すぐできる!仕事のストレスを減らす4つ方法

仕事のスキルアップ

計画こそストレス対策

仕事でのストレスの原因は、見通しや不透明感が挙げられます。まず、仕事の計画から見直してみましょう。ゴールを設定し、そのゴールを達成するために必要な作業を目に見える形で項目化しておくと、仕事の量や進み具合が分かりやすくなります。

計画のポイントは、余裕(バッファ)を設けておくこと。ある程度余裕のある計画を立てておけば、余力を持って作業をこなせるだけでなく、思いがけない事態が起きて仕事量が増えた場合でも、落ち着いて対応できます。

ストレスを感じたら人に頼る

業務が大変だと思った時には、人に頼ることも大切です。一人で抱え込んで作業をするより、周りの人に協力してもらったほうが、プレッシャーが和らぎ、仕事の効率も良くなる場合があります。自分が抱えている案件をオープンにし、情報を共有すれば、周りもフォローしやすくなるはず。仕事の展開がずいぶんと違ってくるでしょう。また、パワハラやセクハラに関することは、人事課など、適正に判断できる部門の方に相談します。

仕事で人に頼るにはどうすればいいのでしょうか。その準備としては、相関図をつくるのはどうでしょうか。思っていること、感じていることを可視化するのは実はとても大事なことです。人同士の関係を把握しておけば、頼る上司や同僚を間違えることはありません。

デスク周りを整理整頓をする

物理的ストレスは、知らず知らずにたまり、本人さえ気づかないことがあります。仕事中の物探し、データ探しなど、整理整頓ができていないこともストレスの要因になります。ストレスがマックスの時に、探しものが見つからず、自己爆発を起こさないように注意したいものです。整理整頓で重要なことは以下の三つです。

・捨てるものと保存するものを決める

・あるべき場所、あるべき順番を決める

・優先順(使いやすい順)を決める

捨てていいものをいつまでも保管するのは、スペースの無駄遣いになるばかりか、整理整頓が進まない原因にもなります。また、単に使いやすさだけで物を片付けると、それ以外の物の場所がわからなくなります。

しっかりとあるべき場所、あるべき順番を決めた上で使いやすさを考えるがベターです。整理整頓をきちんとすれば、ちょとっしたイライラを避けることにつながります

収入源を他にも持つ

副業やパラレルワーク、投資などを行い、1つの会社や仕事への依存の度合いを少なくすることも、働くストレスを和らげる方法のひとつです。「この会社しかない」「この仕事しかない」と思い詰めていませんか。そう意識していなくても、「この会社を辞めたら」「この仕事を失ったら」という不安が、知らず知らずのうちにプレッシャーになっているかもしれません。そのような不安を抱くのは、変化が激しく、先が読めない時代の中で自然なこと。複数の収入手段は、もしもの場合のセーフティーネットにもなります。

副業する余裕がないという人には、キャッシュバックがあるポイントサイトなどを活用する自己アフェリエイトがおすすめ。作業は簡単なスマホ入力で済むので、空き時間に手軽に取り組めます。

また最近では自分のスキルを活かしたり、FXなどで、少額で運用しながらも資産を増やすしている人がいます。

TVCMでもおなじみ自分のスキルを売るココナラへの無料登録はこちら

ローラのCMでおなじみのDMMFXで資産運用にトライしてみたい人はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました