人生を変える方法は習慣、対人関係、環境の3つから

人生をたった5分で変えるきっかけとは
人生を変えるきっかけとは

人生好転にはきっかけがある

人生を変えたい。そんな風に考える方は決して少なくはないでしょう。人生好転とはどういうこと? そんな風に考える人もいるのではないでしょうか。

人生を変えるのは、難しいようで実はカンタンなのです。それは、ある朝目覚めるといきなりお金持ちになっていた。というようなことではありません。

あなたが人生を変えずとも、あなたの周囲の環境は刻々と変わっています。気がつかない程度に変化しています。ただ、少しずつ変わっているので、変化を捉えることができません。

しかし、そんな悠長な変化では心もとない。感じられない。それは、その通りです。やはり、何かダイナミックな変化でまるっと人生が変わることを実感したい。そう思われることでしょう。

結論から言いますと、人生を変える(人生好転)には、そのきっかけを作る行動をすることです。では、5分で人生を変える方法を実例を交えながら説明していきましょう。

年収150万円の家庭の子供が私立大学へ入学

人生を変えるきっかけになった本

最初に紹介するのは、年収150万円にも満たない家庭の子供が私立大学を目指すことになったきっかけです。その子供をAさんとしましょう。Aさんの生まれ育ちは、歴史しかないとある地方都市。

都市といっても田畑の多い田舎町です。野菜や米がどこからともなく手に入り、あまりお金がなくても生活できる環境です。実際、Aさんが高校に進学するときに親の年収が100〜150万円と知り、かなり愕然としたそう。

これではとても大学へ進学することはできない。そんな風に思ったそうです。でも、本当のところAさんは「絶対に大学へいきたい」と思うほどの興味はなかったので、深く落ち込むことはありませんでした。

越えられない目標を目指すと人生が変わる

Aさんが当時住んでいた町では専門学校、大学を含めて高校から進学する人は半分程度。高卒で就職する人の方が多く、大学への進学熱がそれほどある町ではなかったのです。

だからAさんも進学しなくてもいいか・・・。そんな風に思っていたのです。しかし、ある日、Aさんは強烈に大学へ進学したいと思うようになったのです。

それは「青が散る」という一冊の本を読み終えた時のことです。その本は新設大学を舞台にした文学作品で、Aさんも主人公のように大学で何かに挑戦したいと強く感じたのでした。

大学へ進学するという目標を立てたAさんは、その後、猛勉強をして奨学金を得て大学への進学を実現したのです。

瞬間に感じたことをすぐに行動に起こす

人生は瞬間的に変わります。何かを始めようとした一瞬です。その変化の先っぽを感じ取ることで人生の新たな道筋が見えます。本を読み終えて、大学へ行ければいいなあという程度ではなく、絶対に行くんだ。という思いに変えたことで人生が変わった例です。

医学と無関係の人生から医療法人の経営者になる

人生を変えるきっかけは芽生えがある

人生は人との出会いで大きく変わります。幸運不運の全ては人の出会いをもとにすると言えます。人生を変えるきっかけは、人との出会いです。

Bさんの両親は二人とも病気がちで、両親とどこかに出かけた思い出はあまりありませんでした。思い出といえば、幼い頃から両親が通う病院へよく一緒に行っていたくらいです。

病院が幼い頃の遊び場であったといえたかもしれません。そうした幼い頃の環境のせいか、Bさんは医療関係の仕事になんとなく関心をもちながら成長しました。

大学を卒業後Bさんはとあるサービス系の会社に就職します。医療機関との取引があるところに親近感を持ったのが就職の理由です。あまり大きくない会社だったので、Bさんは営業からサース提供の現場までさまざまな仕事をこなすようになります。

人生の胸騒ぎはチャンスの信号

仕事で忙しい日々を送っているある日の仕事終わりのこと。もう、終電間近という時間です。大学時代の友人から「飲みいこう」との電話が入りました。

普通なら明日も仕事があるので断るところでしたが、なぜかその日は行った方がいいという何か胸のざわつきを感じたそうです。

大学時代の友人が指定するバーへ行ったBさん。久しぶりのアルコールということもあって、いつもより少々饒舌になったそうです。

そして、バーでとある女性と出会います。Bさんと女性は意気投合し、その後、二人で会う約束をして、それからトントン拍子で結婚までいたります。

女性はある医療法人の長女でした。Bさんは女性と結婚後、その医療法人の監査役の一人になったのです。仕事であらゆることを経験していたBさんは、さまざまな助言をBさんの父親、つまり院長に提言します。

Bさんは自分の仕事を続けながら医療法人の理事となり、最終的にはM&Aの業務にも携わるようになりました。それまでの経験を自分の仕事にも生かし、最終的にはコンサルタントして独立するまでになったのです。

人生が変わるきっかけはあなたの中にある

Bさんはもともと医療関係に何かしらの覚えがありました。あなたにも何かしらないけれど心に引っかかているものがあるのではないでしょうか。それを動かすと人生が変わることがあります。

自分の中にある、何かしらのこだわりについて少し考えてください。

人生を変える大きなきっかけは、やはり人との出会いです。その人と出会う準備を怠らないようにするが、人生を劇的に変化させる素になります。

5分で人生を変える具体的な方法とは

人生を変える決断はものの数秒です。そこから新たな人生が始まります。最初は、今までとそう変わらないと思うでしょう。しかし、変化を決断すると、そこから人生の歯車が大きな音を立てて回り始めます。

大切なことは人生の決断なのです。そして、その最初の一歩を踏み出すことが人生の転換点となります。転換点はあらゆるところにあります。

転職は人生を変える早道

仕事を変えるのは人生でもっとも劇的な瞬間であり、大きく人生を変える道として開けます。もし、あなたが今の職場になんらかの不満があるならば、転職を考えるのは確かな行動のひとつです。

転職は、就職エージェーンシーに登録するのが早道であり、思ってもいない出会いがあります。いろいろな企業を知ることだけでも勉強にもなります。

転職エージェーンシーへの登録にかかる時間は5分程度。これも人生を変えるきっかけです。

リクルートの転職エージェンシー「リクナビNEXT」はここだけの限定求人が約85%。転職した人の約8割が利用します。5分で登録しましょう。

寝ている間にスカウトメールが・・・

投資の世界へ一歩踏み出す

1997年に発行された「金持ち父さん 貧乏父さん」は全世界でシリーズ累計4000万部(2022年10月)を突破する大ヒットしている本です。

日本でも今なお読者が増え続けています。なぜ、世界中でそれほど読み継がれるのか。それは自分の常識を変革された人があまりにも多くいたからです。

「人は収入を得るには働くことだ」という常識に縛られています。しかし、収入を得るのは何も自分が働くことばかりではありません。投資によって収入を得ることも立派な収入源なのです。

そうした当たり前に収入の道があることを多くの人は見て見ぬふりをしています。その目を冷ましたのが「金持ち父さん 貧乏父さん」なのです。

今、若者の多くが投資への関心をたかめています(個人投資家の証券投資に関する意識調査についてより)。

投資には株式、FX、暗号資産などがあります。登録は基本的に無料、そして口座開設も無料です。まずは口座を開設してデモトレードからはじめます。

そしてデモトレード収益が出始めてから本格的なトレードを行います。

そのためには、まず無料登録からはじめましょう。

▶︎DMM FX 口座開設キャンペーン!【最大200,000円キャッシュバック】

▶︎松井証券は、無料で使える高機能な情報ツールがたくさん!

習慣を変えて人生を好転させる方法

1日5分の自己暗示時間を持つ〜ライフシナリオ〜

自己暗示の時間を持ち、習慣化することでも人生を変えるきっかけになります。人は5分間でどれくらいの文字が読めるかご存知ですか?

シナリオを制作するときのセリフの目安が1分で300-400文字です。5分あれば2000文字くらい読むことができます。

2000文字のライフシナリオを作成して、毎朝、あるいは寝る前に感情を込めて読みます。やりたいこと、やるべきこと、将来の姿を具体的に書いて、それを読むのです。

簡単な内容です。しかし、効果はジワリジワリと出てきます。目標を生活の中で意識すると情報収集が変わります。情報が変わると行動が変わるからです。

感謝の言葉を意識して発する

ありがとう、助かりました。いつもご苦労様です。これからもよろしくお願いします。あなたのおかげです・・・。何気ないところで「感謝」「謝意」を伝える言葉を発するのです。

現代社会では、人の気持ちがわからない。感謝の気持ちがわかない。という人が少なくありません。知らず知らずに自分ばかりに目をむけているせいです。

いやいや、そんなことはないよ。好きな人のことをいつも考えている。という人もいることでしょう。でも、もし、それがうまくいかないのは、その人を通して自分しか見ていないからかもしれません。

自分ばかり見ると世界が小さくなります。人のことを見ていると世界が広がります。それに有効なのが感謝の言葉なのです。

感謝の言葉を受けた人は心が明るくなり、それが回り回って声をかけた人に戻ってきます。

例えば、満員電車でドアへ行くために「すみません」と声をかける人はよくいます。そんなときに「すみません。ありがとうございます」と感謝の言葉をひとつ増やします。

それだけでも、自分が変わった気がします。というか、今までしなかったことをするのですからそれだけですでに変わっているのです。これだと5分もかかりませんね。

土の上を5分歩く|自然に触れる時間を持つ

都市に住んでいると土の上を歩くことがほとんどありません。たまに土の上を歩いてみましょう。柔らかく、何か大地に守られている気がします。

自然に触れ合う時間を持つとこころが癒されます。本当に疲れていると自然に涙がでてくることさえあります。

木に触れる、風にゆれる花を見るなど、日常の中にあっても普段意識していない自然のものと触れ合う時間を持つのです。習慣化することで変化の芽生えを感じることができます。

空を眺めるのも気分転換になります。5分くらい眺めなら自分が本当にやってみたいこと、成功させたいことを考えます。同時にそのためにやるべきことを想像します。

やるべきことなかで、今、できることをフォーカスします。そして、それを翌日実践するのです。空を見て、想像し実践する。その繰り返しを続けます。

努力せずに習慣を変える方法

特に努力をせずに習慣を変える方法があります。5分で人生を変えるとはいかないかもしれませんが、気持ちを切り替えて、行動を変えることができます。

  • 朝起きる時間を変える
  • 部屋でなわなし縄跳びをする
  • 毎朝、洗面所を掃除する
  • 玄関の靴は揃える(ついでに靴を磨く)
  • 本を読む
  • 外国語の単語を1日5つ覚える
  • カロリーの高いものを食べない日を一週間のなかで1日つくる
  • 週に1回18時間断食を行う

人生を変化させる3つのこと

人生を変化させるには、次の三つが大きく関わります。

  • 生活習慣
  • 人間関係
  • 周辺環境

これらを変化させることが人生を大きく変えることになります。生活習慣では、日々何気なくしていることを見つめ直して、やめるべきこと、はじめるべきことをピックアップします。

人間関係は、損得ではなく、善悪の視点を取り入れます。そして、周囲の人への感謝の気持ちが現れるようにその人のことをよく見るようにします。

周辺環境は、住むところ、部屋の中のインテリアなど、生活する中で関わる空間を見直します。本当に自分が居心地がいいと感じるところを大事にします。

おわりに

人生は、本当にパッと変わります。それは気持ちや考え方、気の持ち方がはじまりです。その一瞬をつなぎとめて続けるようにするのです。それによって人生は大きく変わります。そのきっかけが最初の5分なのです。

気づきがあり、目標設定があり、行動があります。気づいたことがあれば、それを日常の中で埋もれさせるのではなく、行動に変えることが、人生好転になるのです。

タイトルとURLをコピーしました