SNSで副業をする!メリット・デメリットや仕組みとは?

SNSで副業をする
Photo by Oleg Magni on Unsplash

SNSで副業をする【基本情報編】

SNSで副業をする
ツイッターやインスタグラムは副業にできる

SNSを副業として考えたことはありますか? TwitterやYouTube、Instagramなど仕事の愚痴をつぶやいたり、世間の話題について意見を言ってみたり、お気に入りの有名人をフォローしたり……。

そんな使い方をしている人がほとんどだと思います。でも、実はそれってかなりもったいないSNSの使い方なんですよ。

せっかくSNSを使うならSNSマーケティングを副業にしてみましょう!本記事では、SNSで副業を目指す方向けに、基本となる考え方や見通しなどがわかる内容をまとめています。

■おすすめ
フリーランサーがSNSで仕事を得る10の鉄則

SNSが副業になる

「SNSなんて副業になるの?」と思っていませんか? SNSを使ったプロモーションや企画をSNSマーケティングといい、その手法は、企業や広告代理店から大きく注目されているんです。その理由は、SNSのアクティブユーザー数の多さがあります。

アクティブユーザー数とは、そのサービスを実際に利用しているユーザーの数のことです。例えばAというSNSに10人が登録していても、実際に利用している人数が5人なら、アクティブユーザー数は5人になります。

休眠アカウント(使用されていないアカウント)が珍しくないSNSの世界では、このアクティブユーザー数が実際の規模を測るための基準となります。

以下は代表的なSNSの月間アクティブユーザー数です。(2020年5月時点 株式会社ガイアックス調べ)

・Twitter 
4,500万人(国内)
3億3,500万人(世界)

・Instagram 
3,300万人(国内) 
10億人(世界)

・YouTube 
6,200万人(国内) 
20億人(世界)

・TikTok 
950万人(国内) 
5億人(世界)

・Facebook 
2,600万人(国内) 
23億7,500万人(世界)

【引用元:Social Media Lab】 URL https://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/

企業や広告代理店がSNSを使う

いかがでしょうか。YouTubeにいたっては、日本の総人口の半分が利用しているといえます。つまりテレビや新聞より大多数の人に、情報を発信することが可能なのです。

とはいえ、ユーザー数が多いということはそれだけSNS上に流れている情報量も多いということ。だから企業や広告代理店はSNS上にたくさんのチャンネルを持ちたがります。

そのチャンネルとして、例えばインスタグラマーやインフルエンサーと呼ばれる発信力のあるユーザーにPRを依頼することが増えているのです。

また、ハンドメイドの雑貨や自分で描いたイラストを投稿して販売につなげるなど、ネットショップ感覚で利用する人も増えています。クリエイティブなことが好きな人にとっても、SNSは活用しやすいツールです。

SNSで自分が広告塔になる。

SNSを副業にするとは、ずばり自分が広告塔になることを意味します。企業のマーケティングや広告運用に今やSNSは欠かせません。

その手助けをするのがSNS副業のひとつの核心になる部分です。実際、知らず知らずのうちに、多くの人が参加していることをご存知ですか、

例えば、飲食サイトや各種評価サイトへの投稿は、企業にとっては、広義の意味でSNSマーケティングだからです。これは、大きな企業だけとは限りません。

例えば、中小企業、町のショップなど、これからどんどんSNSマーケティングに参入してきますからチャンスは拡大傾向にあるといえます。

SNS副業のメリットとは

SNS副業のメリット
初期投資が少なく手軽に始められる

スマホでできる副業がSNS

SNSでの副業を始めるために決まったスキルや特別な能力はありません。現在、SNSで稼いでいる人の多くも、スマホを使い趣味の延長で行っている人がほとんど。

写真や漫画、イラスト、料理、手芸品、コスメ、ファッションなど、自分が好きなことをSNSで発信し、フォロワーやいいねを集めます。

毎日投稿する(毎日ネタを考える)ことを思っても、あれもこれもと情報を発信するよりは、自分の興味のあることや好きなことにテーマを絞ったほうがよいでしょう。

多くの人とコミュニケーションが楽しめる

一般的な仕事だと会う人も限られますが、SNSの副業の舞台はweb上に無限に広がります。リプライやDMでのやりとりも、業務メールや電話に比べるとハードルが低いため、意外な人からメッセージをもらえることも。

そこからコラボレーションが生まれるなど、多くの出会いに期待できるのもSNSの副業のメリットです。

空いた時間で仕事が楽しめる

スマホやタブレットでサクッと更新できるところもSNSのいいところ。わざわざパソコンを開く必要すらありません。むしろSNSのチェックのしすぎで生活に支障をきたさないように注意しましょう。

SNS副業のデメリットとは

SNS副業のデメリット
短期で稼ぐのではなく長期的な視点が大切

フォロワーがつくまでが大変

好感度の高いタレントが広告に起用されるように、企業や代理店がPRを依頼するのも影響力の高いSNSユーザーです。つまり、フォロワー数が重要ということ。

一般的には、フロワー数1万人が「影響力を持つユーザー」の判断基準とされています。普通に生活していては、1万人のフォロワーを獲得するのは難しいですよね。早くても数カ月、長ければ数年かけて達成できる数字です。

もっとも、現在インフルエンサーとして活躍する人も、最初はフォロワー0人からのスタート。諦めずに継続することが大事ですよ。

プライベートやプライバシーとの両立が難しい

自分の趣味や好きなことをテーマに情報発信することは、自分のプライベートな部分を発信することと表裏一体です。仕事と割り切ってしまうとフォロワーが離れていきかねませんし、かといって本音を出しすぎると、知られたくないことまで広まってしまう危険もあります。

例えば投稿用の写真を撮影する際も、「ここまでは写しても大丈夫」など、自分の中で明確に線引きしておくことをおすすめします。

副業詐欺やアカウント管理に要注意

誰でもできることからSNS詐欺、副業詐欺には注意が必要です。すぐに儲かる、有料のテンプレートが必要など、事前に何らかの購入を勧められるのは、要注意です。

プライベート用のアカウントで副業を行うのもよいですが、プライベートやプライバシーとの両立を考慮して専用アカウントを新設する人がいますが、その際、注意したいのがアカウントの管理。

プライベート用と副業用を勘違いして、「誤爆」してしまうケースは珍しくありません。ログイン時の確認を怠らないようにしましょう。

SNSで稼ぐには、特徴を考えて投稿する

SNSの特徴
SNSの特徴を考えて投稿をする。

広告のインフルエンサーを目指す

世間に与える影響力が大きい人をインフルエンサーといいます。企業はそのインフルエンサーに自社の商品やサービスを使用、PRをしてもらうことで世間での認知度を高めたり、販売数を伸ばそうとします。

インフルエンサーになるにはモデルやタレントになる必要はありません。

釣りやキャンプ、コスメや旅行など、各ジャンルで有名になることでも十分にインフルエンサーになれます。バス釣り、海釣りなど、そこからさらに細分化してもいいでしょう。

「この人が使っているものは何だろう」「この人が勧めるなら間違いない」とフォロワーに思われる存在になることがインフルエンサーの条件です。

最近では、フォロワー1万人がインフルエンサーの目安です。ジャンルを絞り込んでいることが大きなポイントです。

実際に楽しみワークスの取引先でも、大手旅行代理店の旅行プランを浸透させるために1万人規模のフォロワーを持つインフルエンサーを複数名起用してプロモーションを行ってきます。

複数のSNSを相互活用する

インフルエンサーになるとは、簡単にいえば有名になること。そのためには、ひと目につくことが重要です。そこで、ひとつのSNSにこだわらず、複数のSNSを活用しましょう。

日本で利用者の多いSNSの代表は、Twitter、Instagram、YouTubeです。それぞれの特徴を紹介します。

【Twitter】

その手軽さから、拡散性が非常に高いところが特徴です。また、情報伝達の速度も高いため、ニュース性のある情報や多くの人に知ってもらいたい告知などを伝えるのに有効です。

文章、画像、動画いずれの方法でも情報を発信できるバランスの良さも魅力です。

弱点としては、情報が古くなるスピードも早いところ。また、炎上などのトラブルも発生しやすい傾向があります。

【Instagram】

特徴は、視覚情報に特化していること。美しさや可愛さなどをPRしたいときに、もっとも効果的なツールといえます。

実際、インスタグラマーにもコスメやファッション、料理などを紹介する人が多くいます。一方、文章による説明が必要な商品の紹介は苦手といえるでしょう。

【YouTube】

世界で最も多くのユーザーが集まるSNS。その規模の大きさが、一番の強みです。動画により、自分の伝えたいことを余すことなく伝えられるのも大きな魅力でしょう。

コスメやファッション、料理におもちゃ、旅行、乗り物、文具、ペット、ゲーム実況など、あらゆるジャンルのYouTuberが活動しています。

デメリットとしては、表現に関する規制が強めなところでしょうか。年齢や国籍を問わず世界中の多くの人々が利用しているため、YouTubeの運営も倫理審査に細心の注意を払っています。また、BGMや画像、イラストを使用する際は著作権にも気をつけましょう。

複数のSNSを使うときの注意点

複数のSNSを使うときには、それぞれ役割をもたせるのが、コツです。なぜなら全て同じ情報を発信すると、ユーザーからすれば「どれかひとつだけフォローしていればいいや」となってしまうからです。

SNSによって発信する情報を使い分けると、情報整理になるだけでなく、あなたの多面性をアピールできるからです。よりコアなファンを獲得することにもなります。

タイトルとURLをコピーしました