【Audible】耳で聴いて読書ができるオーディオブックのサブスクリプション

Audible
聞くという読書はとにかくラクです
広告
広告

Audible(オーディブル)はオーディオブックのサブスクリプション

Audible(オーディブル)は、amazonが提供しているオーディオブックのサブスクリプションサービスです。オーディオブックとは、文字を見て読むのではなく、読み上げられる音声を聴いて読書ができる書籍のこと。

Audibleに加入して、読みたい(聴きたい)作品を選ぶと、プロのナレーターによる朗読を聴くことができます。スマホやタブレット、パソコンにアプリをインストールするだけで利用できます。

メリットは何といっても、耳で読書ができること。忙しくて本を読む時間がない、文字を読むことが苦手、そういった人にAudibleはぴったりだと思います。音楽やラジオのように、移動中・作業中でも「ながら聴き」で読書が楽しめます。

洋書で英語のリスニングの勉強にもなる

Audibleが取り扱っている和書は約1万冊ですが、洋書も含めると作品総数は40万冊以上。外国語のリスニング学習としても活用できそうです。

  • 特徴:オーディオブックのサブスクリプション
  • 利用料金:月額1,500円
  • 無料期間:30日間
  • 作品数:約1万冊(和書)
  • 購入サイト:Audible

ダウンロードによるオフラインリスニングや、ビデオリモコンのように充実している再生機能など、使いやすさが洗練されているAudible。ただし、サブスクとしての仕組みは独特なので、注意が必要です。

Audible会員が毎月利用できるコンテンツは3つあります。「自由に選べるオーディオブック1冊」「無料でもらえるボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」です。

このサービス内容で月額1,500円は高い……と思う人もいるかもしれません。しかし実は、オーディオブックそのものが紙の本に比べて価格が高いという現状があります。これには、製作コストや市場流通規模などの背景が考えられます。

つまり現時点でオーディオブックは、単品で購入するよりAudibleのようなサブスクを利用したほうがお得とはいえるわけです。ただし、これはあくまでも相場の話なので、自分にとって満足できるサービスかどうかは、30日間の無料期間も利用して検討してみてくださいね。下記のボタンからサイトへ移動します。

漫画サブスクなら特集記事を読もう!!

タイトルとURLをコピーしました