クラウドソーシングで登録すべきサイトと仕事の注意点

副業のためのクラウドソーシング

はじめに

クラウドソーシングで働く
クラウドサービスでは、様々な働き方がある

本稿は、クラウドサービスを利用して副業やお小遣い稼ぎをしようとする方に向けて、仕事をする際の注意点を解説。また、初心者の方にわかりやすいようにクラウドソーシングのサイトをジャンル別に16サイトを紹介する。クラウドソーシングのいろいろなタイプを知って効率的に稼いでみよう。最後には、確定申告などについても解説している。

「クラウドソーシング」とは? どんな人が使っている?

クラウドソーシングで働く人とは
サラリーマン、主婦、学生などいろんな人が活用している

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人や企業がネット上で仕事を公開し、オンライン上のやりとりを通じてその仕事を個人に請け負ってもらい、仕事を進めていく業務形態のことである。

企業は直接人を雇わなくても必要な時に必要な業務を行うことができ、個人は自分に都合のいい時間だけ仕事を受けることができるというメリットがある。

仕事内容は商品レビューからプラグラミング、翻訳など多彩な仕事

依頼される仕事は専門性の高いプログラミングや翻訳などの仕事から、商品レビューの投稿や手紙の宛名書きなどの軽作業まで多岐にわたり、自分で多種多様な依頼の中から業務内容や報酬金額を選んで仕事をすることが可能だ。

もしかすると副業を始めようとしている人のなかにはクラウドソーシングで稼ぐには特別な知識や経験が必要なのではと思っている人もいるかもしれない。もちろん資格や知識があれば単価の高い仕事が見つかる可能性が高まるが実際に依頼される仕事のなかには簡単な作業だけでよい案件もあり、誰でもできる仕事が数多く存在する。

主婦、学生、サラリーマンなど様々な人がクラウドソーシングを活用

そのため子育て中に在宅で働きたいという主婦であったり、空いた時間にお小遣いを稼ぎたい学生、副業収入を得たいサラリーマン、それに定年退職後も働きたいシニアなどさまざまな状況の人が利用しているのだ。

「今の自分の状況に合わせ、仕事内容や働く時間を自由に決められる」それがクラウドソーシングを利用した働き方の魅力と言えるだろう。

タイトルとURLをコピーしました