スイッチを入れて人生大逆転

スイッチが入る

スイッチとは

スイッチとはもともと以下のようなような意味があります。

スイッチ(switch)は英語です。その意味は、普段使っている通りの電気のスイッチのほか、転換や変更、ポイント、転轍器、分岐器などがあります。

日本人に馴染みのない意味としては、木から切り取ったしなやかな小枝、しなやかなむち、女性用の長いヘアピースなどがあります。

switch seatsといえば「席を交換する」の意味ですし、Will you switch with me? は「私と交替してくれませんか?」と自動詞的な使い方もされます。

日本語としては以下の意味としてよく使われています。

  1. 電気回路の開閉を行う装置。開閉器。点滅器。「スイッチを入れる」「スイッチを切る」。鉄道の転轍 (てんてつ) 器。ポイントの意味もあります。
  2. 考え・方法などを切り替えること。

スイッチが入るときとは

考えや方法などを切り替えるという意味から、人において、感情や物の捉え方が切り替わった瞬間の人の様子や自分の気持ちを「スイッチが入った」と表すことがあります。

考えや気持ちに変化が生じる状態のことです。多くの場合は短期的な変化のきっかけを指します。注意されて、逆に怒り出した場合や、人に褒められてやる気が起こった場合などです。「腹が立ってスイッチが入ってしまった」「褒められてやる気スイッチが入った」などといいます。

しかし、過去を振り返って「あの時にスイッチが入ったんだ」というときもあります。スイッチが入るきっかけはいくつもあります。

本を読んで、感銘を受けて生き方を変えようと思ったとき。映画やドラマを観て、心が揺さぶられて行動を変えようと思ったときなどです。読むのが苦手な方は、聞く読書のオーディブル(無料体験)という手があります。

スイッチを入れる多くの場合は感情の変化をともないます。

意識的にスイッチを入れる行動もあります。プライベートの時間から仕事の時間に変わるときは「仕事モードのスイッチを入れる」などと表現します。

スイッチを入れると人生大逆転が起こる?

人のスイッチの多くは考え方のベクトルの変化です。それまで考えていたことと真逆のことに気づくことで、行動を大きく変化させます。

どん底の人生を歩んでいる人が、ある日突然、大成功の道を駆け上がるイメージに似てています。芸能人などではいくつもの逸話があります。

初めて紅白歌合戦に出場した歌手が「昨年はテレビで見ていた」M-1グランプリで優勝した漫才師が「去年の今頃はアルバイトをしていた」など、枚挙にいとまがありません。

ビジネスの世界でも、人生の折り返しを過ぎてからフランチャイズで成功したカーネルサンダース、マクドナルドのレイ・クロックなどもきっと成功のスイッチが入ったのでしょう。

やる気スイッチと成功スイッチを入れよう

人生をうまくやるにはやる気スイッチを成功スイッチのふたつを入れることです。

やる気スイッチは、モチベーションの変化を起こすことをきっかけとします。

簡単なところでは、部屋の掃除をする、目標を立てる(紙に書くなど視覚化する)、ノートやペンなどを購入する、ファッションなどを変化させるのもいいでしょう。

進学、就職、引っ越しなど、環境の変化もやる気スイッチになります。

成功スイッチは、将来像を描き、その筋道を立て、失敗しても、逆境になってもひたすら目標に向かうことです。ある日突然、ひらめくこともあるでしょう。

しかし、何かをきっかけに変化するというより、スイッチをオンの状態を保ち続けるイメージです。

タイトルとURLをコピーしました