表現力を高めるには語彙を増やすのがポイント

表現力を高める方法
表現力を高める方法はいくつもありますが、まずは語彙を増やすことから始めましょう。

表現力とは

「表現」とは、自分の感情や思考を相手にわかりやすく伝えることを指します。ここでは主に言葉による表現力について端的に解説します。

表現力は仕事やプライベートの様々なシーンで求められる能力のひとつで、思考力、判断力と並んで重要な能力です。

面接や社内のプレゼンなど、あらゆる場面で問われるスキルともいえます。

実際、単に事実を話すだけでは相手の心には届きません。表情や声のトーン、話すスピードと、何より優れた適切な言葉を選ぶことで相手は耳を傾けます。

表現力によって自分の考えや感情をまっすぐに他者に届けると、周囲から信頼され、良好な人間関係を築けます。

表現力を養うには

まずは、語彙(ごい・ボキャブラリー)が豊富であることが望ましいとされます。表現力が豊かな人は会話や文章の中でいろいろと使いこなす語彙を持っています。それらの意味の違いを知っていることで、所作なども変化するからです。

例えば「話す」という行動のひとつでも「述べる」「語る」「告げる」といった、さまざまな言葉で表現できます。

表現力を身につけるには多様なジャンルの本を読み、不明ないことは辞書などで調べることです。二ュースでも使われる言葉にも注意をしていれば、自然と語彙力は高くなります。

また多くの人との会話を通じて気になった言葉を書いたり、使ってみると語彙力は身に付きます。

そして、表現力を高めるには、感受性も重要です。感受性とは他者や物事の印象を受け入れる能力であり、ものを感じ取る力です。感受性があると、相手の表情などから感情の変化を読み取れます。それを察して声や表情、言葉選びなど、適切な表現を心掛けることができます。

感受性を豊かにするためには、映画、演劇、コンサート、美術館などに出掛けて、心や脳に日常とは違う刺激を与えます。

それをどう感じたか、日記、ブログ、SNSなどを活用して、自分の考えをまとめる習慣をつけるようにします。

読み返し、自分がどんなことを感じ、伝えたいことをどれだけ表現できているかを確認する作業も大切です。

表現力がある人のメリットとは

会話や文章の中で使いこなす語彙が豊富で、伝える相手の状況を感じたうえで、適切な言葉を選べるのが表現力の高い人です。

表現力が身に付けば、自分の意見をわかりやすく、しっかりと相手に伝えることができ、コミュニケーションがスムーズになり、良好な人間関係を築くことができます。それは、仕事での成果にもつながります。

おわりに

表現力が豊かであると自分の意見や考えを相手にわかりやすく伝えられるので、相手が自分のことを理解しやすくなります。

また、巧みな表現力で、相手の誘いを傷つけずにうまく断れるようになります。周囲からの評価も高く、いきいきと自信に満ちあふれてきますビジネスやプライベートに必要な表現力を鍛えて、そのメリットを活用していきましょう。

□副業におすすめの記事
仕事をしたくないときの対処法
クラウドソーシングで登録すべきサイトと仕事の注意点
Webライター初心者が仕事を得る5つの方法
SEOライターになる方法とは? キャリアプランを紹介

タイトルとURLをコピーしました