PR

Web3.0のビジネスモデルとは?

Web3.0とは?

Web3.0 は次世代のインターネット環境のことでありWeb3 とも呼ばれます。2018年頃からネット上で取り入れられた概念です。分散型のフレームワークが基盤になり、個人と個人がダイレクトに繋がるため、サーバーやプラットフォームなどの中央の管理主体がありません。

非中央集権型のインターネットであり、透明性とセキュリティの高いサービスが実現するといわれています。暗号資産に使われるブロックチェーン技術が代表例です。

スポンサーリンク

Web3.0のビジネスモデル

Web3.0は、ブロックチェーン技術や分散型アプリケーション(DApps)、データのオープン性、およびユーザーのデータの所有権を中心に構築された新しいインターネットの進化段階です。Web3.0のビジネスモデルは次のようなタイプだ。

  1. DAppsの開発・販売: Web3.0の分散型アプリケーションは、トークンやスマートコントラクトなどのブロックチェーン技術を使用して構築されるため、DAppsの開発や販売がビジネスモデルとして成立します。
  2. データの販売: Web3.0のユーザーは、自分自身のデータを所有しているため、そのデータを他の企業に販売することができます。データのオープン性により、企業はより正確で有用な情報を得ることができるため、データの販売はビジネスモデルとして成立します。
  3. プラットフォームの運営: Web3.0の分散型アプリケーションは、ブロックチェーン上で運営されるため、ネットワークの運営や管理が必要になります。このため、プラットフォームの運営や管理がビジネスモデルとして成立します。
  4. トークンセール: Web3.0のビジネスモデルの1つには、トークンセールが含まれます。トークンセールは、新しいトークンを発行し、それを投資家に販売することで、プロジェクトの資金調達を行うことができます。
  5. 分散型ファイルストレージ: Web3.0は、分散型ファイルストレージの普及にも貢献しています。この分野には、分散型ストレージサービスの提供が含まれ、企業はこれをビジネスモデルとして採用することができます。
  6. クラウドコンピューティング: Web3.0のビジネスモデルには、分散型クラウドコンピューティングも含まれます。分散型クラウドコンピューティングは、分散型ネットワーク上でコンピューティングリソースを共有することにより、企業がクラウドコンピューティングをより効率的かつコスト効果的に行うことができます。

Web3.0は、ブロックチェーン技術や分散型アプリケーションの普及により、従来のインターネットとは異なる新しいビジネスモデルを生み出しています。上記のビジネスモデルは、Web3.0における代表的なものですが、今後も新しいビジネスモデルが登場することが予想されます。

Web3.0のビジネスモデルに共通している概念

Web3.0のビジネスモデルには、以下のような共通している概念が存在します。これらにより、分散化、透明性、信頼性を実現することが可能になり、より民主的で公正な社会の実現に向けた一歩となっています。Web3.0のビジネスモデルには、以下のような共通している概念が存在します。

  1. 分散型:Web3.0のビジネスモデルは、従来の中央集権型のインターネットとは異なり、分散型のネットワーク上で構築されます。これにより、コントロールや権限が分散化され、中央集権的な管理体制を必要としないことが特徴です。
  2. ブロックチェーン技術の活用:Web3.0のビジネスモデルは、ブロックチェーン技術を活用しています。ブロックチェーン技術は、分散型の台帳として機能し、透明性、セキュリティ、信頼性を確保することができます。
  3. データの所有権:Web3.0のビジネスモデルでは、個人が自分自身のデータを所有し、管理することができるようになっています。これにより、プラットフォームや企業が利用者のデータを収集し、悪用することが防止されます。
  4. ユーザー中心の設計:Web3.0のビジネスモデルは、ユーザー中心の設計がなされています。これにより、利用者が自分自身のデータを管理できるようになり、自分自身のプライバシーやセキュリティを守ることができます。
  5. コミュニティの重視:Web3.0のビジネスモデルは、コミュニティの重視がなされています。これにより、コミュニティのニーズや意見が反映されることで、プラットフォームの価値が向上することが期待されます。

Web3.0のビジネスに参加する準備とは

Web3.0のビジネスは、従来のビジネスモデルとは異なる特徴を持ち、新しいリスクや課題も存在します。そのため、十分なリサーチや検討を行い、適切なリスクマネジメントを行うことが必要です。例えば、Web3.0のビジネスに参加するためには、以下のような準備が必要です。

  1. ブロックチェーン技術の理解:Web3.0のビジネスは、ブロックチェーン技術を基盤として構築されています。そのため、ブロックチェーン技術について理解する必要があります。ブロックチェーンの基本的な概念や仕組み、暗号化技術などについて学ぶことが重要です。
  2. 分散型アプリケーションの開発スキル:Web3.0のビジネスに参加するには、分散型アプリケーションの開発スキルが必要となります。分散型アプリケーションの開発には、スマートコントラクトの作成や、分散型データベースの設計などが必要になります。
  3. クリプト通貨の知識:Web3.0のビジネスに参加するには、クリプト通貨についての知識が必要です。クリプト通貨は、ビジネスモデルの基盤となるトークンエコノミーの中で、決済や報酬、投資などの役割を果たします。代表的なクリプト通貨としては、ビットコインやイーサリアムなどがあります。
  4. コミュニティへの参加:Web3.0のビジネスは、コミュニティの重視がなされています。そのため、関連するコミュニティに参加し、情報収集や交流を行うことが重要です。また、コミュニティのニーズや意見を理解し、自身のビジネスモデルの改善や発展に反映させることが必要です。

Web3.0運用の注意点は

Web3.0の運用には、高いセキュリティ対策やコミュニケーション能力、リスクマネジメント能力、トークンエコノミーの理解などが必要となります。以下のような注意点があります。

  1. セキュリティの確保:Web3.0の基盤となるブロックチェーン技術は、不正な取引や攻撃から保護するために、高いセキュリティが必要です。そのため、適切なセキュリティ対策を講じることが重要です。例えば、スマートコントラクトのバグを修正することや、分散型ストレージのデータの暗号化などが挙げられます。
  2. コミュニティとのコミュニケーション:Web3.0のビジネスは、コミュニティのニーズや意見を反映させることが重要です。そのため、コミュニティとのコミュニケーションを確保し、フィードバックを受け取ることが必要です。
  3. スキャムに注意:Web3.0のビジネスには、スキャムのリスクが存在します。特に、ICO(Initial Coin Offering)などのクリプト通貨を用いた資金調達においては、詐欺的なプロジェクトに騙されないように注意する必要があります。
  4. リスクマネジメントの徹底:Web3.0のビジネスは、新しいビジネスモデルであり、未知のリスクや課題が存在します。そのため、リスクマネジメントを徹底し、適切な対策を講じることが必要です。
  5. トークンエコノミーの理解:Web3.0のビジネスには、トークンエコノミーが重要な役割を果たします。トークンエコノミーとは、クリプト通貨を用いたビジネスモデルのことを指します。トークンエコノミーについて理解し、適切な投資やビジネスの戦略を立てることが必要です。

情報が集積し一人勝ちの状態をつくりやすいWeb1.0〜2.0の世界

現在のWeb2.0では何かを調べたり、発信するのにGoogleやtwitter、YouTubeなどのプラットフォームを利用します。

プラットフォームには管理者がおり、そこに情報が集中するので、自らがすべてを決めることができます。例えば、ルールに反するとアカウント凍結などでサービスが利用できなくなります。中央集権型のインターネットでサービス提供者に依存するしかないのが現状です。

Web3.0は分散型のネットワークで情報は個々に管理

しかし、Web3.0(Web3)では管理者がいなくてもユーザー同士でさまざまなことが可能になります。データ管理、個人間のコンテンツ提供、デジタルデータの販売・送金などです。

ブロックチェーン技術を活用すれば、複数人でデータを分散して管理するので、情報改ざんの心配がありません。

個人間取引となるので、特定の企業に情報が集まることが避けられます。何より特徴的なことは、データ通信でサーバーを介する必要がなくなることです。これにはP2Pシステムが利用されます。ネットワークに繋がった同士で自由にデータ通信が可能になるのです。

日本はWeb3.0を新しい資本主義の起動と位置づけ

日本政府は2021年12月に公表された「経済財政運営の基本方針2022」において、Web3.0を新たな産業革命と位置づけ、新しい資本主義の起動となる可能性を持つと評価しています。

これに基づき、日本政府は、Web3.0に関する研究開発や人材育成、法制度整備などの支援を進めることを表明しています。

Web3.0は、従来の中央集権的な社会やビジネスモデルに変革をもたらす可能性があり、日本政府もその可能性を期待し、積極的に取り組んでいると言えます。

また、2022年6月に発表された「経済財政運営と改革の基本方針2022 新しい資本主義へ~課題解決を成長のエンジンに変え、持続可能な経済を実現~」が経済財政諮問会議での答申を経て、閣議決定されたからです。そこに記されている世界は「新しい資本主義」の起動です。

新しい資本主義の起動

「新しい資本主義の起動」とは、Web3.0がもたらす変革により、従来の資本主義が抱える課題を解決し、新たな経済システムの構築が可能になるという期待を表現したものです。

従来の資本主義では、利益追求や競争原理が中心となっており、それに伴う格差や環境問題などの社会的課題が発生しています。

一方で、Web3.0では、分散化、トークンエコノミー、自己主張などの特徴により、より公平かつ透明性の高い経済システムの実現が期待されています。

例えば、分散型の金融システムによって、従来はアクセス困難であった資金調達や投資が容易になり、経済的活動の拡大が可能となります。

このようなWeb3.0がもたらす変革によって、従来の資本主義の課題が解決され、新たな経済システムが構築される可能性があると考えられています。これが、「新しい資本主義の起動」と呼ばれる由来です。

新たな世界観が誕生しようとしている

これは、袋小路に入らざるを得なかったマルクスの提唱した資本主義的な考え方を超越する新たな世界観が登場したことを意味します。

これまでの資本主義は、富がひとつに集まる仕組みでしたが、個人の集合がそれに変わる可能性を示しているからです。

社会活動のデジタル化が進むことが意味するのは、一極集中管理の活動空間から多極化された仮想空間へ向かうことです。

Web3.0の社会への影響

Web3.0がもたらす変革により、新たな経済システムが構築されると同時に、社会全体のあり方にも影響を与える可能性があります。

例えば、分散化された経済システムによって、個人や地域がより自立した活動を行うことができ、新たなビジネスモデルが生まれることが期待されます。

また、トークンエコノミーや分散型アプリケーションによって、個人が自己主張し、自己実現することが容易になり、より自由で創造的な社会が実現される可能性があります。

Web3.0がもたらす変革の課題

Web3.0がもたらす変革には、技術的な問題や社会的な課題も存在します。例えば、分散化によってセキュリティリスクが増大する可能性があり、プライバシーや法的な問題も発生することがあります。

また、トークンエコノミーや分散型アプリケーションによって、中央集権的な権力が分散される一方で、新たな不平等や排除が生じる可能性もあります。

このような問題を解決するために、技術的な開発や社会的な枠組みの整備が必要になると考えられています。

Web3.0がもたらす変革は、まさに新たな世界観が誕生しようとしていると言えます。技術と社会が共に進化し、新たな未来が切り拓かれる可能性があります。

Web1.0からWeb3.0へ。一極集中から分散多次元へ。

ここで、過去のWeb1.0からWeb3.0をまとめながら比較しましょう。

  • Web1.0・・・・ホームページを作る、見る(一方向的・一次元管理)
  • Web2.0・・・・SNSなどのコミュニティにより情報が行き来する(双方向的・一次元管理)
  • Web3.0・・・・中央集権者が不要でユーザー同士が情報を分散管理する(多角的・多次元管理)

Web1.0がもたらした情報爆発

web1.0は一方通行

Web1.0は1990年代に始まった情報のカンブリア紀といえるものです。それまでのパソコン通信と違い、一般的に広がり、誰もが使える通信手段となったからです。ネットから数多くの情報が収集でき、人はネットで何かを調べることが一般的となりました。まさに情報爆発を起こしたのがWeb1.0だったのです。

Web2.0が高めた個の存在価値

Web2.0とは

2000年代に入りインターネットを社会を席巻したのが情報検索という概念です。それまでディレクトリ型だった検索が、Googleによって変わりました。さらに、情報発信はSNSによって個人間の双方向の時代になりました。ネットだけで稼ぐブロガーやYoutuberが登場して、社会の価値感の多様化が進んだのです。昨日まで無名だった人が、一夜にしてヒーローになれる装置を誰もが手に入れたのです。

Web3.0がもたらす新共存社会・新資本主義社会

Web3.0とは

18世紀の延長で考えられた資本主義理論が通じない社会を構築可能にするのがWeb3.0による社会です。中央集権的に情報が集約されていたものが、個人に解放されるからです。個人が集合し、莫大な資産を一夜にして築くことが可能になります。

これを背景に新しい価値観がいくつも誕生することが予測されます。また、個人の活動が多層化して、一人でいくつもの人生を楽しむことも夢物語ではなくなります。バーチャル社会とリアル社会の融合化が進むことも想定されます。

新共存社会

Web3.0がもたらす新共存社会は、分散型技術を通じて、人々が自己主張し、共有し、協働できる社会を意味します。Web3.0におけるデータの自己所有権や、分散型アプリケーションによるコミュニティの形成、自己実現や自治を重視したガバナンスの実現など、従来の中央集権的な社会とは異なる新しい社会の形が生まれることが期待されています。

新資本主義社会

一方、新資本主義社会においては、トークンエコノミーを通じて、ビジネスモデルの透明性やインセンティブの創造、より公正な富の再分配が可能となります。また、分散型ストレージやクラウドコンピューティングなどの分散型技術により、従来は大企業が独占していたビジネス領域においても、個人や小規模企業が参入しやすくなることが期待されています。

まとめ

Web3.0がもたらす影響をまとめると次の通りです。

  1. 分散型のインターネット:Web3.0は、分散型のインターネットを実現します。この分散型のインターネットは、セキュリティ、プライバシー、透明性、アクセシビリティの向上につながります。
  2. 自己主張の増加:Web3.0は、個人が自己主張することを可能にします。これは、個人が自分自身のデータを所有し、それを制御できるようにすることによって実現されます。
  3. 新しいビジネスモデルの創造:Web3.0は、新しいビジネスモデルの創造を促進します。分散型アプリケーションの開発により、従来の中央集権的なビジネスモデルから脱却し、より多様なビジネスモデルが生まれることが期待されます。
  4. 世界中の人々への参加機会の拡大:Web3.0は、世界中の人々に参加する機会を拡大します。分散型アプリケーションは、インターネットに接続されている人々だけでなく、インターネットに接続されていない人々にも参加する機会を提供することができます。
  5. 透明性と信頼性の向上:Web3.0は、透明性と信頼性を向上させます。ブロックチェーン技術によって、データの改ざんを防ぎ、不正行為を検出することができるため、ビジネスプロセスや取引に関する信頼性が向上します。
  6. データ共有の容易化:Web3.0は、データ共有を容易にします。分散型アプリケーションは、データの所有権を明確にすることで、様々な人々がデータを共有できるようになります。
タイトルとURLをコピーしました