潜勢力を駆使する社会人になろう

潜勢力とは

潜勢力とは

潜勢力とは、内部にひそんでいて表面に現れない力であり、潜在的に存在する勢力のことだ。一般的には社会的な勢力のことを指すが、潜勢力は誰もが持っている。

この力は、われわれのなかに、内在しており、外部との関係によって発揮される。人が使命感を持ったうえで、積極的な心構えで思考し、行動する中で表面に現れて発揮するものであるとされている。

この力を発揮するには、挑戦が必要だ。潜勢力の興味深いところは、誰しもが持っているというところだ。

社会人デビューにこそ潜勢力を使う

社会人になっても自分にはなにもないと思っている人は、現代において多い。しかし、挑戦をすれば、自分となにか別のものとの関係が生まれ、そこには必ず潜勢力が新たに構築されす。

残念ながら、この潜勢力は目には見えない。だが社会人になり、使命感を持って積極的に何かに挑戦する時、そこには確かに自分の内側から外部に向けて潜勢力が発揮されるのである。

その時こそ社会人デビューを果たす時なのだ。

地味なサラリーマンほど、潜勢力という金鉱がある

誰にでも備わっている潜勢力だが、多くの社会人やサラリーマンが、気付かずに眠らせたままでいる。その原因は、行動範囲の狭さにある。

行動範囲を意識的に広げているサラリーマンや社会人はそれに付随して自らの属するコミュニティのジャンルが広がり、交友関係も広がる。

すると関わる人間も増えるので、外部との間で無意識に潜勢力がめいいっぱいに発揮される。

それに対して、普段から同じ行動範囲、交友関係のみで完結してしまっている人は、潜勢力が発揮しにくい。

同じ行動範囲や交友関係であっても、その中で各々が毎日使命感を持って積極的に何かに挑戦していれば話は別だが、そのような環境下では潜勢力を活かす機会は少なくなるのだ。

社会人になってから悪習慣を変えるなら潜勢力を転向させる

あなたがもし、自分には向いていないと思うが、それでもやりたいことがあるなら、数多く繰り返して継続すれば潜勢力が磨かれ、無意識的にできるようになる。

習慣になればそれは無意識的に動作ができるようになっていて、潜勢力が身についているのだ。

逆を言えば、悪趣味を継続していれば、無意識的な悪い習慣になる。悪いと思いつつ、継続しているなら今すぐに辞めたほうが良い。

向いている、向いていないというのは思い込みである。今までの習慣があなたを作った結果であり、それを変えたいのならば、今この瞬間から変えることができるのだ。潜勢力を転向させれば、よくなるのだから、まずはそこから始めよう。

タイトルとURLをコピーしました