スマホ乗り換えは店頭予約がいい理由

トピックス
スマホ乗り換え
スマホ乗り換えは店頭でしっかり話を聞くと安心

はじめに

「そろそろ新しいスマホにしたいなあ」そんなときに「どうすればいいの?」なんて結構悩みます。

スマホ乗り換えといっても考え方は人それぞれ。機種が決まっていて、できるだけ安くしたい場合、またはどうしても手に入れた場合。通信料金も合わせてトータルで見直したい場合。キャリアの会社そのものも検討したい場合など、いろいろな選択肢が考えられます。本記事では、店頭予約に合わせて解説します。

知識はないけど、ベストなスマホにしたい

スマホのことは知らないけれど、バッテリーや容量の問題、なんとなく古くなっている気がするなど、明確な理由がないけれどスマホを変えたい人は、店頭で相談するのがベストです。ネットは情報が多いので、検索して比較するだけで何日もかかってしまう場合があるからです。その点、店頭なら1-3時間程度、三大キャリアに予約を入れて、検討するなら1日で済ませることができます。

ネットだと結局わからずじまい

ネットで調べるのは、下調べにとどめておくことがおすすめ。ほしいスマホだからと言って、すぐに飛びつかない方が賢明。機種や価格をチェックしてから店頭で相談して確認した方がいいです。プランとの併用によっては、キャンペーンなどでお得になるケースがあるからです。ただ、とてもレアで「これが絶対いい!」などの場合は別です。

また、デザインがよくても実際の機能面でよくわからないことがよくあります。思ったような使い方ができなければ残念になることがあるからです。

店頭予約時に伝えておくべきこと

スマホ選びは店頭
予約時に用件を伝えておこう

店頭へは予約で行くことが多くなります。事前に以下のことはしっかり伝えましょう。電話で伝える場合は、以下のようにポイントは伝えます。ネット予約でも希望を入力しておきましょう。

「キャリアも含めたスマホ乗り換えを考えているので、機種とプランを提案してほしい。」

「提案してほしい」という一言は大事です。予約電話で内容を聞かれた場合は、次のように答えます。

「機種については、決めていませんが、プランは基本的に安くなるものにしたいと思っています。機種は、最新機種か同程度、もしくは少しくらいなら下位機種でも構いません。キャンペーンでお得な情報も教えていただけますか?」

予算を聞かれた場合は、ここは素直に答えます。

決めて入れば、その金額を伝えます、決めていなければ、前回購入時でも構わなければ、その金額程度を伝えます。

その際に使用機種を聞かれると思いますので、機種名は覚えておきましょう。

実際のスマホ選びで注意する点は以下のことになります。

●自分にあったスマホを提案してもらう(最初のおすすめを基準とする)。

●基準のスマホの上位機種、下位機種を一つずつ候補に提案してもらう。

(下位機種は2-3あってもいい)

●最安の機種を提案してもらう(キャンペーンなど含めると実質無料があるかもしれません)。

店頭は、想定以外の時間がかかる場合が多い

店頭でスマホ乗り換えやプラン変更をする場合、想定以上に時間のかかる場合があります。例えば、住所変更で免許証など身分証明と住所が異なっていることもそうですが、やはりお店も営業なのでいろいろ多彩な提案を付加するからです。

そうした話が出てくると混乱するので、まずは、希望している内容に絞り込み、現状と比較してその上下で比べるようにします。いわゆる検討の軸を決めるのです。基準がはっきりしていないと結局よくわからない。ということにもなりかねません。

スマホの基準はいろいろ有りすぎてわかりにくい?

スマホの選び方
スマホ選びではCPUなど、処理能力も確認しましょう

正直なところ、スマホを選ぶ基準は、現在の機種との比較です。内蔵メモリは違いで料金が変わるのでわかりやすいのですが、実際、それ以外はわかりにくいものです。

画像数などは、今の時代、ほぼどの機種も高くなっているので、よほどのこだわりがない限りはあまり気にしなくてもいいでしょう。

バッテリー容量も経験的にわかるのではないでしょうか。カメラ機能も自分で使う範囲であれば、特に目新しく使いたいと思うものでない限り、必要な機能だけでいいのではないでしょうか。

その中で、意外に見落としがちなのがCPUです。これは性能そのものに直結するので、少なくとも今所有している機種より高性能のものを選択肢に入れておきましょう。価格が安価なものでも意外に高性能なCPUを入れている機種もあります。そうした機種は掘り出しものと言えます。

選ぶ基準として項目にすると以下となります。

■OS ■CPU ■RAM ■ROM/ストレージ ■ディスプレイ ■カメラ機能 ■電池/バッテリー

機種とプラン案を想定して、最終的に比べる

店頭では、スタッフはある程度マニュアルに沿って話してきますので、その手順通りにしてあげると時短にはなるのですが、セールストークが入り、想定以上に時間がかかることがあります。なので、まずは、自分がスッキリできる目的を達してからにするのがベター。

「オプションは全部決めてからにしてもらえますか?」でいいでしょう。

決めてしまってからの方が、選択しやすいですし、途中でオプションの話になると理解しにくくなるからです。

カードなどは、現状の使いやすさを比べてから

クレジットカード
クレジットカードの申し込みは慎重に

最近では、カードでの引き落としで、持っていないカードを勧めてくる傾向にあります。キャンペーン中ならカードを作ることで工事費とポイントを相殺するようなこともあります。引き落としが問題なければ、いいのですが、今使っているカードのステージ、ポイント付与条件なども事前に知っておけば、判断に迷うこともありませんので

まとめ 〜店頭では基準の機種を決めてから複数検討〜

●店頭でのスマホ乗り換えや機種変更では、基準を3つ程度決めてから
●キャンペーンでは条件をしっかり確認する
●オプションの話は最後にまとめて検討する
●自分が現在使っているカードも比較できるようにポイント付与条件を調べておく

コメント

タイトルとURLをコピーしました