理解力を高めるとお金がたまる

理解力とは

理解力とは?

理解とは、次の意味がある

●物事の内容や意味がわかること

●人の気持ちや立場がよくわかること

理解力は、物事や人のことがわかる力である。

しかし「理解する」となると必ずしも上記の意味だけにはとどまらない。理解した内容に関して、合意を形成したり、人に対しては思いやりの気持ちを有することも含まれる場合があるからだ。

理解には了承の意味を持つことがある

その意味から、理解するとは、了解や了承と同じ意味を持つことがある。この場合の理解とは、認識の意味となる。他人の気持ちのなどの内的な考えや本質を把握して同意する。分かるともいう。

理解力の意味は、物事の目的や成り立ち、その本質をわかる優れた能力であると捉えられる。

理解力を高めると、物事の本質を見極めやすくなり、人の心情やその背景までも察することができる。物事の成り立ちを整理して構造化することで、本質的なことの把握にも役立つ。

また、対象が人の場合は、理解することで関係性の改善にも役立つ

ビジネスでの理解力とは

実際にビジネスにおける理解力のある人間とは、内容や認識だけにとどまらないことがある。

あることを理解する時間と情報量、説明方法を把握している人間である場合が多いからだ。

顧客の課題を知り、それを解決する道筋を立て、顧客に提案するまでの一連の流れを指す。

また、ビジネスで迅速に物事を理解して対処する場合、自分に必要な情報と時間がわかっていいなければ十分な対応力があるとはいえない。

他人から理解力がないと見られている人間であっても、物事を理解するのに必要な情報と時間、順序がわかっていれば、時間をかけてでもものごとを理解することはできる。

理解力を身につけるには繰り返す訓練が必要

理解力がないと諦めている人は考える時間を持たないことがある。まずは隙間時間を見つけて、余裕を持つこと。

そして、自分がどの段階から理解できていないのかを考える。理解できていない根本的なことがわかれば、それを知るには何が必要なのか考える。

それを知る人間がいるのか、本や新聞で情報が記載されているのか。ここで選ぶ方法を誤ると間違った情報を得てしまうので、できるだけ複数の媒体や人にあたるようにする。

そして仕入れた情報を時間を掛けて把握するように努める。最初は時間がかかるかも知れないが、慣れてくると知識が増え、それらが繋がり、想像力(推測する力)も養成される。このようにして、理解力は育まれる。

理解力で浪費家から買い物上手変わろう

普段何気なくしている買い物は本当に必要か、自分がなぜそれを買うのか理解できているだろうか。

あえて「理解」という言葉をつかう

便利な現代社会、ついつい物を買いがちになってはいないか。

何も考えずに、毎日何かを買っているのではないだろうか。

もちろん、買い物を毎日しないという人はいるだろう。にもかかわらず、小さな買い物を重ねてしまうのは、SNSやコンビニなどの誘惑に対して深く考えることができていないからかもしれない。

日々現れる新商品、広がる口コミ、それらに踊らされてはいないだろうか。

新しいということは興味の対象になる。しかし、それがなくても今までは生きてきたのだ。

習慣的に物を買ってしまう人は、少し考えてみよう。なぜ自分は買うのか。日々自分を取り巻く環境を自分はどう理解しているのか考えるべきだ。

買い物上手になるとお金も自然にたまるのだ。お金は使わなければ減らないのだから

タイトルとURLをコピーしました