リスキリングでキャリアアップ!目指すべき職種と資格がわかる!

リスキリングでビジネスマンが学ぶべきこと
リスキリングでビジネスマンが知るべきは課題解決とデジタルだ

はじめに

リスキリング(Reskilling)とはDX時代に生まれる新しい職業に就くため、または今の職業で必要とされるスキルの変化に適応するために、ITやAIに関連するスキルを獲得することです。端的にいえばび直しです。

個人的な視点から見るとDX時代のキャリアアップにかかせないスキルを獲得することです。

特にデジタル技術が進み、産業構造の急激な変化が起きている多くの業界においてITに関するリスキリングは急務とされています。経済産業省も日本企業に対して新たなスキルや知識の習得を推奨しています。

本原稿では、ビジネスパーソンの若年層に向けて企業が求めるリスキリングを自己学習の観点から説明します。

企業がリスキリングで求めるのはデジタルスキル

日本でいわれているリスキリングは、つまるところデジタルスキルに関わることです。デジタル社会では、すべての国民が役割に応じた相応のデジタル知識や能力を習得する必要があるとされています。そして、ビジネス社会で考えられるリスキングによる人材像は次の2つです。

  • IT製品・サービスを提供する企業の人材
  • デジタル技術を活用して競争力を向上できる人材

IT製品・サービスを提供する企業とは、開発系のデジタル企業に思われがちですが、ITを使ったサービスはあらゆる産業に及んでおり、まさに自分ごととして捉える必要があります。

また、デジタル技術を活用して競争力を向上できる人材とは、プログラマーなどの専門的なエンジニアはもちろんのこと、アプリケーションの特徴などを把握して、活用できる人材も含めます。

法令や特許などにも関わるので、新しい知見習得もリスキリングといえるでしょう。

そして、リスキリングに関わるキーワードとして注目すべきがDXの推進です。

■おすすめ関連記事
リスキリングでAIエンジニアやデータサイエンティストになるには

DX時代のリスキリングでキャリアアップできる職種とは

DXを単なる流行や取引先対策と考えるのではなく、組織変革として受け止める企業が時代に応じて進化をとげる企業といえます。

それだけにあなたが勤める企業がDXに取り組むことを宣言しているなら、変革のためのマインドセットと新たなスキルの獲得が必須になります。そのベースになるのがリスキリングです。

では、DX推進人材の概要について説明しましょう。これらは、リスキリングによって獲得すべき職種として考えられます。

ビジネスアーキテクトとは

ビジネスアーキテクトとは、ビジネスの視点からデジタル技術の導入時に全体設計ができる人材のこと。要件定義からビジネスシーンにおけるアウトプットまで行います。例えば、戦略的な課題からすべきことをまとめて、システム化できる人のことです。

データサイエンティストとは

データサイエンティストとはビッグデータから新しい知見を導き出し、価値を創造する仕事です。統計や分析などの知識がありAIを活用できるスキルが必要とされます。統計学×エンジニアのイメージですが、最近ではさまざまなアプリケーションが登場しているため、それらに精通し、課題に対して組み合わせができる人材もデータサイエンティストとして見られています。

AIエンジニア・オペレーター

AIエンジニアと書いていますが、ITシステムを実装やそれを支える基盤の稼働を実現できる人材です。デジタル技術を理解しておりそれらを業務ニーズに落とし込むことが業務になります。

セキュリティスペシャリスト

サイバー攻撃による社会的な脅威が増大しています。ITシステムをサイバー攻撃の脅威から守るセキュリティ専門の人材です。国家資格としては情報処理安全確保支援士があります。資格にはマネジメント系とエンジニア系があり、スペシャリストとして業務を行うには両方の取得を目指します。

UI/UXデザイナー

UI(ユーザーインターフェース)とは、サービスやプロダクトとユーザーの接点を表す言葉です。そして、UXとは、製品やシステム、サービスなどの利用を通じてユーザーが得る体験を表す言葉です。UI/UXデザイナーは顧客との接点に必要な機能とデザインを検討し、システムのユーザー向け設計を担います。

企業におけるリスキリングの機会とは

日本では、長年、OJTなどを通じてキャリア教育を行ってきました。しかし、DX推進においては、社内で教育できる人材がいないケースがほとんどではないでしょうか。

確かにオンライン教育などを通じて、機械学習やプログラミング、サイバーセキュリティティなどを学ぶことはできますが、費用をかけられる企業は限られています。となるとITリテラシーなど企業内で学べることは限られることが想定されます。

逆説的にいえば、自らリスキリングに取り組める人は変革期の社会で高いニーズに対応できる貴重な人材になれるといえるでしょう。

リスキリングの意味を取り違えてはいけない

リスキリングを「学び直し」と捉えて、個人の関心ごとや職業に関連することを改めて深掘りすると考える人がいます。

また、職を離れて学び直すことを前提とする人もいます。昨今いわれているリスキリングとは、冒頭でも述べた通り、デジタルスキルを高めることと理解すべきです。DX時代の人材戦略に乗ることなのです。

さらにいうなれば、デジタルスキルを持つだけでなく、それを使って新たな価値を創造することだと考えてください。

リスキリングで学ぶべきマインドセットとは

本原稿では、リスキリングはデジタルスキルを学ぶことと定義しています。プログラミングやクラウドサービス、セキュリティマネジメントなどを学ぶことが落とし所になります。しかし、その大前提を理解してマインドセットすることが最初の一歩です。

それは「世界が変わる」という認識です。DXが進む社会で必須といわれるのが次のスキルです。

  • デジタルリテラシー
  • ダイバーシティのコミュニケーション
  • プログラミングなどの技術
  • 問題を発見し、解決するスキル(デザイン思考・ロジカルシンキング)

特に4番目の問題を発見し、解決するスキルは自分から考えて行動する内発的動機が必要とされます。それは、自分のあるべき姿を描く、歩みたい人生を想像する、人生をかけて取り組むべきことを持つという自律的な動機が支えとなります。

上司にいわれたから、給料が上がるから、周りがやっているからと外部からの影響を受けた動機では続かない可能性があります。

持つべきは自分のライフビジョンとキャリアビジョンなのです。それに基づいたリスキリングは継続的にできますし、変更や修正もそれに基づいて行うことができます。

キャリアアップのためにリスキリングで取得すべき資格とは

ここではリスキリングで取得すべき資格を紹介します。もちろん、全てを取得するという意味ではありません。自分が目指すべきポジションや仕事によって必要なスキルアップに役立てればよいと考えましょう。

これから期待できる仕事について「デジタル界隈が熱い!注目される新しい仕事30選!」でまとめいますので、ぜひご一読ください

おすすめ記事▷リスキリングによるDX時代のデジタル人材育成を解説

まとめ

デジタル社会のリスキリングとはデジタルスキルを高めることである一方、新しい価値を創造するという着眼点が必要になります。そこにキャリアアップのチャンスがあります。

リスキリングで目指すべきポジションは、ビジネスアーキテクトやAIエンジニアなどのエンジニア系と、それぞれの事業をデジタル化できる発想に関わる部門で活躍できるマネジメント系になります。

タイトルとURLをコピーしました