仕事を楽しむ考え方【大切な人間関係のマッピング】

社会人のスキルアップ

はじめに|仕事を楽しむ03

仕事を楽しむには、自分が大事

どのような仕事も人と関わります。会社の中では上司、同僚、部下がいますし、部署もあります。社外に目を向けると取引先があり、顧客がいます。しかし、人は人間関係でストレスなどを感じ、それが仕事を憂鬱にしたり、楽しめなくしたりします。仕事を楽しむためには、裏を返せば人との適切な関係づくりが重要になるといえるでしょう。

絶対的に強いものを中心に据える

仕事で人との関係づくりに悩んでいるなら、まず考えることは、企業が掲げるポリシーや指針に立ち戻ることです。企業理念など、いわゆるその企業、会社にとっての錦の御旗(にしきのみはた)です。

人気ドラマ「半沢直樹」で主人公が宿敵と対峙する時に「顧客ファースト」というセリフを口にしました。企業のポリシーとして顧客ファーストがあるのでしょう。選択の際に迷いがあるならば、企業であれば企業理念に従うという考え方を持つことです。

企業理念に反するけれども、こちらの方の利益が多い、上司の機嫌が取れるからと、意に反した選択を迫られた場合、そこにストレスを感じるかもしれません。そうしたストレスのもとは仕事をしていれば日常的に発生します。

ですが、そもそも、あなたが今の仕事を選ぶ際に「よし、上司のために働ける会社を選ぼう!」などと考えたのでしょうか。「取引先の機嫌を損なわない会社で働きたい!」などと思ったでしょうか。仕事を選ぶ際に、収入や社会的評価、安定性や将来性などを考える人がいても、上司や取引先の機嫌をとることを目的にする人は、ほぼいないと思います。

絶対的に強いものを芯に持つと、人は迷うことが少なくなります。それが、企業理念の場合でもあるでしょうし、人によっては、違う場合もあるかもしれません。その大もとになるものは、より多くの人が理解できるものが、より強いと考えられます。

関係づくりは自分を中心に

仕事をしていくとき、人はさまざまな人と関わります。しかし、どのような場合でも、基本は自分を大切にすることが基本です。自分を中心とした同心円をイメージして、近しい人をマッピングしていきます。そこには、家族や友人、恋人、子供など、日常的に関わっている人もいれましょう。

人間関係を視覚する

それが、あなたにとって判断基準となる人間関係です。マッピングの際に重視することは、その人が自分のことをどれだけ重要に考えているかという他者目線を考慮することです。もし、マッピングに迷ったら、自分が大切に思うことよりも思われていることをより近しいとします。趣味やしごとなどもマッピングするとよいでしょう。

実際に、対象になる人物の名前をプロットすれば、視覚化して把握できるので、自分と相手との距離感がつかめます。また、作成するという行為そのものから自分と人との関係性を改めて考える機会になるのです。このマップを判断の優先順位として習慣化することで、何が変わるのかというと、行動に一貫性が出てくることです。いわゆるブレない人です。

しかし、時には、その関係性より優先しなければならないことも出てきます。恋人との約束があったのに急に仕事が入る場合です。代われる人がいれば、代わってもらうのが妥当です。ただ、多くの場合それが難しいのが実情でしょう。

そういうときは、相手に対して真摯に謝ることです。この時注意しなければならないのは、相手を自分の思い通りにしようと思うことです。自分ができることを精一杯して、結果は相手が判断する。それが、自然な流れです。

それを捻じ曲げようとすると余計なストレスがかかってしまいます。どうして、私が思うように動いてくれないの? どうして私の言うことを聞けないの? その考えがそもそもかなり難しいことなのです。相手の思いを尊重して、それを受け入れるのか、受け入れないのかをあなたが判断すればいいだけです。

変わる関係から変わらない関係へ

世の中には変わる関係と変わらない関係があります。親子や夫婦などは、変わらない関係です。しかし、仕事の関係は、あっけなく変わることが往々にしてあります。終身雇用が当たり前だった時代は、変わりにくいこともあったでしょうが、今は違います。

だからこそ自分からみた関係を決めることが大切なのです。仕事がなくなれば切れる程度の関係であれば、そこに自分の実力以上の力をいれる必要はありません。しかし、例え仕事関係でも、肉親同様に自分のことを考えてくれる人ならば、その人のことを変わらない関係に格上げするのがベター。そこには、仕事以外の視点があるからです。

切るべき関係を意識して行動することで、やがてそれらは自然と無くなるものです。人が関係を結べる人数は、その人のために動く時間に比例しますので、必然的に限られてきます。そういう人を選びながら仕事を続けると、やがて、自分が関係する人は、う変わらない関係の人だけになっていきます。それは、人生の幸せに結びつきます。

終わりに

見えるものやことを目標にするのは、わかりやすいと思いませんか。成績であったり、夢であったり。やるべきことをやればいいという単純な解があるからです。そして、あなたのことをかばい、力を貸してくれる人といい関係をつくるというのも、実は目標になり得るのです。

そこに気づくことができれば、人生はより豊かで幸せに満ちたものになります。また、関係づくりは、自発的に意識しなければ、必ずしも良い関係ばかりにはなりません。あなたのことを利用しようとするだけの人、会社ならば、そことはさようならをして、新しい関係づくりを行う方が賢明です。

20代で、まだまだいろいろ試したいと考えるならマイナビジョブ20'sへの登録がおすすめ。大手で安心の情報を探したいなら大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました