戦力はビジネスでも生かされる

戦力とは
戦力はビジネスでも使う

戦力とは

戦力とは戦闘において発揮する力のことである。

戦闘(せんとう、英: Combat, Battle)とは戦うことであり、軍事的には保有する兵力を使って敵に対して、攻撃や防御などの行動をとること。敵対している二つの組織、あるいは国家、勢力による暴力的な力の行使である。

戦力とは、戦闘を行使する力であり、敵やその戦力を弱体化、破壊する力の総称でもある。戦力は警戒力、機動力、打撃力、防護力、指揮統率、兵站力に細分化できる。

戦力の言い換えや関連語は?

戦闘力、戦闘能力、戦力、軍事力、武力、兵力、攻撃力、破壊力、打撃力、攻める力、オフェンス力、オフェンシブパワー、攻撃のパワー、殺傷能力、殺傷力、威力、爆発力、暴力、権力、強制力

★出典

Weblio→戦力

連想類語辞典→戦力

goo辞書→戦力

戦力がある人の特徴とは

戦力がある人とは、戦闘で成果を出すために特別な訓練を受けた人のこと。訓練内容によって特徴は変わる。射撃や砲撃を得意とする人もいれば、作戦立案が得意な人もいる。身体的な格闘を得意とする人もいる。

しかし、戦力を高めるには、長期間の訓練や経験を有することから、基本的に忍耐力、体力、技術力に秀でている。軍事力においては、空海陸で使用する兵器の扱いになれており、それぞれ目的に応じて使用できるスキルを持つ。

戦力は戦闘力という言い方もする。この場合の戦闘力とは、軍事的なこと、戦闘的なことに使われることが多い。

例えば、戦力はチームで競技するスポーツでは、チームの総合力や個別選手の力を指す。また、即戦力という言葉は、ビジネスでも使う。

戦力が高い人とは、求められる業務、または役割に関して経験があり、目的を完遂する能力がある人だ。課題などが発生したときに解決能力を発揮する。目の前にある、障壁を突破できる人でもある。

戦力を高める方法とは

戦力を高めるには、戦闘に必要な知識・技能習得を目標レベルに応じて高める行動をとらなければならない。座学と身体的な訓練を繰り返し行うことが基本だ。それに必要なのは目標設定である。また、訓練と同時に実践する場を持たなければ戦闘力や戦力は身につかない

ビジネスの場では、通常の勤務が実践する場であり、それ以外でも学ぶ場を持たなければ戦力を高めるのは難しい

特に新人の場合は何を学ぶべきか、先輩などから聞き出し、プライベートの時間でビジネス英会話・資格取得などの学びや、講演会・セミナーへの参加などで、基本的なスキルを高める必要がある。

戦力を発揮する際の注意点

軍事的な戦力では、作戦に応じた力を発揮することが求められる。目標を達成することが第一とされ、それ以上の力を発揮したり、作戦以外のことはできない。また、国際法的なルールを守る必要がある。

ビジネスにおける戦力の発揮でも目標達成に力を発揮しなければならない。その場合は、会社や上司が立てた目標ににむけて行動することだ。

もっとも注意しなければならないのは、必ず目的、目標の達成、あるいはその行動にともなった成果の明示である。「上司の指示」として、行動のみに重点をおき、結果が伴わなければ戦力を発揮したとはいえない

タイトルとURLをコピーしました