PR

タイトルは切り口で書く!全体要約では人は見向きもしない

タイトルは切り口で書く
タイトルは切り口が大事

ブログやオウンドメディアの記事は、想定する読者が、最初にタイトルを目にしてその記事を読むかどうかを決めます。読者はタイトルをみて記事の内容を想像してクリックします。

つまり、タイトルには読者が求めている解答を示す必要があるのです。「このブログの記事を読んだら、私が抱えている悩みを解決できるかも!」「この記事には、私が知りたいことが書いてあるに違いない!」そう期待してクリックするので、タイトルが重要になります。

タイトルは、記事を読んでもらうために最も重要なポイントのひとつです。読者がタイトルを見た瞬間に、記事の内容や魅力を感じてもらうことが求められます。

しかし、そのタイトルがただ全体を要約したようなものであれば、読者はそこから何も得られず、記事を読むことを避けるかもしれません。そこで、本記事では、タイトルの切り口について解説し、魅力的なタイトルの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

タイトルは記事の切り口を見せる

タイトルで表現するのは記事の切り口だ

タイトルには、読者に記事の切り口や内容を伝える役割があります。適切なタイトルを選ぶことで、読者が自分にとって役立つ情報を見つけやすくなり、記事を読むメリットを理解しやすくなります。

また、タイトルにキーワードを含めることで、検索エンジンでの表示順位が上がりやすくなるため、アクセス数を増やすことができるというメリットもあります。タイトルは、ブログを運営する上で非常に重要な要素の一つであり、適切に選ぶことが成功への近道になります。

タイトルにおける切り口とは

切り口とは、記事のテーマや内容を、どのような角度や視点から取り上げるかという観点のことを指します。つまり、同じテーマであっても、切り口を変えることで、読者に新しい情報や知見を提供することができます。

そのため、タイトルは、記事の切り口を表現するために重要な役割を担っています。タイトルが魅力的で、記事の内容を端的に表現している場合、読者の興味を引きやすくなります。

例えば、「旅行先でのおすすめスポット」の記事であれば、以下のようなタイトルが考えられます。

  1. 【グルメ】旅行先で訪れたいおすすめのレストラン&カフェ5選
  2. 【歴史】旅行先で感じる日本の歴史を感じるおすすめスポット5選
  3. 【自然】旅行先で絶景に出会うなら!おすすめ自然スポット5選
  4. 【アクティビティ】旅行先で思いっきり遊びたいなら!おすすめアクティビティ5選
  5. 【オフシーズン】混雑を避けて!オフシーズンにおすすめの旅行先5選

これらのタイトルは、記事の切り口を表現しながら、読者の興味を引くように工夫されています。タイトルに適切な切り口を表現することで、読者にとって魅力的なタイトルとなり、記事のクリック率や読者数を増やすことができます。

切り口とテーマの違いは?

切り口とテーマは似たような意味を持つ言葉ですが、微妙な違いがあります。

テーマとは、一般的なトピックや話題の範囲を指します。例えば、食べ物や旅行、スポーツ、ビジネスなどがテーマになります。

一方、切り口は、そのテーマを特定の視点から切り取ったり、アプローチしたりする方法を指します。例えば、食べ物のテーマから切り口を「ダイエットレシピ」「おしゃれなカフェの紹介」「食べ歩きの体験談」などにすることができます。

つまり、テーマはより広い範囲を指し、切り口はより具体的な視点を示す言葉です。タイトルにおいては、テーマよりも切り口が強調されることが多いため、適切な切り口を選ぶことが重要になります。

切り口の見せ方と考え方

タイトルにおける切り口の見せ方とは、記事のテーマや内容を、読者に興味を持ってもらうために、魅力的に提示することです。具体的には、以下のような方法があります。

  1. 問題提起型
    読者が抱えている問題や悩みに対して、記事が提供する解決策やアドバイスを紹介するタイトルを使います。例えば、「英語が苦手な人でも簡単に身につく勉強法」というタイトルは、英語が苦手な人にとって興味深い情報を紹介することができます。
  2. ニュース性のあるタイトル
    最新のトピックスやニュースについて、記事が提供する情報を紹介するタイトルを使います。例えば、「最新のビジネストレンドを分析!これからのビジネスに必要なスキルとは?」といったタイトルは、ビジネスパーソンにとって興味深い情報を提供することができます。
  3. トピックスの専門性
    特定のテーマや分野に特化した記事の場合、その分野で専門的な知識を持つ読者にアピールするため、専門用語や技術用語をタイトルに盛り込んで、記事の内容を示すことがあります。例えば、「量子コンピューターの原理と活用法」といったタイトルは、量子コンピューターに興味を持つ読者にとって興味深い情報を提供することができます。
  4. 疑問形のタイトル
    読者が持っている疑問に対して、記事が解答するタイトルを使います。例えば、「なぜ人はストレスを感じるのか?ストレスを感じない生き方とは?」といったタイトルは、ストレスに悩んでいる人にとって興味深い情報を提供することができます。以上のように、タイトルにおける切り口の見せ方は、記事のテーマや内容に合わせて、読者の興味を引くタイトルをつけます。

切り口とキーワードが明快なタイトル例

以下は、切り口とキーワードが明確なタイトルの例です。タイトルは読者の関心を引き、記事の内容や魅力を伝えるために、切り口が重要です。

  1. 体重を減らしたいあなたへ!「糖質制限ダイエット」の効果的なやり方と注意点
  2. 海外旅行の計画を立てる前に知っておきたいポイント5つ
  3. Zoom飲み会」で盛り上がるためのコツとおすすめの飲み物
  4. 知っておきたい「太陽光発電」の基礎知識とおすすめのメーカー
  5. 朝のスムージーが生活を変える?「グリーンスムージー」のメリットと作り方
  6. オンライン英会話のメリットと選び方|おすすめ教材や講師についても解説
  7. ホームガーデニングに必要な基礎知識とおすすめの植物5選
  8. メディターション」の効果的なやり方と心の健康に与える効果
  9. 暮らしを快適にする「収納術」の基本とおすすめグッズ
  10. ゴルフ初心者必見!スイングの基礎と練習方法
  11. コーヒーの淹れ方教えます!おすすめの豆や器具も紹介
  12. おうち時間」を充実させるためのアイデア5つ
  13. 断捨離」の効果とやり方|部屋をスッキリさせるためのアイデアも
  14. この秋買いたい!大人のための「週末休暇スタイル」コーディネート
  15. お金の悩み解消!家計簿アプリで「月末節約術」を実践しよう
  16. 仕事術」がわかればスキルアップ必至!おすすめ書籍5選
  17. デスクワークの姿勢」が体に与える影響と改善法
  18. ヨガ初心者向け」レッスンのオススメと注意点
  19. 旅行に行くなら絶対ココ!」日本全国の穴場観光スポット10選

全体要約のタイトルがダメな理由

全体要約のタイトルにしてはダメ

全体を要約したようなタイトルは、記事の内容が一括りにされているため、具体性がなく、読者の興味を引くことができません。また、そのタイトルだけで記事の内容が把握できてしまうため、記事を読む必要性を感じなくなってしまいます。

具体的な情報が伝わらない

例えば、「夏のレジャーにおすすめのアクティビティ」というタイトルの場合、どのようなアクティビティが紹介されるのか、どのような場所が取り上げられるのか、具体的な情報が伝わりません。そのため、読者が記事をクリックする意欲が減少してしまいます。

一方で、「海で楽しめる!スタンドアップパドルボードのおすすめレッスン3選」というような、具体的なアクティビティや場所を明示したタイトルの方が、読者にとって魅力的に映ります。記事の内容が具体的に把握できるため、読者は記事を読む必要性を感じやすくなります。

読者の興味を引かない

つまり、タイトルは記事の一部を象徴するものである必要があり、記事の内容を端的に表現しながら、読者の興味を引く工夫をする必要があるということです。全体要約では読者の関心を集めることができません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。タイトルの重要性について、切り口を意識することが大切であることをお伝えしました。記事の内容に関係なく、全体を要約したようなタイトルは、読者の関心を引くことができず、記事を読んでもらう機会を逃してしまいます。記事を書く際には、ぜひタイトルの切り口にも注目し、読者にとって魅力的なタイトルを作成するように心掛けてください。

タイトルとURLをコピーしました