ボクシングのおすすめコラム【拳闘愛に捧げば】

ボクシングのコラム

はじめに

格闘技は多様化の時代なのか、さまざまなスタイルが登場し栄枯盛衰を繰り返している。多世代から支持を得ているかと思えるが、やはり50代ファンがもっとも厚い層ではないだろうか。テレビ中継があり、スポーツ紙の一面を格闘技が飾っていた時代を知っているからだ。

そんな格闘技の中でもボクシングはやはり何か特別なポジションにある気がしてならない。どうしようもない連中を熱狂してやまない「拳闘」。そんなボクシングのコラムを今回紹介したい。

世界拳闘紀行とはなんぞや

ソノひびヨリという旅に関するサイトがある。旅といいながらもほとんど編集者の趣味的な写真と旅にまつわる雑感を日々アップしているサイトなので、いわゆる旅情報のサイトとは趣旨が異なる。連載ものは天皇陵であったり、動物愛あふれるコラムだったり、本の紹介だったりするのだが、その中でもタイトルイラストもひときわ目をひくのが「世界拳闘紀行」だ。

このコラムのいいところは、ボクシングに詳しくなくても、具志堅用高やガッツ石松などが活躍した時代を知っている程度のボクシング知識でも「へー」とか思いながら読み進められること。とにかくコラムニストのボクシング愛がひしひしと伝わってくる。能書きはともかく一度読んでいただくとよくわかる。

世界拳闘紀行

ボクシングマガジン

ボクシングの読み物といえば、ボクシングマガジン、ボクシングビートなどが有名だが、ネットのコラムとして読めるのが、ボクシングマガジン提供のBBMスポーツだ。現役選手の活躍が臨場感あふれる写真とともに掲載されている。インタビュー記事なのがうれしいね。

コラム(インタビュー) | BBMスポーツ | ベースボール・マガジン社
BBMスポーツはベースボール・マガジン社が運営する総合スポーツサイトです。専門誌の編集者が綴る最新スポーツ記事をはじめ、…

Numberweb

ボクシングコラムで検索するとトップに出てくるのがNumberwebのボクシングだ。ボクシング愛にあふれるスポーツライターなど執筆陣も多彩。

「オレ、パンチないのかな」8回TKOの完勝でも井上尚弥の自己評価は“期待以下” 無名挑戦者との防衛戦が長引いた要因とは(渋谷淳)
井上は試合後の勝利者インタビューで「戦前の予想、期待をはるかに下回る試合をしてしまいました」とコメントした。確かに期待と…

おわりに

コラムはニュースとは違ってなにか心情のようなものに触れることができる。こうしたコラムをまた探してみたいものだ。

タイトルとURLをコピーしました