「伝達力」が高い人と低い人の仕事への向き合い方

伝達力
伝達力はビジネスプレゼンや説明に役立つ。

伝達力とは

伝達力が高い人と伝達力がない人の仕事への向き合い方を解説する。


伝達力が高い人は、自分の仕事の目的や重要度をしっかり認識している。一方、伝達力が低い人は、自分の仕事の重要度が分かっていない。

仕事ができる人と仕事ができない人の違いにも伝達力が現れる。仕事ができる人は目的意識が高く、伝達力も高い。一方、仕事ができない人は目的意識が低く、伝達力も低い。

伝達力を高めるには、例えば、部下に接するときなどは、結果を伝える、なぜそう思ったのか理由を伝える、行動を促す。結果を受けてどうするかを伝える。

そうしたプロセスを繰り返すことで伝達力は高くなる。

相手が上司の時は、「理解させる」ではなく「納得させる」という意識を持つことが大切だ。仕事への姿勢や取り組み方などを具体的に伝えると良い。

主伝達力が高い人の特徴は次の4つである。情報伝達のスピードが速い、相手の話をよく聞くことができる。自分の意見をしっかりと持っている、感情をコントロールできるだ。

タイトルとURLをコピーしました