FXのスキャルピングは10秒足で試してから

副業でスキルアップ

はじめに

この手法は、FXを初めて間もない方でもわかりやすい手法です。10秒足(平均足を使用)の移動平均線のタッチアンドリバースを狙うもので、トレンドが出ているときにかなり効果を発揮します。1-2時間のトレンドが続くけば、うまくいけばドル円などでは10ピプスは獲得可能だと考えられます。ゲーム感覚でチャートになれるには持ってこいの手法と言えます。ただし、レンジ相場ではうまく機能しませんのでその点はご注意ください。

10秒足のトレードでお小遣いを増やす

まずは、下の10秒平均足チャートをご覧ください。3本の移動平均線を表示しています。エントリーポイントは短期、もしくは中期の移動平均線にタッチ、または上抜けしてしてローソク足が赤色になったときです。そしてイグジットは同じ赤いローソク足の実態が小さくなった時です。

最初の時間が10時43分で最後に表示されている時間が23時11分となっています。20分程度の間に赤丸、黒丸のところで4回のトレードチャンスがあります。トレンドが出ているのでだいだい3-4ピップスはとれます。うまくとれば、30分足らずで10-12ピプスは獲得できます。

これはドル円で行なった場合、3万通貨でトレードしていると3,000円程度、10万通貨なら10,000円ほどの利益になります。もし、最初の赤丸でエントリーして、この波に乗り切れば、約20ピプス取ることも可能なチャートです。20ピプスは10万通貨なら20,000円の収益です。

クリックで拡大

移動平均線を三つ表示させるのは、トレードではセオリー中のセオリーです。短期、中期、長期の三つの移動平均線が全て上向きになっていう状態をパーフェクトオーダーと言います。10秒足トレードはこの状態が非常に出やすいのです。私の場合、この設定はEMS、いわゆる指数平滑移動平均線を使い、設定は30、90、140です。

なぜ10秒足を使うのか? 同じ平均足の1分足の画像をご覧ください。平均足なので、同じように移動平均線にタッチすることでエントリーすれば効果としては同じなのですが、相場によっては移動平均線がうまく機能しないです。

10秒足チャートを提供しているのはJFXです。今なら新規口座開設キャンペーンもやっています。

JFXの口座開設はこちらをクリック→JFX株式会社

この10秒足シリーズはFXスキャルピング・デイトレ大全からの転載です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました