労働力はシェアするのが一番!!会社だけだと損!!

労働力とは

労働力って?

労働とは、物品やサービスなどの生産物をつくるために使う人間の能力のこと。

人間が自己の内部に存在する肉体的・精神的能力を用いて、目的意識的に外部の自然に働きかける。

それによって生活手段や生産手段などを人間に役立つように変化させる活動ともいえる。

つまり、労働力とは、その生産目的に費やされる人間の精神的・肉体的な諸能力だ。

労働者は労働力を売って賃金を受け取る。労働力のある人とは、効率よく何かを生産したり提供できる人のことを指す。

労働力を認められるには、一般的には、自分が受け取る給料の何倍もの利益を出す必要がある。

あなたの労働力は会社だけのシェアでいいの?

会社にとって、あなたの労働力は重要だ。それも、ただ効率よく作業するということではなく、付加価値のある労働生産性を高めていく必要がある。

しかし、せっかく持っている労働力を会社にだけ使うのはもったいない。

まずは、会社の仕事内容、環境を見直して、無駄な作業やすぐに改善できる点はないか、時代にそぐわない古い規則に縛られていないか、確認しよう。そして、あなたの労働力を会社以外でシェアできないか考えてみるのだ。

同時に、自らの仕事は、賃金以上の働きで、会社や社会に貢献しているか、見直すべきだ。

労働は、人間が自己の内部に存在する能力を用いて、目的意識的の外部に対して自然に働きかけることによって生活手段や生産手段などを人間に役立つように変化させる活動だ。日々、その事を忘れないよう、労働力を効率的に使っているか、問いかけ続けよう。

労働力もシェアがいいかも

労働力があれば、休みの日であっても有意義に過ごすことができる。むしろ休むときのほうが労働力は必要だ。

なぜか?

あなたは、休日に掃除をしたり、洗濯をしたりすることがあるだろう。せっかくの休日なのに。それでいいのだろうか。

まず、あなたは休みの日に何をして過ごしているのか俯瞰してみよう。楽しみに費やしているか、労働に費やしているか?

自分の一日を書き出した時に、目をそらしたくなるような一日であるなら、見直すべきだ。

今やさまざまなシェアリングサービスがたくさんある。家事代行などもそのひとつだ。

まずは、休日に一番やりたいことは何なのか、メインの活動を決める。次に、それが労働であるなら、シェアサービスを利用できないか考えよう。

サービスを活用すれば、あなたの休日はとても有意義になるはずだ。

考えるのは、好きな活動をする状態に整えるためには、何をすればいいのかだけとなる。

もしあなたが休日になにもすることがなければ、労働力を発揮してみよう!ここで重要なのは前日だ。

労働力を発揮するには、その前段階が重要になる。提供できるシャアサービスを探すのだ。

そして朝、余裕を持った状態で起床し、先にちょっとした雑務を終えてから、誰かのために労働力を発揮しよう(自分の労働力をシェアする)。

それらを終えた後、恐らく貴方はしばらく興奮状態だ(たぶん)。非日常的な労働をしたからに他ならない。

日常に戻るため、軽いウォーキングや読書をする。これは歩くことや本を読むことが目的ではなく、あくまでも副交感神経を優位にするための手段だ。

そして、リラックスした後、貴方は床に着くのだ。きっとぐっすり眠れるだろう。

▶︎オンライン研修でイノベーションを起こす方法

▶︎これであなたの営業力がアップする

タイトルとURLをコピーしました