ライターの仕事内容や収入は?スキルアップで時給で2500円も可能

副業でスキルアップ
ライターを在宅でするには?
ライターの多くは在宅で仕事をする

はじめに

この記事は、ライターになりたい方、またはフリーライターの仕事を始めたばかりの方向けに書いています。

ライターとはWebサイトの原稿を買いたり、雑誌や本の執筆をする仕事です。インターネットが登場するまではライターになるには、出版社、広告代理店、新聞社、編集プロダクション、企業の広報部などに勤務して、現場を経験してからフリーランスになるのが一般的でした。

しかし、今は違います。インターネット上でさまざまなコンテンツ(文章や動画)が求められていることからライターはWeb界隈では不足しており、できるライターは引く手あまたの状態です。

ライティングの基礎知識があれば、今日、明日にでもライターと名乗りさえすれば始めることができるのです。クラウドソーシングで検索すれば、未経験可の案件もたくさんあります。未経験の場合は、高額な原稿料ではありませんが、お小遣い稼ぎにはなります。

そして、そこからライティングのスキルを上げれば、時給にして2500円以上の仕事を得ることは決して不可能ではないのです。

記事の内容は、前半ではライターの全般的な話、後半では収入の目安を記しています。

ライターは独学でもなれる

初心者ライターが読むべき本

ライターに文章力はもちろん重要です。ただ、ライティング用の高額な教材や通信講座、スクール、セミナーに通う必要はほとんどありません。というのも、文章作成のノウハウや作法、ルールは本から吸収できるからです。

これからライターを在宅で始めようという方は、書店で簡単に手に入る文章読本を購入するか、図書館で借りて読むだけでスタートしても大丈夫です。

また、ライターやコピーライターの文章講座の中には、高額な情報商材やセミナーを販売目的としたものもあるので、その点でも注意する必要があります。

ただし、編集業界のことを全く知らない方は、業界の事情を知る、仕事の取り方を知る、あるいは、同じライターの仲間を見つけるなど、多目的で、文章講座、セミナーに参加することはありです。

created by Rinker
¥2,178(2021/10/24 17:52:48時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,320(2021/10/24 17:52:48時点 楽天市場調べ-詳細)

プロとアマの違いは意識しよう
プロとアマチュアの書いた文章の最も大きな違いは「誰に読まれるのか」の意識の有無です。アマチュアの方は、得てして自分の好きなもの、自分が面白いと思う文章を書きがちです。しかし、文章の価値は読む人の評価で決まります。「お客様は神様」というサービス業のように、ライターもプロであるなら、読者視点の文章を作成することが求められます。

ライティングの経験がない人もフリーランスライターになれる?

ライターの仕事とは
ライターの仕事は、得やすいと言える

ライターをするならフリーランス形式が一般的

ライターには社員や契約社員、アルバイトとして企業に勤務する方法と、フリーランスとして案件ごとに業務委託で働く方法があります。在宅でライターをするとなると、業務委託形式が中心になります。

ライターの世界は、未経験者に優しい世界

「未経験でもフリーランスになれるの?」と思う方もいると思います。確かに、ひと昔前ならフリーランスになる人は、どこかで経験を積み、ノウハウを得てから独立するイメージがあります。

でも、ライターの世界では、いきなりフリーランスからキャリアをスタートさせる人が少なくないのです。実際、クラウドワークスなど、在宅ワーク求人サイトでは、今現在も「未経験者OK」の案件が多数掲載されています。

クライアントによっては、初心者でもわかりやすく業務を進められるようにマニュアルを用意してくれたり、提出した原稿の改善点をフィードバックしてくれることがあります。

フリーライターの収入額は1文字1円〜

在宅ライターの収入
ライターは自分で仕事を管理することが大切

初心者ライターの収入をクラウドソーシングで確認する

初心者ライターが仕事を得ているのは、主にクラウドソーシングです。クラウドソーシングが始まった当初はクラウドワークスランサーズが双璧をなしていましたが、今やライター専門のプラットフォームも登場し、仕事を得やすくなりました。

ライターの収入に関していえば、12-3年ほど前は1文字5-6円でも安い方でしたが、その後、大きく値崩れし、1文字0.1円やそれ以下の案件が多数を占めるようになりました。現在は、価格があまりにも安価なものは避けられる傾向にあります。最近のクラウドソーシングを見ると以下のような金額のライティングがみられます。

クラウドソーシング(クラウドワークス・Bizseek・ランサーズの調査)

●Youtube 漫画動画のシナリオ
・字数:3,000文字程度
・金額:5,000〜10,000円

●海外FXのボーナスについてまとめ記事(タスク)
・字数:1.000文字以上
・金額:200円

●アプリのアフィリエイト記事
・字数:1000文字
・金額:1000円

●金融関係の記事
・字数:6,000~20,000文字
・金額:6,000円〜20,000円

●漫画のネタバレ記事
・字数:3,000文字以上
・金額:450円

●経営・事業承継に関する記事原稿
・字数:4,000文字
・金額:16000円

●商品レビュー
・字数:1000文字
・金額:3,000円

●ランディングページ作成
・字数:応相談
・金額:50,000円〜100,000円

●シューズのネーミング
・金額:33,000円

●恋愛体験
・字数:10,000字以上
・金額:1,500円

金額は案件によって異なりますが、自分の感想など、特に専門知識がいらない案件で1文字0.1円以下またはそれ以上でも0.3円程度まで。ある程度の知識や検索など、客観的な立場で書く原稿が0.5円〜1円程度。1円以上の案件は何かしらの専門的な内容が書ける技術、経験が必要です。

どれくらいの収入が可能なのか

ライターの収入は、経験と年数、取り組む内容によってかなり変わりますが、全くの初心者が目標にすべきは以下のステップになります。1日5時間程度はライティングに費やすと仮定します。あくまで目安ですので、専門知識がすでにある、得意ジャンルがある人の場合はステップアップが早くなります。

Step1:未経験・初心者:1文字0.1円のタスクなどをひたすらこなす時期【時給300円時代】

Step2:スタートから6-8か月:1文字0.5-1円程度の仕事に取り組む【時給500-1000円時代】

Step3:経験1年〜2年:1文字1円〜を最低に仕事をこなす【時給1,000円突破時代】

Step4:経験2年以上:1文字1円以上は標準だが、専門知識をつける【時給1,000円以上時代】

Step5:経験3年以上:1文字単価というより、案件単価で受けるケースある【時給1500円〜2,000円時代】

Step6:年数というより経験値:案件ごとの収入となる【時給:2,500円以上時代〜】
案件収入の内訳例(企画料+調査料(取材料)+原稿料+ディレクション料(編集料)+校正料+印税(ブックライターの場合))
コンテンツを丸ごと受託した場合は、動画や画像の撮影、デザインなどをする場合もあります。そうなるとライターの領域を突破した仕事になります。ディレクターや編集者の立場といえます。

最終的に目指すのは時給3,000円のライター

ライターとして、最終的に目指す収入は、時間あたり2,500-3,000円程度です。文字単価では7円〜10円位の案件です。これは単純に文字を入力するだけではなく、構成や写真(イメージ)の選定、取材など、制作物全体に関わるような案件が比較的多くなります。

経験のない方は、0.1円のタスク案件、感想案件などをいくつかこなして慣れることをおすすめします。まず、実績づくりという観点です。時給にすれば数百円レベルなので、他のアルバイトをした方がましだと思えるかもしれません。

書くことに慣れることも大事ですが、1日のうちで何時間程度を使うことができるか、というスケジュール管理も大切です。1日3時間、5時間など、決まった時間をライティングにあてて、それをルーチン化する必要があります。そうしなければ、自分がこなせる仕事量が見えないからです。

自分がこなせる仕事量が見えてくると1文字1円以上の案件を取るようにします。なれてくると1時間で1,000文字以上は書けるようになるので、時給にすれば1,000円程度。外にアルバイトに出ることを考えると、それよりいいかな。というレベルになります。

得意ジャンルと専門知識を得て一歩抜け出す

ライターを数年続けると得意ジャンルやカバーできる仕事が増えて来ます。得意ジャンルといっても、恋愛、漫画、芸能など、いわゆる個人的によく知っているというのとは違います。

例えば、趣味でも釣り、DIY、PCなど、感覚+専門知識が求められることを意味します。あとは、ファイナンス、求人、理化学、美容などで、専門用語・専門知識など、実際に経験している人と仕事の話ができるレベルです。このあたりのライティングができるようになると時給1,000円以上のライターが可能になります。

ライターとして幅広く活躍

ライターで高額案件を確保するには、そうした専門知識に加えて、最近ではSEOライティングのスキルを持てば、クラウドソーシングだけではなく、広告代理店、Web制作会社、小規模事業者(中には大企業も)からの受注が可能になります。

こうした仕事を得るには、自分でブログを持つ、ツイッターなどSNSで発信する、営業をかけるなど、さまざまな活動が必要になります。この活動をすることで1案件30,000円以上や時給に換算しても2,500円以上の仕事が大勢を占めることになります。

いわゆる高額案件とは、法人取材、著名人取材、自治体や関連団体などの取材・原稿執筆などです。以下の記事も初心者の方には参考になるのでぜひお読みください。

楽しみワークス関係者の収入は?

在宅ライターの収入はいくらぐらい? 多くの方が気になるところではないでしょうか。様々ケースがネットの情報であがっているので、楽しみワークスを運営する株式会社アワードの在宅ライターの例で紹介しましょう。

●30代女性・・・不定期で音源起こしと原稿作成を依頼。1ヶ月2-3万円程度

●40代女性・・・取材とライティングを依頼。1回2万円程度の案件を年間15回程度

●30代男性・・・ランディングページと1万字の記事作成を依頼。1回6万程度

●30代男性・・・楽しみワークスの記事作成1500字以上を依頼。1本1500円を月3本程度

●30代男性・・・出勤と在宅の混合で週24時間程度の稼働。20万円程度

●20代女性・・・出勤と在宅の混合で週35時間程度の稼働。16万円-18万円程度

ライターの状況にもよるのですが、金額は数千円から10万円超までさまざま。稼げるライターを目指すのか、マイペースでやるのかは、人それぞれといえます。

本記事のまとめ

副業や専業のライターとして仕事を探すなら、本文中で挙げたクラウドワークスやランサーズのほかに、会員数 100 万人以上のクラウディアがオススメです。記事作成代行の業務が多く、初心者にもハードルが低いからです。経験がなくても思い切って挑戦してみてはいかがでしょう。以下の記事は記事作成やwebライティングの参考になりますので是非お読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました