工場の転職におすすめのサイト|モノづくりを支える現場とは?

工場への転職情報

はじめに

本原稿では、ものづくりを支える今の工場や製造業の現場と求人サイトを紹介しています。日本のモノづくりを支えるやりがいを感じる仕事が製造業です。最近は工場の仕事でもカップル入社など、いろいろな仕事の仕方もあり、企業の業種も、自動車関連、エレクトロニクス、エネルギーなど多彩な顔ぶれです。詳しく知るには、まずは就職エージェントに登録や相談してみましょう。

日本で働く人の7人1人は工場勤務

工場とはまさに物づくりの現場です。私たちが生活してゆく上で欠かせないさまざまな物はそうした工場から生まれています。

近年では日本製以外の製品が私たちの身の回りに溢れていますが、日本の製品が世界を席巻した時代があり、いたるところに工場がありました。それこそ、町の小さな工場から大企業の大きな工場まであちこちにあったのです。

工場に勤務している人は、身近にたくさんいましたし、実際、今でも総務省「労働力調査」(平成30年)では、日本の製造業で働いている人数は1012万人と推定されています。日本の人口割合でいえば、およそ10人に1人は工場で働いている計算です。

労働者人口は約6600万人ですから働いている人の6人〜7人に1人は工場に勤めている計算になります。それだけの人が働いているのに「ブラック」や「社畜」といった言葉は工場勤務の人よりも、他の業界からの方がよく聞きます。華やかテレビ業界(休みは年間1日…テレビ業界没落、下請け「超絶ブラック労働」の実態)で働く人や、最先端ITのプログラミングの現場(IT業界にはブラック企業が多い?SEの仕事が過酷になりがちな理由とは)、飲食業界(飲食業界 ブラックは本当か)のブラック性など、働く人を酷使する話題はつきません。

実際にテレビ番組の制作を経験した知人の話によると、その会社では仕事でのミスで殴る蹴るの暴行を受けるのが普通だったそう。昔の話ではなく2016-2017年のことです。

海外の工場ではときに暴動がおきたり、ストライキが起きたりしていますが、日本ではそんな報道は皆無です。では、なぜ、日本の工場勤務では他の業界に見られるようなブラックな話題や暴動がみられないのでしょうか。

日本の工場は勤務が洗練されてきた


日本の工場もかつては女工哀史にみられるような過酷な労働環境であった時代もありました。しかし、今は法律が整備され経営者の意識も変化したことで、働きやすいように改善が加えられてきたのです。給料面はもちろんのこと福利厚生なども、一般的な事務仕事をする会社に比べて比較にならないほど整備されています。

私も工場での経験があります。そのとき驚いたのが、食堂のメニューと安さ。それにボリュームです。くいしんぼうということもあってとても満足しました。何よりよかったのが給料です。三勤交代のシフトで夜勤もあったのですが、昼の仕事に比べて40%ほど高い時給でした。法律による時間外労働の賃金アップに加えてその会社ならではの給与システムが反映されていたのです。

ネットを見ると確かに工場のブラックの様子がアップされている記事もありますが、これはどんな業界にもいえることです。圧倒的に工場で働く人が多い日本の労働人口と比較すると、工場の話題だけで埋め尽くされてもおかしくありませんが、そうなっていないところを見ると、多くの工場で改善が見られたからといえるでしょう。

例えば、最近でも工場ではカップル入社という仕組みを設けている場合があります。寮や社宅がどんどん廃止されている中、工場では、そうした福利厚生を維持しているところが多く見られます。住居提供を嫌がる人もいますが、お金を貯めるなら住居費負担は可能な限り減らしたいところです。

それを考えると工場で働くとは実によくできている労働環境なのです。

3K職場は昔の話?

かつて工場で働くことは3K(工場勤務の仕事って今も昔も「3K」じゃないの?最新鋭と噂の研修センターに行ってみた)だと誤解されていた時代がありました。確かに工場によっては、そうしたイメージを拭うことはできないかもしれません。

しかし、考えて見てください。ミクロン単位での誤差を許さない工場が汚れていて、そうした部品をつくることができるでしょうか。人の健康に直結する食品工場が不衛生だったら、世の中は健康被害にあふれているのではないでしょうか。

多くの誤解が工場にもたれているのはとても残念なことです。食品工場では、身綺麗にするのは当たり前で、クリーンルームを通り清潔を保ちます。休憩時間もしっかりと決められています。そう考えると、むしろ、都会の雑居ビルで事務仕事を続けるより、管理がゆき届き、お金もたまりやすい工場で働く方があっている人は、決して少なくなと考えられます。

工場で働くデメリットは?

どんな仕事にもデメリットはあります。工場ではどんなデメリットがあるのか考えてみます。

  • 工場では勤務時間が定まっており、なかには夜勤など深夜早朝に仕事をする場合がある
  • 定められた作業衣のある場合があり、好きな服で仕事ができない
  • 周囲の環境が都会と違い、ショッピングなどがしにくいことがある
  • ライン作業など単純な仕事で変化に乏しい場合がある
  • 休日が一般的でなく、会社独自の休暇が定められている場合がある
  • 仕事によっては体力を要する業務がある

工場で働くメリットは?

工場で働くメリットは次の通りです。

  • 工場の規模にもよるが、比較的に人数が多いので休暇や休みに計画がとりやすい。
  • 他の仕事に比べて時間給などが高い(未経験でも研修制度などがある)
  • 社宅や寮など住居の提供がある場合がある
  • 食堂や運動施設、浴場など、工場内で各種施設が充実している場合がある
  • 経験や年齢、性別に関係なく働ける場合がある
  • キャリアを積むと待遇、給料などの上昇がある(工場長クラスだと大企業の幹部と同じ)
  • 会社の福利厚生を計画的に使うことがしやすい
  • 短期間でお金を貯めることが可能
  • カップルや夫婦で働ける工場がある
  • 全国各地にあり、自分で働きたい地域から探せる
  • 就労支援制度や祝い金などのある工場がある

工場や製造業の求人とは?

教えて君
教えて君

期間工とかじゃなく正社員で仕事をしたいのだけれど、正社員の募集もあるのでしょうか?

アドバイザー
アドバイザー

はい、正社員希望の方には、そうした企業さんを紹介するサイトもありますよ。もちろん、パートやアルバイトを募集している企業もあります。登録しなくても検索はできますので、ぜひ、条件を入力して探してみてください。

力してください。

教えてさん
教えてさん

経験がなくても大丈夫かしら。ちょっと不安なんですけど。

アドバイザー
アドバイザー

はい、大丈夫です。工場では、長く働いていただくために、人が定着するようにしっかり業務マニュアルが用意されているところが多いのです。もちろん、女性が活躍できる場所もたくさんあります。

教えて君
教えて君

住居も用意してもらえるの?

アドバイザー
アドバイザー

住居についても用意している会社があります。なかには家具や家電付きの寮を用意しているところもありますよ。

知りたいさん
知りたいさん

女性の求人もあるのかな? パートとかの仕事も?

アドバイザー
アドバイザー

はい、もちろんあります。女性の職場も増えていますよ! サイトによってはパートさんも募集しています。

教えて君
教えて君

残業や手当は?

アドバイザー
アドバイザー

やはり、工場も忙しいときは残業があります。でも、残業手当などもつくのでやりがいがありますね。

コウジョウ転職

工場テンショク

コウジョウ転職とは、工場、製造業界に特化した転職支援サービスです。全国各地のエレクトロニクス、環境・エネルギー、自動車などさまざまな製造分野での生産ライン各工程の製造オペレーション・メンテナンス・保全サポート・管理統括などいろいろな職種の非公開求人情報を紹介しています。

正社員で働くことを考えているなら下のボタンをクリックしてお探しください!!

お仕事情報ネット

お仕事情報ネット

お仕事情報ネットでは、女性やミドルなどいろいろな人が働ける会社を紹介しています。カップルで応募OKの会社もあります。紹介先の企業も北海道から沖縄まで全国津々浦々です。

月収30万円以上や寮無料、入社祝い金のある企業など、採用条件もバラエティに富んだ企業が揃っています。

うれしいお祝い金のある情報も!!下のボタンをクリックしてお探しください!!

工場ワークス

工場ワークス

求人数が多いのが特徴の工場ワークス。働き方も正社員、派遣、契約社員、アルバイト・パート、業務委託などさまざまです。いろいろな働き方や会社を見ることができるので、工場関係の仕事ってどんなのがあるの?という方にはうってつけの就活サイトです。もちろん高待遇条件を探せばあるあるです。

実家から独立したい!! そんな方は下のボタンをクリックしてお探しください!!

工場求人ナビ

工場求人ナビ

製造業に強い求人サイト1位の実績通り、TOYOTAやHONDA、東芝、ヤマハなど大手メーカーの求人が多数掲載されているのが特徴の求人サイトです。月収例でも30万円以上の会社がズラリと並んでいます。もちろんエリアは全国対応です。寮費無料の会社も掲載されています。

高収入や寮完備のシゴトが満載!! 下のボタンをクリックしてお探しください!!

おわりに

工場や製造業のお仕事を探している方におすすめの転職・求人サイトを紹介しました。寮完備や社宅など、手厚い福祉厚生の会社で人生をチャージしてみませんか?きっと充実した毎日になるはずです。

タイトルとURLをコピーしました