファシリテーターだ。組織内あるいは組織間の意見交換の場で、一人ひとりの発言を促し、問題を整理し、議論を実りあるものに導いていく。企業の一ポジションとしてばかりではなくフリーランスとしても、ファシリテーターは活躍している。

インタープリター

自然公園や都市公園、自然学校やエコツアー、各種ミュージアムなど、人々が自然にふれる場所で、自然環境や自然遺産の意義を伝える。

オプトメトリスト

眼科学をはじめとする幅広い知識と専門技術を駆使し、視力ケアに取り組む仕事だ。

ショコラティエ

チョコレートそのものを作るのではなく、チョコレートを使ってスイーツを作る職人で、洋菓子の本場・フランスでは国家資格とされるほど国民に尊敬されている。

おわりに

仕事、職種といってもいいだろうが、実は、同じ仕事をしていても、その内容は本人次第でかなり違うことが多々ある。例えば、ウエイトレスやウエイターなど、ひとくくりに説明することはできるだろうが、プロ意識を持って仕事すれば、個人ごとに身につくスキルは大きく違ってくるはずだ。

仕事の内容を極めれば、ウエイターであってもフードプレゼンターなどと、自分で名乗っても構わない。主体性をもつことで、どんな仕事でもそれがやりがいやスキルアップにつながるのだ。

もし、転職を考えているならば、本当にその仕事が自分にあっていないなだけなのか、何か工夫すべき点はあるか、習慣的に仕事をしていないのかなど、よくよく分析してみることが大事だ。どのような仕事であっても自分の視点を持つことで新しい道が見つかる。

タイトルとURLをコピーしました