仕事をしたくないのは転職のサイン

仕事をしたくないときの対処法

はじめに

誰でも仕事をしたくないときがあります。仕事のやりがいを見失ったり、仕事の量が半端なく多かったり。

やりたい仕事が他にあるときにも仕事をしたくないと感じるのではないでしょうか。

実は、仕事をしたくないときにしかできないことがあります。そして、それは、あなたを劇的に変えてくれるスイッチになるかもしれないのです。

本原稿では、仕事をしたくないときの対処法や仕事の考え方を解説しています。今、仕事をしたくない。月曜日の朝が憂鬱で仕方がないと感じている方にお勧めします。

仕事をしたくない理由の一番は心を束縛されること

仕事をしたくないときには、人はどんな感情を持っているのでしょうか。人間関係がよくない。安い給料で働かされている。仕事が多くて大変だ。残業が多く予定が立てられない。

これらのことは、言い換えれば、だれかが、あなたを束縛しているということです。簡単にいえば、心の自由を奪われているということ

意識する、しないは別にして人は自由でないととても窮屈に感じる生き物なのです。でも、不思議ですよね。同じ職場で、忙しくてもやりがいを感じるときは誰でも経験しているはずですよね。

まるでゲームを楽しむかのようにあっという間に時間が過ぎてしまう。そんな体験は一度や二度でなく、みなさん何度も感じたことがあるのではないでしょうか。

でも、ときと場合によって、それがかなり違う。

オーストリアの精神科医であった V. E. Frankl は意味と目的を発見し、充足させようとする基本的努力を「意味への意志 (der Wille zum Sinn)」と呼び、これが人間の根本動機であるとしています。

仕事をしたくないのは上司にリーダーシップが足りない

心を束縛されること
年齢が上だけの上司はいらないかも?

もともと人は、何をするにしろ、そこに意味や目的を見つけて、それに邁進しようする生き物なのです。

人ってそんなに単純なものなの? と思うかもしれませんが、そんなに単純なものだからちょっとしたことで仕事をしたくないと感じてしまうものなのです。

例えば、上司から急に急ぎの仕事を振られると多くの人は嫌だなあと感じるはずです。特にお前の仕事だろう的な態度を取られると仕事をしたくないと誰しも思うものです。

でも、上司があなたにとても期待していると感じさせてくれたり、何らかの手本を丁寧に示してくれるのなら嫌だとは感じないのではないでしょうか。

そこに、生まれるのは自律的な自発性です。あえて難しいことにチャレンジしようとする意欲です。

本当のリーダーシップを持つ上司なら、そうした配慮を行い、急な残業であっても、あなたの自由な心を支持するものです。

タイトルとURLをコピーしました