リスキリングを通じてスキルアップを図る方法

はじめに

スキルアップは仕事を通じて
スキルアップは仕事を通じて図ることができる

スキルアップは、仕事では次の能力を向上させることとして捉えられています。これらの能力を総じてスキルアップを図ると考えられています。

  • コミュニケーションスキル
  • ロジカルシンキングスキル
  • 自己管理スキル
  • プレゼンテーションスキル
  • ITスキル
  • マネジメントスキル
  • 課題解決スキル
  • ポータブルスキル(積極性、真面目などの普遍的なスキル)

やはりスキルアップを考えている人は、今やっていることを磨きたいと思うものです。その多くは仕事に関係しています。日々淡々と仕事をするだけの人と、目標やスキルアップを意識している人とでは、数年のうちに差がでることは明らかです。

DX時代に学ぶべきリスキリングとは

そして、DXが進む今、注目されているのがリスキリングです。リスキリングとは、学び直しという意味ですが、主にDX(デジタルトランスフォーメーション)に関連するスキルです。それらは以下のようなスキルです。

  • IT関連の基礎知識
  • AIなど先進技術の知見と探求心
  • データ蓄積、分析能力
  • UI/UX思考
  • プロジェクトマネジメント思考

DXやリスキリングの取り組みは、勤めている会社によっても異なります。個人のスキルアップやキャリア形成に関心が低い会社と高い会社では、将来、大きな違いを生み出すと考えられます。

もし、あなたがこれから仕事を通じてスキルアップを考えるなら会社の状況を客観的に判断して、必要に応じて転職するのも方法です。リスキリングやキャリアアップを支援する会社には以下のような教育プログラムを持っています。

リスキリングの研修・教育プログラムがある

リスキリングの研修や教育プログラムは会社の業務を遂行するために個人のスキルを向上させる取り組みです。大きな会社では人事部などが中心に行います。新人研修、管理職研修などが代表的で、コミュニケーションスキル、個人情報保護、IT技術研修などを設けている会社もあります。人事カウンセリングなど、キャリア形成に関する取り組みをしている会社も少なくありません。

リスキリングによる資格取得支援制度

企業での資格取得支援制度は、特定の資格を取得するために会社が補助金を出したり、資格取得のプログラムを設けている制度です。一般的には仕事に関係する資格ですが、会社によって語学力やその他の資格など、直接仕事に関係ない資格取得を支援している会社もあるので、就職や転職の際にはチェックしておきたい項目です。DX社会では次のような資格が有望視されています。

■おすすめ関連記事
リスキリングでAIエンジニアやデータサイエンティストになるには

OJTによる指導制度

企業の大小に関わらず、多くの会社で見られるスキルアップの制度です。OJTとは、「On the Job Training」の略で業務を通じて必要なスキルを身につける制度です。専任のメンターがつく場合もあれば、所属部署の上司が指導にあたる場合があります。

こうした会社の見極めはトップの考え方やマネジメントに関わってきます。「組織の意識改革〜トップから変化することが大事」の記事でトップの行動について述べていますので、転職を考えている方は参考にしてください。会社の方針を判断する指針になります。

でも、リスキリングに関しては新しい概念なので、OJTで身につくかどうかは、まだわかりません。自分で学び直しを考えているならオンライン型プログラミングスクールでスキルアップ!の記事を参考にしてください。

副業を通じてスキルアップを図る

副業には専門的なスキルを高めてゆくストック型と今あるスキルを生かすフロー型、そしてお金や不動産などの資産を活用するオペレーション型があります。詳しくは「副業の種類【ストック型・フロー型・オペレーション型】」をお読みください。リスキリングで身につくスキルは、生涯使えるストック型です。

副業でスキルアップ
好きな時間に働ける副業もある

おわりに

リスキリングによるスキルアップ方法や各種情報をまとめました。あなたが勤める会社はリスキリングを進めているでしょうか?もしその気配がないなら自らリスキリングによるステップアップを図ることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました