面接では会話のキャッチボールが大切

面接では会話のキャッチボールが大切

はじめに

本コラムは就職や転職の基本的なポイントを1分程度で読める内容にまとめています。今回は面接での会話のキャッチボールをテーマにしています。

面接での会話のキャッチボール方法

・面接官の質問には明瞭に答えることが重要。

・採用担当者の人となりを見て成立しやすい話を考える。

・笑顔をつくるなど話やすさを演出し、面接を自然とスムーズに進める。

・採用担当者がもっと話したいと思ってくれるように、聞かれたことに的確に答える。

・質問に答える際に、接続詞を的確に用いて論理的な思考をしている印象を与える。

・一つ一つの文を短くすることで、小学生でも理解できるように説明する。

会話のキャッチボールには明確に返答できる人としての信頼性や謙虚さ、素直さをアピールする意味をもちます。面接官が、たくさんあなたのことを知った気分になれば満足感をいだくでしょう。少しでも採用面接がうまくいくように、これらの情報を活用しながら就職活動をしましょう。

同じシリーズのコラムは>>1分でわかる就活・転職ポイント

必読コラムは>>就職・転職でエントリーしたいサイト5選

体を使った仕事は>>工場の転職におすすめのサイト

タイトルとURLをコピーしました