ワーママが再就職で注意したいポイント

女性のスキルアップ
ワーママが再就職で注意したいポイント
ワーママが再就職で注意したいポイント

はじめに

この原稿はワーママ(ワーキングマザー)が再就職する際に注意したいことをまとめています。本格的に転職を考えている方、パートや非正規雇用から正社員を目指すワーママにおすすめします。

ワーママが働きやすい職場を探す方法

ワーママが働きやすい職場を探す方法
ワーママが働きやすい職場を探す方法として求人情報サイトがある

育児や介護と並行して仕事を続けたいワーママにとって、ワーママに理解がある会社を見つけ出して就職することは大事な命題です。ワーママが働きやすい職場を探す方法として求人情報サイトがあります。

しかし、簡単に就職できたとしても、ワーママが元気よく活躍できる職場環境なのかとか、働きやすい職場なのかは別問題だからです。出産して子供を育てつつ、社会人としても仕事を続けたいと考えているワーママは、珍しくありません。

ワーママの採用を積極的に進めている会社や子育て支援に力を入れている会社も人気があります。ワーママが働くことのできる求人は数多くあったとしても、その中からどのようにマッチした求人を探せば良いのか難しくなっています。

以下の記事ではリクナビ、マイナビ、doda、パソナの情報を掲載していますのでぜひ登録してください。

ワーママに適した求人情報サイトを活用する

求人内容に惹かれて応募をしたものの、実際に詳しい話を聞いてみると食い違いがあったり、無事に採用は決まったけれど実態はかけ離れていたこともあります。会社選びに失敗したことがないように情報はきちんと吟味することです。求人を検索する媒体を複数にすることも有効な手段であり、ワーママに適した仕事を多く取り扱っている求人情報サイトもあります。

この頃は、人材斡旋会社が就職活動のサポート業務も行っていますので、アドバイスを積極的に受けるももいい方法です。転職支援のエージェントやコンサルタントといった転職サービスを活用するのもひとつの方法です。大切なのは多くの情報をどのようにして得るのかということで、ワーママの求人を紹介している専門的なサービスを利用する方法もあります。

ワーママ向け求人サイトで転職先を見つける方法

ワーママ向け求人サイトで転職先を見つける方法
採用試験が無駄足になることもあるので注意が必要

最近は、ワーママでも社会の第一線で働く人が多くなっています。ワーママであっても、キャリアアップのための転職をするようになりました。ハローワークに足を運び、自分の能力を生かしての転職先を探す方法もありますが、その他にも転職活動の方法は存在します。

転職サイトを閲覧することで、自分に合う転職先を探せるようになってきています。しかし、求人情報だけでは、企業側の本音がわからないこともあります。求人情報には性別や年齢条件が書けないので、不明点が残るからです。求人を見て面接に行っても、相手企業が性別や年齢である程度制約を設けているとせっかく採用試験を受けても意味がありません。

その点、求人サイトでは、ワーママを想定した求人を掲示することができるようになっています。求人情報をチェックする時は、できるだけたくさんの情報を閲覧することも意味がありますが、自分の求める条件を上手に絞り込むことも大切です。

求人サイトが主催している就職セミナーや合同説明会に参加する

求人サイトの中でも、ワーママをターゲットにしているところは、条件検索のやり方や情報の提示の仕方が、ワーママのニーズに合わせてあったりもします。最初からワーママを採用したいと思っている企業が求人を出していますので、お互いの求めるところの一致点を探りやすくなるでしょう。

ワーママを対象にした就職セミナーや合同説明会を開催する求人サイトもあります。転職活動に役立つ情報やイベントが紹介されていますので、関心が高いところなら行ってみるのもいいでしょう。

定年まで一つの会社に勤める形が一般的ではなくなっていることから、転職活動をしている人は男性でも女性でも大勢います。転職を成功させるには、求人サイトで効率的に求人先探しをすることが重要になります。

ワーママが活躍できる職場や仕事を見つけるには

ワーママが活躍できる職場や仕事を見つけるには
ワーママが活躍できる職場や仕事を見つけるには下準備が大切

ワーママが仕事を探す時は、高齢になるほどパートなどの非正規雇用求人の割合が高くなりがちです。ワーママの求人を出しているところは時給制で、かつ長期的な雇用ではなく契約更新型であるところが多いようです。

アルバイトや非正規雇用のワーママの場合、子育てを終わらせた段階で本格的に社会に復帰したいと思っても、正社員として働くことは難しくなります。ある程度年齢を重ねてから、正社員として働きたいと思っても、なかなか働き口が見つかりません。そのため、女性が子育て一段落語に仕事をしたいと思っていたら、仕事をしていない期間中の下準備も重要になります。

女性の再就職では支援策の活用がカギ

女性が再就職を希望する場合は、結婚や介護などのやむをえない事情で職場を離れたものの、また働きたい人が多いようです。再就職は主に企業等と雇用契約を結んで働く事です。再就職が成功すればその会社の社員となり、就業規則を守り働かなくてはなりません。

会社の人間として他の社員と共に働き、与えられた責任を果たして働くことが要求されます。多くの子育て中の女性にとって再就職は、仕事と育児や家事との両立をどう行っていくかという問題を解決する事が必要になってきます。子供を育てることと働くことを両立させようとする女性が取る方法はいくつかあり、政府や自治体の支援策も変わっていきます。バックアップナビのような支援を利用しましょう。

女性就業支援全国展開事業 女性就業支援バックアップナビ

無理のない勤務スタイルで仕事を探す

仕事で何をしたいのか、子育てはどこまで自力でできるか、あまり気追い込まずにまわりの人とよく相談しましょう。日中だけを働く時間として、朝と夕方からは育児と家事にあてている方もいます。最初から自分にむち打って働かずとも、可能なら働き始めは1日おきに働くなど調整をして、無理のない勤務スタイルを取りたいものです。

再就職での仕事を求める場合、正社員にこだわらずとも派遣社員やパートタイマーなど、非正規雇用の働き口を探す方法もあります。短時間での就業をして機会をみて正社員になる等、子供の成長に合わせて就業形態を変えていく女性の再就職の方法も少なくありません。

時間があるときに資格取得などでスキルアップを

時間があるときに資格取得などスキルアップを
資格は就職に有利になる

子育て中に社会復帰するまでに好きな仕事を身につけるための資格を取るのも良い方法です。年配の女性でも、スキルや資格を持っていれば、採用可能性が高いものもあります。結婚前に行っていた仕事を、一段高い技術で使える状態になって、再就職を遂げた女性もいます。

何年もの間仕事をしていない期間が続いていると改めて就職したいと思っても、採用先が決まらない場合もあります。時間に余裕がある時に資格をとっておいたり、スキルを磨いておくことで、いざという時に行動がしやすくなります。

ワーママの中には、家のことや子供の面倒も見ながら、女性らしい能力や感性を活かして仕事を続けている人もいます。女性が多く活躍している職場もあります。より多くの求人情報の中から、納得できる仕事を選んでいきたいものです。

ワーママの仕事とやりがい

一生をかけて打ち込めるような仕事に巡り会いたいと思っているワーママはたくさんいます。人間は、生涯の中で多くの時間を仕事に費やします。全く充足感の得られない仕事に時間の多くをとられていては、その女性の人生は物足りないものになってしまうのではないでしょうか。

客先が喜んでくれる仕事ができたり、会社へのメリットが大きい業績を上げることができれば、仕事をすることに誇らしさを感じられます。自分のアイデアで新しい商品がヒットしたり、大幅に売り上げがアップしたり、会社に貢献して自分の頑張りが正当に評価されている時は、仕事に対してやりがいを感じることができます。

仕事にやりがいを感じることができるかどうかで、現状に自分に満足できるかどうかもかなり違ってくるものです。ある調査では仕事を持っている女性の半数以上の人が、仕事にやりがいを感じていない結果が出ています。どうして、女性が仕事をすることに満足感を実感できないのでしょう。

自分にあった仕事を探すことが大事

仕事をしていても気持ちが上向かないことが、やりがいを感じることが難しい理由になっています。代わり映えのしない毎日の仕事を続行していると仕事をすること自体に何の感情も動かないようになります。

仕事をするとやりがいを感じられる場合は、興味ある物事に対するアプローチを考えることが大事になります。仕事の順番を変えたり、今までよりも少しでも興味のある仕事をしたり、たとえワーママでも責任のある仕事も任せてもらえるように努力することで、やりがいを感じられるようになるでしょう。

漫然と日々のルーチンワークをこなすのではなくて、これをやろうと思った目標に向けて頑張ることも大事なことです。ワーママもいつもよりも目標のレベルを上げてみたり、目標を達成したら食事やエステに行くなど、自分へご褒美をあげたりいろいろな工夫をして仕事のやりがい作りをしてみましょう。

女性が求人サイトで注意したい二つの仕事

女性が求人サイトで注意したい二つの仕事
高収入には注意したことがある

仕事を中断するタイミングを自分の意思で決めることができることが、日払いで仕事をする時のメリットです。日払いの仕事というと危険な仕事が多いのではないかと考える女性も少なくないようです。実際に行われている内容は業種によってもさまざまあるようです。女性の場合は、単純作業や軽作業、試食販売のような業種もあります。多くの場合、日払いの仕事は面接日当日、あるいは面接時に日取りを決めて、その日から開始するパターンが多いようです。

日払いでの保険加入は要確認

女性にとっては、日払いで働いたことがないために何を求められるか全く予想できない人もいます。一般的にスキルや知識が必要になる困難な作業を行うような日払いの仕事はありません。人を選ばずできるような作業ばかりとなります。

日払いの仕事に応募する場合は、とりあえず身分証明書と印鑑があれば十分ということもよくあります。とにかく今すぐお金が欲しい女性向けの仕事とも言えます。日払いで現金が支給されるような仕事は雇用保険などに加入していないことも多いようです。日払いの仕事をしている時に事故が発生した時の対応などを、事前にチェックしておくといいてしょう。

女性が高収入を得られる求人の注意点

数ある求人の中には、高収入でありつつ、技術や経験をあまり問わないものがあります。多くの場合は、仕事の内容が厳しいものが多いようです。高収入な求人として、資格が保有者が少ないものもあります。一見、高収入が期待できる営業職と思っても、実は多くがインセンティブ方式の給与体系となっています。高収入が望める営業職の求人は、いわゆるノルマ制でかなりストレスが溜まります。

顧客開拓ができなければ給与は上がらない仕組みになっていたり、基本給はかなり低く抑えられている求人もあります。夜勤のような、勤務時間帯が特殊な求人は、日中の仕事より高収入になりがちです。体調をしっかり管理しつつ、昼と夜が不規則な仕事をしなければなりません。

高収入の仕事には詐欺もある

勤め続けるだけでも、人によっては続けられなくなるような仕事ならば、高収入な求人が出ていることもあるといいます。高収入でるといいながら、実際は詐欺まがいの求人広告も存在するので、安易にうまい話にのらないことも大切です。最近は高収入の在宅ワークと称して、仕事をはじめる前にパソコンやマニュアルなどを高額で購入させる手口もあり、問題となっています。

ワーママをターゲットにした求人の中には、高収入の仕事のように最初は思わせながら、実際は風俗のような仕事だったという場合もあります。内容をきちんと把握して、高収入でも信頼性があるかを検討してください。

おわりに

ワーママに限ったことではありませんが、就職の際にはスキルアップなど、事前の準備も大切です。また仕事のやりがいもしっかり考えることで、継続するモチベーションも上がりますし、新たなスキルを身につけることもできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました