見積力とは未来を見通すスキルだ

見積力とは
見積もりとは金銭とは限らない

見積力とは

「見積力」とは、ビジネス上では、クライアントが理解を示す見積書を作成できる能力のこと。たんに価格を安くすればいいというのではない。さまざまな情報を集めて、顧客サービスの質を極大化しつつ、自社にも多大な利益をもたらす数値を計算できる能力だ。

定量的なことだけでなく、定性的なことも数値、あるいは見える化するスキルに長けて、相手を納得させる。

そこには、現時点と未来を結ぶ先見性が何より必要とされる。

人生における見積もり力とは、目標を持ち、それに向けて必要な行動を設定する力といえる。目標を遮るような課題が出現した時には、柔軟に対応し、見積もるべき要因を解き明かして、あらたに算出することもできる。

見積もり力は自分だけを幸せにするのではなく、周囲にも良い影響を与えるのだ。逆に見積力がない人は、自分の言いたいことだけを一方的に提示する。

うまくいくときもあるだろうが、相手のことを考えないため、問題や課題の本質が見えない場合が多い。

数字だけでなく、定性的なことも踏まえた他者目線を持てば、見積力も高くなる。

タイトルとURLをコピーしました