友人がいない社会人の特徴や原因とは?

社会人で友人がいない

社会人になると学生時代以上に人と接する機会が増えます。職場や取引先、趣味やSNSなど、年齢も上下関係なく、一気に知り合いの輪が広がります。

しかし、多くの日本人は社会人になると友人ができにくくなると考えています。本来なら人との出会いは友人づくりの大チャンスのはず。

なぜ、社会人になると友人ができないのでしょうか。本原稿は、社会人で友人がいない人の特徴をまとめるとともに、社会人でも友人づくりをしたい方の参考になる情報を掲載します。

おすすめ▷ストレス解消で蹴りたい!叫びたい!揉みたい!癒されたい!

インターネットでまとめられている友人がいない人の特徴

インターネット上で友人がいない人の特徴としては以下がまとめられています。

友人がいない人の特徴
友人がいない人は孤独が好きなのか

そもそも友人の定義とは

友人というのは、人によって捉え方が異なります。広辞苑によればですが、心理学的な面で見ると、対人関係論の領域で論じられています。相互作用があり、青年期においては人格的な発達に寄与する関係とされます(親友関係論)。

また、互いに知り合いであることに満足でき、安心できる関係であることとも考えられています。上下関係が明確でなく、そのバランスが取れているのが友人といえるでしょう。利用したり、嫌なことを押し付けたり(その逆)、あるいはどちらかが独占的になるのは友人関係ではありません。

無理に友人をつくる必要はない

筆者は、友人がいらないという人は、友人をムリにつくる必要はないと考えています。一人が好き、一人で楽しめる趣味をもっている人で、友人づきあいが苦手と思うなら、自分の時間最優先でも問題ないでしょう。

しかし、人の環境は自分が考えている以上に変化します。誰かにグチを聞いてもらいたい、人と話をしたい、共通の趣味で盛り上がりたい。そう思う時がくるかもしれません。

今は、友人がいなくても平気かもしれませんが、何かあった時に「話し相手がいればなあ…」と思う日がくるかもしれません。

社会人になり環境変化で友人ができない

社会人で友人ができない理由は、学生時代と環境が大きく異なることです。学校などは、同じ時間、同じ場所で過ごすことは多いのが一般的ですが、社会人になるとそれが変わります。

勤務時間や休日が異なるから友人づきあいしにくい

学生時代は、ほぼみんな同じ生活サイクルを送っています。しかし、社会人になると休日休暇はもちろん、通勤時間、勤務時間、職場がバラバラです。

同じ職場であっても、それぞれ住む場所がかなり違いますし、結婚している人なら家族優先のライフスタイルとなります。これらは、時間的な制約があり、友人ができにくいケースといえます。

心身ともに緊張しやすい環境にある

社会人になり、仕事で人に会うとやはり緊張するものです。緊張は自分でも気づかないほどの疲労感をもたらします。

疲労感はモチベーション低下の原因になり、それによって、人嫌いや対人関係が苦手でなくても必要以上に人と接することを避けたくなる場合があります。

人と会わなければ友人関係をつくることができません。学生時代と比べて人が変わったよう、と誤解を受ける人もいますが、たまたまそうした心身の状態かもしれません。

疲労が回復しづらい働き方をしている

メンタルな問題につながるのが身体の疲労です。社会人になると時間の制約が学生とは異なります。期限や目標が決められているアクションが多いために身体的にムリをすることが度々あります。

若くても疲労が蓄積して、休みがあってもごろ寝ばかりしてしまう、というケースは少なくないはずです。そんな状態では、とても新しい友人をつくるどころか、何かに挑戦する気も起こりません。

2〜3ヶ月なら大丈夫かもしれませんが、長期的に激務になるような場合は転職を考えた方がよい場合があります。

恋人や家族を最優先する

恋人との時間や家族との時間を大切にすることによって、新たな出会いが少なくなったり、付き合う時間が短くなることによって友人ができにくくなる場合があります。

社会人になるとプライベートの時間が短くなります。その分対人関係に費やす時間が限られるため、恋人や家族がいればさらに友人づくりに時間をかけることができなくなります。

職場に合わせて転居する

環境が変われば、新しい友人との出会いがある。ポジティブに考えるとそうなりますが、就職などで転居する場合は、場所によっては、周囲に全く知り合いがいない、というケースがあります。きっかけが全くない場所では友人もなかなかできません。仕事場と自宅の往復だけならなおさらです。

タイトルとURLをコピーしました