オンライン会議のストレス軽減アイデア

仕事のスキルアップ

コロナの影響でにわかに増えてきたオンライン会議。最初の頃は珍しさも手伝って参加には意欲的だった人も、最近はモニター越しの会話に疲れたり、強いストレスを感じたりしているのではないでしょうか。確かに正面のモニターに人の顔が出ると圧迫感を感じますし、相手が自分をどう感じているのかも気になります。こうしたことは多くの人が経験しているようです。そうしたオンライン会議でストレスを緩和するには、以下のようなことがおすすめです。

・音声通話のみにする(資料はモニターに写す)

・カメラを横にずらす(自分の顔を正面にしない)

・ミーティングの前に雑談の時間を設ける

・発言順を会議前に決めておく

・飲み食いをOKにする

・外の音が気にならないようにヘッドフォンをつける

急に多くの方が活用をはじめたオンラインでのミーティングは、進行方向も含めて試行錯誤の状態だと言えるかもしれません。

筆者が躊躇するのは、こちらが一人で、相手が会議室で4-5人いるケースです。普通に話しているつもりでもモニター越しに発言するとかなりの注目を意識しますし、また、向こうが盛り上がっている時の入りづらさもあります。

「会議、会議でストレスが溜まる」とは、昔からよく言われているサラリーマンの愚痴です。オンライン会議ではそうならないように、各種工夫を取りいれたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました