記憶術を活用して暗記力をアップ!

暗記方法9選
暗記は楽しみながらするのがおすすめ

記憶と暗記のコツは共通している

暗記や記憶は、資格試験や受験勉強中の方にとっては避けて通れません。そもそも強制的に行う暗記は楽しい作業ではない、できるなら簡単に覚える方法はないか?と考えていませんか。人によっては苦手意識があるために、覚えることが難しくなっているかもしれません。今回は、そんな方のために、おすすめの記憶術と暗記のコツをお伝えしていきます。

暗記方法は次の4つの方法が基本です。

  • 声に出して覚える
  • 書き出して覚える
  • 体を動かしながら覚える
  • 人に教える・伝えることで覚える

それぞれについて、記憶術の基本編として解説します。

記憶術 基本編は五感を使って自然に覚える方法

五感を使って自然に覚える
学生時代から実践してきた方法です。

まずは、簡単に記憶術の基本を説明していきます。記憶術の基本は皆さんにとってもなじみある方法だと思います。学校の勉強などで行ってきた方法ではないでしょうか

声に出して覚える〜耳と口と目を通して記憶する

声に出して覚える記憶術は有効です。この方法は、国語の授業の音読などの影響でいいイメージではないかもしれません。しかし、声に出すことは明らかな効果があります。

声に出して覚える過程は以下の通りです。文字は目を通して見ます。そして見た文字を、口を使って声に出します。さらに、出た声は耳に入ってきます。人間にとって重要な器官を三つも利用するのが、この声に出して覚える手法です。

黙読と比べて、脳がより刺激されることがわかります。この方法は、私が受験生のときにはよく活用していました。本当に覚えやすい記憶術なので、おすすめです。

書き出して覚える〜指の先の神経を刺激して覚える

書き出して覚えることは、多くの方が使っている主流な記憶術ではないでしょうか。先ほどと同様に、書き出して覚える記憶術を見てみましょう。

書き出して覚える方法では、目で見て、手で書きます。手の指には多くの末梢神経がとおっていて、脳に刺激が伝達されることで記憶に定着しやすいといえます。

この記憶術で注意をしたいのが、書くことが目的になることです。とにかく書くことに意味があるのではなく、一回ごとに書いて覚えることを意識するのが重要なのです。

体を動かしながら覚える〜脳を活性化して記憶を定着させる

体を動かしながら覚えることは効果的です。近頃、立った状態で会議をする会社があります。ビジネスマンは座ることが多いので、立つことで血流の巡りが良くなるのです。

その結果として短時間で集中する際に効果が発揮されるので、活用されています。これは、記憶術にも当てはまります。運動することで、脳が活性化されます。特に歩きながら覚えることはもっとも導入しやすいでしょう。

変わり種では椅子を一時的にバランスボールに変えることが挙げられます。常に不安定だと難しいので、時々取り入れるのもいいでしょう。

また運動前に軽いストレッチや運動をすることや、気分転換に散歩を行うことなども記憶の定着には最適です。

人に教える・伝えることで覚える〜記憶の基本はアウトプット

人に教えることも記憶に定着しやすい方法の一つです。学生時代には、友達同士で問題を出し合った経験がある人も多いと思います。

このような形式で、家族や同僚などに頼んで、暗記することも考えられます。選ぶ相手は覚える内容を全く知らないことがほとんどでしょう。

その場合、丁寧に説明することが求められる環境であり、適度な緊張が生まれます。そして、暗記する内容が頭の中で整理されます。そうすることで、よりいっそう記憶の定着が期待できます。

タイトルとURLをコピーしました