50代の再就職活動で注意したいポイント

仕事のスキルアップ
中高年の再就職活動で注意したいポイント

はじめに

中高年の方が再就職の際に注意したいポイントをまとめています。現在、就職活動をしている方はもちろん、在職中でも転職を考えている方におすすめの情報となっています。

正社員の求人情報にこだわらない

正社員の求人情報にこだわらない
正社員限定の求人だけでなく、パートや派遣も視野に活動しよう

中高年が再就職のために情報をチェックする場合、正社員限定の求人だけでなく、パートや派遣などあらゆる雇用形態と一緒になっている求人を探すのがおすすめです。景気動向が業種によりかなり異なると言われていますが、求人をチェックすると意外とたくさんの情報があることがわかります。

IT業界などを中心に、実力ある社員を増やして企業の力を高めたいという会社が増えています。すぐに会社の主力となってくれるような、学歴にこだわらない実力主義の求人を出す会社が増加しているともいえます。

正社員の求人の探し方

正社員の求人の探し方
求人にはさまざまな媒体がある

就職活動や再就職活動をしている人の多くは、正社員の募集を探しています。正社員で働く動機は人それぞれですが、アルバイトや派遣よりも安定していることは大きな理由です。

正社員の求人を探す場合には、いくつか方法があります。その多くは、さまざまなメディアから求人情報を得るものです。求人情報の入手方法はいろいろあるので、上手に利用して正社員の求人を探してみましょう。

ネットの求人サイト

求人の主力ともいえるサービスです。総合型のサイトもあれば、ITの専門職、看護職、介護職、管理職など、さまざまな専門サイトもあります。

下の原稿では、年齢に関係なく登録できる就職サイトを特集していますのでぜひご覧ください。

新聞の求人欄

新聞広告の正社員求人の場合には、情報が日替わりになるので新鮮な情報を得ることができます。囲み広告のほか、特集企画が組まれることもあります。

求人情報誌

求人情報誌は、ほとんどがフリーペーパーなので簡単に入手でき、すぐに正社員の求人を探すことができます。

ハローワーク

正社員の求人を探すという方法は、元々就職活動や再就職活動の定番です。

求人情報をチェックすることのほかにも、ハローワークでは就職活動に必要な準備や相談もできます。

正社員専用の人材バンク

管理職の経験者やエンジニアの人向けに運営されており登録は無料です。

各種支援サービス

公共機関やNPOなどで登録者を募集しています。無料登録が多く、一度登録しておけば担当の人が条件に合った仕事の紹介から、面接までサポートしてくれるのがメリットです。

正社員の求人を探すときの注意点について

正社員の求人を探すときの注意点
正社員で求人をみるときには条件とスキルを客観的に考えることが大事

再就職活動を開始して、正社員の求人を選ぶ時に気をつけたいポイントをまとめました。

  • 求人サイトで正社員の求人を検索することができる
  • 調べるときには職種や業界について条件を絞る必要がある
  • 時間と手間をかけても希望に沿った求人が探し出せるとは限らない
  • 再就職するための作業は、メンタルも考慮する
  • やる意味がないことばかりに時間をとられないようにする
  • 再就職活動をする際には、自分が希望する業界や職種に対する条件をしっかり考える
  • 一から十まで希望どおりの仕事になるわけではないことを理解する
  • 事前に基準を決めておくことで、妥協点が探りやすくなる

求人サイトに掲示されている求人は数え切れないほどあります。また、日々更新されていますので、漫然とみていたらきりがありません。新しい会社で正社員になることを条件にするならば、業界や職種について絞らなければ効率よく探すことはできません。

希望する条件に満たない仕事を選択してしまったら、再就職してから後悔するかも知れません。再就職活動をしたことが結果的に自分にとってプラスになったのかは、新しい仕事をするようになってからではないとわかりません。正社員として採用される場合、その後は、何年も仕事を続けることになりますので、慎重に選びたいものです。

やはり応募の中心はネットの求人

応募の中心はネットの求人
仕事探しにインターネットは欠かせない時代

正社員の求人は現在様々な方法で行なわれています。

インターネット時代になり、求人サイトで正社員やアルバイト、パートの求人情報が探しやすくなりました。インターネットで求人内容を確認し、そのまま企業への応募手続きができるというサイトもあります。

面接を受け、合否が決まるといった採用までの流れもインターネットで早くなっています。履歴書や職務経歴書を事前に入力し、その上で面接を行うという方法もあるようです。

面接の場でも、会社側がこちらの経歴を知った上での突っ込んだ話し合いができます。総じて、就職活動全般がしやすくなったといえるでしょう。

派遣の登録システムもネットへの依存度が高まっています。派遣会社に希望する労働条件や職務経験、スキルなどを登録することで、派遣会社からのスカウトや会社紹介を行ってもらえるため、自分にぴったりの派遣の仕事を速やかに得ることができるようになっています。ネットの求人情報は、正社員として働きながらの職探しに適した方法といえます。

派遣社員から正社員への道もある

派遣社員から正社員への道もある
派遣社員として働いてから正社員になる道もある

派遣社員から正社員になるケースは稀ではありません。派遣社員から正社員の登用をしている企業がたくさんあるからです。

派遣社員、企業側にもメリットがある

その仕組みは、正社員として採用する前に派遣社員として雇い入れて、スキルや人柄などを見極めるというものです。

正社員として働きたいと思う求職者にも、求人を出している企業にとっても、この方法は非常に効率が良いといえます。

企業側は正社員として採用できる人材であるかどうかを、実際に仕事をしている派遣期間内で見極めます。

働く側のメリットは、具体的な仕事内容や職場の雰囲気等、実際に働いてみないと分らないことを派遣社員として働きながら知ることができます。

派遣会社に登録することが重要

働きながら再就職活動を行なうには根気が必要となり、転職を断念するケースも、転職をしたいと考えている人の中には見受けられます。

しかし、派遣会社を利用する場合は、自分の希望する条件に合った企業を派遣会社に登録しておけば紹介を受けることができるので、忙しい人には非常に助かります。担当者が面接に同行するケースもあり、手配だけとは限りません。アドバイスを受けたり相談したりできるのもメリットです。

新卒で就職して定年まで勤め上げるといった終身雇用制度が当たり前の時代は終焉を迎えようとしています。

再就職からのステップアップ

給与や雇用条件の良い企業へと再就職により経験を積んでスキルアップをしながら、ステップアップする人も増えています。

正社員を目指している人は、希望に合った求人情報を集めることだけでなく、派遣会社への登録もしてより効率よく再就職活動を進めていただきたいものです。

再就職詐欺にご用心

専門職に関して言えば、給与や待遇に関しては、一般職や未経験者よりも好条件での採用が基本のようです。求人の中には、定年を過ぎた管理職の経験者向けのものもあります。心身共にまだまだ健康で、定年後も正社員としてどこかで働きたいという人は決して少数はではありません。しかし、定年後の再就職者を対象とした管理職で迎えるので契約金が必要となるなどと言ってお金を騙し取る詐欺事件なども実際にあります。

投資や前金がなければ正社員に採用できないという話は疑ってかかってください。最近では、このような詐欺に遭う中高年も少なくありません。中高年の正社員の求人に対する採用率の低さから起こる現代の象徴ともいえる内容と考えられます。

終わりに

中高年の再就職活動での注意点にまとめました。再就職ではネットの活用はもちろん、さまざまな方法を通じて、自分のスキル、経験が生かせる企業や職種を選ぶことがポイントになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました