ビジネスで差がつく「開発力」とは?

開発力とは
開発力とは新たに切り開く能力のこと

「開発力」とは

開発力とは、一般的に新しい技術を開発し、製品としてリリースできる能力のこと。

また、新しいアイデアを製品として開発できる力のことである。ビジネスのおける開発力とは、新製品や新技術ばかりではない。成果へと導くための「企画力」や「マーケティング力」も意味する。また、「開発力」が高いと、新しいビジネスも生み出すことができる。

開発力のある人の特徴には次のことが挙げられる。新しいものを生み出すことに意欲的で、常に学び続ける姿勢がある。周囲を巻き込む力や人をまとめる力があるともいえる。

ビジネスで活躍できる人としては「開発力のある人」は、新しいものを生み出すことに喜びを感じる人。活躍できる人は、現状に満足せずさらに上を目指す向上心がある人であるといえる。

開発だけの意味を捉えると社会全体的な事象として捉えることがある。農地の開発、住宅地の開発、資源の開発など、新しいことに挑むこと全般の意味にもなる。教育の分野では、人材開発も用語として利用される。

タイトルとURLをコピーしました