退勤後の楽しめること4選!! 時間活用で人生充実!

社会人のスキルアップ
退勤後の時間活用で人生を改善
Photo by bruce mars on Unsplash

はじめに

本コラムは、人生を充実させる退勤後の時間活用について書いています。「仕事が憂鬱で、休日が待ち遠しい……」と感じていませんか。仕事のある日は「仕事の日」として捉えがちですが、全ての時間を仕事に費やしているわけではありません。勤務時間外、特に仕事終わりの時間活用を工夫することで、有意義な生活を送ることが可能です。仕事を楽しむために、まずは退勤後の時間を充実させることからはじめましょう。

仕事終わりにおすすめの過ごし方4選

「何をはじめたらいいのかわからない……」という方のために、退勤後におすすめの過ごし方を4つご紹介します。ぜひ自分に合う趣味を見つけてみてください。

運動・スポーツをする

軽い運動でもはじめたい

最近は、仕事帰りのジム通いを日課にする人も少なくありません。体力づくりや筋力アップ、ダイエットと目的はさまざまですが、仕事以外に目標があれば生活に張りが出ます。また、軽い運動でも得られる効果は同じです。ウォーキングやランニングなどの有酸素運動や、自宅でできるヨガがおすすめ。アイデアを整理したり、音楽やポッドキャストを聴いたりしながら、マイペースに運動習慣を作れます。

健康維持で体調が良くなる

軽い運動を習慣にすると、仕事と私生活の両方に良い効果があります。第1に、健康維持です。体力や持久力がつくので、身体の不調や生活習慣病を予防できます。また、起床時と睡眠時の脳の活動にメリハリがつきやすくなり、短時間の睡眠でもすっきり目覚められます。身体の調子が良くなれば、仕事でも最大限の力を発揮しやすくなります。でもなかなか自分では続けられないという方も。そんな時は、Yogaインストラクターにチャレンジしてみてはいかがでしょう。先生になれば、普段からより意識しやすくなります。

 業界最安値水準のヨガ資格オンライン講座!【ゼロカラYOGA】

脳がリフレッシュして記憶力が増す

第2に、新たなアイデアが浮かびやすくなることです。起床時に脳がシャキッとしていることで、集中力や記憶力、クリエイティビティを高められます。その証拠に、世界の高名なビジネスパーソンも運動を習慣にしています。ビル・ゲイツ(Microsoft)の日課は、毎朝一時間のランニングです。マーク・ザッカーバーグ(Facebook)も、週3日以上はワークアウトに励むそうです。

勉強をすることで創造性が高まる

知的好奇心が創造的思考に変わる

学ぶことは創造的思考力を高めてくれます。新奇性に富んだアイデアを生むには、無関係なもの同士を結びつけることが必要です。興味の赴くままに何かを勉強すれば、視野のみならずアイデアの幅も広がります。知的好奇心と創造的思考は密接に関連しているのです。

自主学習が成功体験になる

さらに、勉強は自己肯定感を向上させます。学生時代は試験や入学試験など、消極的な理由で勉強していた人は少なくないでしょう。しかし、自主学習には回答も暗記も必要なく、勉強する分野も強制されません。読書や教材の使用、メディア学習など、方法も多岐に渡ります。自分の好きなことなら勉強が捗り、学べば学ぶほど知識が増える感覚が成功体験になるのです。

外国語の勉強がおすすめ

勉強はしたいものの、何を学ぶべきか迷う方におすすめなのが外国語です。英語や中国語、韓国語は人気も実用性も高く、教材も豊富。新型コロナウイルスの影響で海外渡行は厳しい状況下ですが、収束後を見据えて、今のうちに外国語を学ぶのはいかがでしょうか。

NOVA LIVE STATION☆彡 動画で好きな時に英語が学べる

映画にハマってみる

配信サービスが意外に楽しい

近年、Prime VideoやNetflixをはじめに映画配信サービスが人気を博しています。好きな時間に映画を楽しめるので、通勤しながら、家事をしながら、手元のタブレットが映画館になります。一時停止や早送りも自由自在なので、忙しい方でも気軽に映画鑑賞できます。

U-NEXT まずは無料でみられるのがいいですね

情報収集が楽しみながらできる

多くの映画には、ストーリーに文化的・歴史的背景があります。映画の背景を探れば、自分の知らない世界に出会えるのが魅力です。さまざまな知識が身につけば、情報感度も高まります。

ビジネス映画でモチベーションアップ

また、ビジネスを題材にした映画を観るのもよいかもしれません。特に、成功者の伝記映画は人生の参考書です。観るだけで処世術やビジネス思考など、ビジネスパーソンに不可欠な素養を知れます。サクセスストーリーは、仕事のモチベーションアップにもつながるので、仕事が上手くいかず悩んでいるとき、気晴らしに鑑賞してみてください。

グルメ・スイーツを楽しむ

夜カフェで頭をクールダウン

オフィス街には飲食店がたくさんあります。ラーメン好きならラーメン屋さん、カレー好きならカレー屋さんと、お店巡りを趣味にすれば出社の憂鬱も和らぐはずです。美味しいお店をSNSやブログで発信するのもよいかもしれません。

お一人様の特権をフル活用

仕事後はのんびり過ごしたい方には、夜カフェがおすすめです。最近は夜遅くまで営業する店舗が増えています。昼間よりもおひとりさまも多く、一人でも気軽に立ち寄れます。一般的な飲食店より長居しやすいのも、カフェの特長でしょう。持ち込んだ本や雑誌をゆっくりと楽しむ時間が、仕事を頑張る活力になります。

週一の楽しみにするのがおすすめ

準備や片付けの手間がかからないのも、外食の利点の一つです。退勤後も家事に追われて安らぐ暇のない方は、自分へのご褒美を兼ねて、週に一度でも外食をしてみてはいかがでしょうか。

退勤後の楽しみが、仕事にもたらす利益とは

キャリア形成にも好影響

仕事以外の時間は、キャリアに大きな影響をもたらします。仕事以外の時間と言えば、休日や長期休暇が浮かびますが、意外と見落とされがちなのが退勤後の時間です。仕事以外の時間を有意義に過ごすことが、成功への近道になります。

退社後に趣味を楽しむことで得られる5つの効果をご紹介します。

仕事のモチベーションになる

ニュージーランドのオタゴ大学で行われた研究によると、活動的に過ごした翌日は、そうでないときと比較してやる気が上昇します。プライベートで楽しく過ごせば、仕事時間も高いパフォーマンスを発揮できるのです。

ドーパミンの分泌が盛んになる

試合に勝利したり、作品を仕上げたり、何かを成し遂げると達成感が得られますよね。これは、脳内に分泌されるドーパミンの影響です。ドーパミンはやる気や幸福感の上昇をもたらすだけでなく、記憶や思考の整理にも役立ちます。

ストレス発散になる

仕事で疲れ切ったあと、何も考えずにテレビやスマートフォンを眺めて過ごした経験はないでしょうか。これらは一時的な気晴らしにはなりますが、ストレス発散には効果が期待できません。一方で、活動的な時間を過ごすと、気持ちを早く切り替えて前向きに仕事に臨めます。

コミュニケーションのきっかけになる

新たな出会いや交友関係があるのも、新たな趣味をはじめるメリットでしょう。コミュニケーションが脳に与える刺激は、認知症のリスクを低下させるほどです。他者の考えや価値観は、新たなアイデアを創出する材料にもなります。

有意義な仕事終わりのキーワードは、2つの「自分」

「自分」だけで楽しめる時間が持てる

勤務後の趣味は、1人でも楽しめるものがおすすめです。第1に、自分の意思を尊重できるからです。例えばフットサルをするなら、自分以外にも9人を集め、コートを借りなければなりません。仕事帰りに突然フットサルがしたくなったとき、コートはまだしも、いきなり9人を集めるのは容易ではありません。1人でも楽しめる趣味であれば、人数も時間もコストも気にせず、気の赴くままに実行できるのが利点です。

人間関係に左右されない時間が持てる

第2に、人間関係に左右されないからです。複数人が集まれば、たとえ気の置けない仲同士でも、少なからず気遣いの必要性が生じます。また、喧嘩やトラブルの可能性も否定できません。仕事の疲れを癒す時間が苦痛になれば、逆にストレスとなってしまいます。ただし、趣味を通して新たな人間関係を構築するのは良いことです。他者ありきではなく、自分が主体的に楽しめる趣味を見つけましょう。

「自分」に合う楽しみ方が選べる

「インドア派」「アウトドア派」とよく耳にしませんか。これらが自己紹介やアイスブレーキングの場で頻繁に用いられるのは、性格やライフスタイルなどの個性が、趣味に色濃く反映されるからです。自らが前向きに挑戦できる物事なら問題ありませんが、「なんとなくかっこいいから」「友人がやっているから」などと合わない趣味に身を投じていると、かえってストレスの原因になってしまいます。

おわりに

仕事終わりの時間を有効活用することが、仕事とプライベートの両方を充実させる秘訣です。楽しみながら仕事するためにも、勤務後を見直してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました