20代で成功するスキルアップ方法とは?

20代のビジネススキルとは
20代〜30代でスキルアップの方法を知っておこう

はじめに

本記事では、20代で成功するためのビジネススキルを紹介しています。スキルアップは一朝一夕にはいきません。やはり歳月はかかります。

獲得するスキルにもよりますが、数ヶ月から数年、あるいはそれ以上必要な場合もあるでしょう。

だからこそ20代〜30代のうちに体系的にビジネススキルをアップする方法を知っておきましょう。ここではスキルアップの方法を軸にビジネススキルについて解説しています。

■おすすめ
フリーランサーがSNSで仕事を得る10の鉄則

そもそもスキルアップとは

スキルとは「自分が持つ能力」を意味します。つまり、スキルアップとは「学習や訓練によって持つ能力を伸ばす」ことです。生まれながらの才能とは違って、スキルは伸ばせます。ぜひスキルアップに取り組んでみましょう。

スキルアップのメリット

スキルアップするとどうなるの? そんな風に考える方もいることでしょう。スキルアップには、すぐに感じられるメリットとしばらくしてから感じられるメリットがあります。また、その多くはビジネスの現場で感じることでしょう。

ビジネスで生かすことができる

スキルアップによって、仕事を効率的に進められます。もし仕事の業務量が多ければ、メリットは大きいです。その結果、短時間で仕事をこなせます。

また任された仕事がはやく終わり、成果を目に見える形で上げられます。そうすれば、自信が自然とつくでしょう。自信がつくと、新たなチャレンジにも果敢に取り組めます。そして、何より心にゆとりが生まれます。

仕事がなかなか進まなければ、焦ります。そうなってしまうと、高い成果を出せません。スキルアップで仕事を効率化して、高い成果を出しましょう。

キャリアアップに活きる

続いてのメリットは、キャリアアップにつながることです。昇進するためにはスキルアップは欠かせません。高いキャリアにはそれに見合ったスキルが必要だから。昇進ができれば、年収アップができます。またキャリアアップによって、以前より高度な業務に携われるでしょう。

転職や独立に有利になる

スキルアップすると、よりよい転職の選択肢が広がります。特殊なスキルがあれば、転職活動も自信を持って進められます。また、いざとなったときにも冷静に対応できます。

さらには独立、起業も視野にはいります。いずれにしても、転職や独立などさまざまな面で有利になります。転職や独立をすれば、新しい環境になります。さらなるスキルを習得できるチャンスにも恵まれることでしょう。

ビジネスの基本スキルは3つ

ビジネスにおけるスキルには、大きく3種類あります。テクニカルスキル、ヒューマンスキル、コンセプチュアルスキルです。テクニカルスキルとは、教養や技術のスキルです。ヒューマンスキルとは、対人関係や社会的生活のスキルです。コンセプチュアルスキルとは、物事の本質を理解するスキルです。

各スキルは、「ビジネスマンに必要なスキルの高め方とは」で解説しているので、詳細を知りたいときはこの記事を読んでください。

仕事に役立つスキルとは

スキルアップするメリットを説明しました。それでは、仕事に役立つスキルを説明をします。

論理的思考スキル

論理的思考スキルは、筋道立てて合理的に考えることです。論理的思考は仕事の基本です。論理性がないと、仕事は成り立ちません。論理的思考を身につけると、仕事をすばやく確実に進められます。なぜなら、論理的思考はさまざまな点で優れているからです。

例えば、すばやく課題や現状を把握できます。他には、的確な判断を下す際や物事を正しく伝える際にも役立ちます。論理的思考スキルを身につける方法には、ご紹介します。事象を掘り下げて言葉に落とし込むこと、人と意見交換をすることです。ぜひ検討してみてください。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルでは、会話でお互いの意見を理解し合えることが必要です。そのため、コミュニケーションは一方通行になってはいけません。双方向的であるのが特徴です。

つまり、伝える力に加え、聴く力も求められます。また、コミュニケーションは話す内容である言語的要素にとどまりません。非言語的コミュニケーションも重要な要素です。

話すときには、ジェスチャーや声のトーンを相手に合わせる。聴くときには、内容を理解していることを表情や目線、あいづちで伝える。これらを意識するべきです。コミュニケーションスキルが優れていると、人との信頼関係が築きやすいです。また、他者に働きかける、巻き込む際にも有効です。

自己管理スキル

自己管理スキルは、生活や行動を自分で律することです。仕事では、時間や業務管理の徹底が求められます。自己管理スキルと一言でいっても、関連した重要な要素があります。健康管理とモチベーション管理です。

健康管理は、仕事をするのに欠かせません。スッキリしない体調では仕事の効率も上がりません。食生活や運動で、健康の維持を心掛けましょう。モチベーション管理では、自分でやる気を高める必要があります。やる気がない状態なら、仕事もおそくなります。

目標や計画を立てて、着実にクリアしていきましょう。自分律することができれば、ストレスが少ないなか仕事に向き合えます。自己管理スキルを得るためには、ノウハウの実践が欠かせません。また自己管理が上手な人から直接話を聞くのも一つの手段です。

プレゼンテーションスキル

プレゼンテーションスキルはビジネスの現場で重要です。このスキルは、先述した論理的思考やコミュニケーションスキルとつよくつながっています。

プレゼン内容をつくるときには、伝えたい内容の整理が必要です。また、話すスピードや声の抑揚・トーン、ジェスチャーにも気をつけましょう。

ただし、プレゼンテーションは論理的であるだけではいけません。論理に加えて、感情に訴える必要があります。論理で理解してもらって、感情で共感をうながす。結果として、決断に踏み切ってもらうのです。論理と感情が組み合わさって、説得力のあるプレゼンが完成します。

ビジネスマナー

論理的思考と同様に、ビジネスマナーは仕事で最低限必要なスキルです。ビジネスマナーを身につけて、悪い印象を与えないよう気をつけましょう。

特に、新入社員のように社会人経験が浅い場合は、意識してビジネスマナーを身につけるのが得策です。社会人として長く勤めていても、今一度見直してみましょう。

ビジネスマナーにはいくつかありますが、そのなかで重要な要素をご紹介します。身だしなみ、守秘義務を守る、報連相を徹底する、言葉遣いの5つです。

身だしなみはスーツのシワ、手先の爪や足元の靴にも気をつけましょう。末端こそ重要です。おそろかにしてはいけません。また、立ち姿勢や座り姿勢も奇麗に保ちましょう。

報連相は報告・連絡・相談です。徹底することで相手に安心感を与えることができます。言葉遣いも忘れてはいけません。敬語や電話応対のマナーを身に着けて、失礼にならないようにしましょう。

ITスキル

ITスキルはもはや必須の時代。どのような業態や職種でも、ITは欠かせないスキルです。ITとは直訳で情報技術なので、ITスキルとは情報技術を活用できることを表します。具体的には、パソコン操作やプログラミング、ウェブデザインやウェブマーケティングです。

ビジネスシーンでパソコン操作ができなければ、仕事はおろかコミュニケーションさえできません。タイピングのスピードや精度はもちろん、ショートカットキーを習得すれば仕事を効率的に進められます。

プログラミングやウェブデザイン、ウェブマーケティングのスキルは、副業へのステップにもなります。可能性に満ちているのがITスキルです。興味や適性から、自分にあったスキルを選ぶのが最適です。これらのスキルがあれば、仕事に困ることは少ないです。

タイトルとURLをコピーしました