電子書籍サブスクのメリットやデメリットとは?

電子書籍のサブスクとは

この記事では、漫画や雑誌のサブスクのメリット・デメリットを紹介します。電子書籍サブスクのメリットは、やはり、定額料金で好きなだけ書籍を読めること。サービスごとに特徴はありますが、だいたい400~1,000円前後で利用できます。

このコストパフォーマンスの良さは、音楽や動画のサブスクと同じです。ただ、そもそも電子書籍というコンテンツ自体に、紙媒体にはないメリットがたくさんあるんです。

漫画や雑誌のサブスクのメリットは本棚の悩みから解放される!

読書好きの人にとって悩みの種は、増えていく本の置き場づくりではないでしょうか。

雑誌や画集、写真集、図鑑、辞典などの大型本はもちろん文庫やマンガ、単行本もチリツモ式に部屋をどんどん埋めてゆきます。特に本棚は、ひとつでも増えればかなりのスペースを取りますよね。本持ちの人は引越しの荷造りも大変です。

電子書籍なら、その問題も一挙に解決。端末が一台あれば、どんなにたくさんの書籍を購入しても物が増えることはありません。積ん読に圧迫される恐れもないのです。

サブスクで小説が読める
物語を読むと思考力も高まるよ

さらに、出かける際、本の持ち運びで荷物がかさばることも電子書籍は解消してくれます。旅行をするとき、持っていく本で悩んだことはありませんか? 

どの本を持っていくか迷い、思いきって選んだけれど結局は読まずじまい、旅のお供どころか重荷に……という失敗も回避できます。

忙しくて書店や図書館に行く時間がなかったり、身近に店舗がなかったり、外出そのものが億劫な人にも、電子書籍はおすすめです。ネット環境さえあれば手軽に書籍を探し、読むことができます。

ブックカバーを付ける手間も解消!人の目を気にせず安心して読める

ブックカバーの手間いらず
安心して読めるね

本の表紙を覆い、何を読んでいるかを隠してくれる便利アイテム、ブックカバー。書店で本を買うと付いてくる紙のものもあれば、布や皮などいろいろな素材のものもあり、今や読書のオシャレグッズにもなっています(ちなみに私は、友人から旅行土産でもらった畳の香りがするい草のブックカバーを重宝しています)。

そんな楽しいブックカバーですが、今ひとつ使いづらいという難点もある気がします。外出時、持ち忘れがちなのは不注意だとしても、本のサイズと合わなくて困った人は結構いるのではないでしょうか。

雑誌や週刊誌となると、専用のブックカバー自体なかなか手に入りませんよね。ところが電子書籍なら、本の表紙を周囲に見せることがありません。どんな種類やサイズの本でも、人目を気にせずに読むことができます。

とはいえ、満員電車など人が密集しやすい所では、近くにいる人にページ画面を見られる可能性はあるでしょう。そういったのぞき見を防ぎ、プライバシーを保護するための専用フィルムも発売されています。

本が汚れる心配もなく綺麗なままで読めるマーキングや付箋、しおりなど便利機能も

人の目を気にせず安心して読める
1日のうち何時間は本や漫画を楽しみたい

突然ですが、本に書き込める派ですか? 気になった箇所に線を引いたりメモをしたり、マーカーを塗ることで、本を読む体験はより深くなると思います。

ただ、そうやって書き込む作業は、読書の醍醐味でもありますが、見方によれば本を汚してしまう行為にもなりますよね(ちなみに、い草ブックカバーをくれた友人はコレクションの美観を重視するため、蔵書への書き込みはできないそうです)。古本を買うとき、線引きやマーカーが気になる人もいると思います。

そういった紙の本ならではの書き込み問題も、電子書籍は綺麗に解決してくれます。多くの電子書籍サービスは、デジタル画面の文章にマーカーを引いたり(マーキングやハイライトとも呼ばれます)、メモを入力したりすることができるんです。

もちろん、マーカーやメモを好きなときに取り消すことも可能です。これなら、書き込みによってページの見映えが悪くなったり破れやすくなるといった紙本にありがちなトラブルも起きません。

特に綺麗好きの人には、本の保存・管理に手間がかからない電子書籍はぴったりでしょう。

さらに、電子書籍リーダーなど端末によっては、マーキングだけでなく、付箋やしおり、文字の検索や拡大、内蔵辞書といった便利機能を搭載しているものもあります。

漫画や雑誌のサブスクのデメリット? 意外と読めない作品が多い?

サブスクのデメリットとは
全ての本が読めるわけではないのは知っておこう

手軽に効率良く読書ができる電子書籍サブスクですが、いいことづくめではありません。使いづらい点もあります。そのひとつが配信の期限です。

電子書籍サブスクによっては、配信期間が設けられている作品があります。その期間が過ぎると、読みたいと思っても読めなくなるわけです。

これは電子書籍に限らず、音楽や動画も含めたサブスクリプションにつきものの難点といえます。コンテンツにユーザーがアクセスできるかどうかは、最終的に、配信する側の都合次第ということですね。

また、取り扱っている電子書籍の傾向がサブスクごとに異なる点にも、注意が必要です。数字だけ見れば配信数が多い有名なサブスクであっても、自分が好きなジャンルの書籍の品揃えには弱い場合があります。できれば契約する前に、それぞれのサブスクの特徴を調べて、自分との相性を確認しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました