判断力を鍛えるには意識化が大切!ビジネスマンは知っておきたい!

判断力は意識することで自然と身につくスキル
判断力は誰にでもある力。意識することでより正確になるスキルです
広告
広告

判断力とは? 失敗しても構わない

「判断」とは、自分の考えや行動を定めることです。人が何かを判断するときは、その裏付けとなる知識や経験を用います。判断力とは、そうした情報量と分析力の総合力です。判断力が高い人とは情報量が多く、分析力が正確かつスピーディな人を指します。

ビジネスに必要な判断力を養うには

判断力を養う方法は数多く多くあります。サッカーやバスケットボールなど、瞬時な判断が必要とされる団体スポーツなどはもちろんのこと、人との会話にも判断力が使われます。

実は、私たちは毎日、約35,000個の判断をしているといわれています。その大半は無意識のうちに選択されています。人は、それらの成功、不成功を曖昧な情報として無意識のうちに脳で記憶しているのです。

判断力の高い人は過去から現在までの知識や経験による情報を多く持つと考えられています。判断力を高めるにはスポーツやカードゲームなど、明らかに判断のシーンを意識できることに取り組むのが1つの方法です。日常的には、無意識に行なっている判断を意識化するのも判断力を高める方法といえます。

無意識に行う小さな判断を意識し、常習化して脳に情報を定着させます。その積み重なりが判断力を高めます。

判断力のメリットや役立て方は?

  • 判断力の高い人は、洞察力があり、状況把握に優れているため、問題を発見し、解決に導くスキルが身に付いています。トラブルがあった際も、冷静かつ正解を導き出す対処ができます。そうした行いによってビジネスを成功に導く人材として信頼を得ることになります。
  • 目的を達成するうえで、状況に応じた最善策を判断するため、計画を修正しながら着実に進められます。
  • 最初に決めた計画や手段に固執しないので、効率的にゴールを目指せます。
  • 前例のない問題に対しても、多くのデータによる分析を正確かつスピーディに行うため、臨機応変に対応できます。そして柔軟な行動が可能になります。

■関連記事
計算力を高めて把握するスキルを伸ばそう
表現力を高めるには語彙を増やすのがポイント
会話力は情報交換の基本スキル
副業ライティングはサブ丸を

おわりに

失敗も一つの判断材料として記憶されます(挫折も情報量の一つに過ぎない)。次回にその経験が生かせると前向きに考えれば、落ち込む必要もないのではないでしょうか。

判断力とは、ビジネス環境の変化が目まぐるしい今後の時代に求められる能力です。高い判断力を持つ優れた人材は引く手あまたのものとなります。

あなたにおすすめの記事▷仕事をしたくないときの対処法

タイトルとURLをコピーしました