就活スキルを高めよう!無料サービス登録は必須!

就活スキルとは
就活スキルを上げるには無料サービスの利用が一番

就職活動は、情報集めがファーストステップ

就活スキルのアップに役立つ無料サービスを紹介します。就活で重要なのはたくさんの情報を集め就活スキルを高めることです。しかし多くの情報を集めるといっても、どのように集めればいいのでしょうか。

答えは簡単です。情報が自然と集まるような仕組みを作ることです。 

あなたは就活で自らたくさん検索などしていませんか? 企業情報を調べるだけでも膨大な時間を費やしているのではないでしょうか。 

最終的にいろいろな情報を吟味するのは自分自身でやったほうが賢明です。でも、数千数万もの企業の中から自分にぴったりのものを選ぶというのはかなり厳しい。 

大学のキャリアセンターや就職課に相談するのを基本とすれば、就活の無料サービスを利用するのは応用です。 

就活サービスでは、その道のプロがサポートしています。登録すればさまざまな情報をも手に入ります。 

そうした情報を精査することで、就活そのものに慣れます。それが就活スキルの向上につながります。就活が忙しい時期に情報集めをするよりも少し余裕のあるうちに情報を集めるのが理想です。 

もし、就活に出遅れたと思ったらどうすればいいのでしょうか? そうした学生こそ無料の就活サービスを利用して効率的に就活すればいいのです。

この記事では文系から理系までさまざまな就活サービスを紹介しています。ぜひ、あなたの就活にお役立てください。 

無料で使える就活サービス情報

DODAキャンパス

登録学生は878,000人!「自分に合った企業と出会える」オファー型就活サイト。

プロフィールを入力すれば、企業の採用担当者から早期インターンや特別な採用オファーが届く、逆求人型就活支援サービスです。

無料登録▶︎▶︎▶︎dodaキャンパス

就活ノート

就活ノートは就活生が感じるリアルな就活情報の提供で多くの学生が登録しています。

特にES、選考、試験問題の対策には必須といえるサイトです。1000社を超える企業の通過ES実例は必須。面白い就活エピソード系コラムも人気です。

無料登録▶︎▶︎▶︎就職活動中の就活生がつくるリアルな就活情報・選考レポート【就活ノート】

OfferBox<オファーボックス>

OfferBoxとは、企業が興味を持った学生にオファーする就活サイトです。学生は、OfferBoxに自分のプロフィールを登録するだけ。

適性診断AnalyzeU+を無料で受けられ、適性診断の結果をもとに、自己PRをさらに磨くことができます。★利用企業数 11,400社以上(2022年7月時点の実績)

無料登録▶︎▶︎▶︎OfferBoxで適性検査

エンジニア就活

「エンジニア就活」はITエンジニアに特化した就活ナビサイトです。

ITエンジニア職に興味がある、または志望している大学生・大学院生に絶賛おすすめ中です。なぜなら未経験OKの求人掲載が多数あるから。

無料登録▶︎▶︎▶︎未経験からハイスキルまで【エンジニア就活】

TECH-BASE Engineering

「TECH-BASE Engineering」は、就活生が無料で受講できる就活スクール「TECH-BASE」の1コース。

「TECH-BASE」の累計受講者数は5,000人超、参加者の満足度も94%以上と高評価で、卒業生は「NTTデータ経営研究所 」などを含む人気企業をはじめ有名企業への内定者を多数輩出しています。

無料登録▶︎▶︎▶︎理系学生のための就活スクール【TECH-BASE Engineering】

就活のスキルとは自己表現が基本

就活のスキルとは、大きく二つに分けることができます。それらは、応募書類を書くスキルと面接を突破するスキルです。その二つのもとになるのが自己分析です。自己分析では、今までの人生の中で自分が体験したことの自己ピーアール部分を明確にすることです。 

就活スキルとは 

  • 応募書類を書くスキル 
  • 面接を突破するスキル 

端的に説明すると就活スキルとは応募書類の書き方、面接の仕方となります。 

応募書類とはエントリーシートと履歴書や経歴書です。これらの書類に関しては、大学のキャリアセンターや各種就活サービスを利用することで見本を手に入れることができます。 

また面接を突破するスキルは模擬面接を繰り返すことでその力をつけることができます。模擬面接は大学のゼミや先輩、キャリアセンターのサポートを受けることで経験できます。

就活サービスを提供している会社でも面接のポイントなどがサイトでわかります。 

自己表現を意識する

大学や就活サービスのサポートを受けるとしても、就活スキルの基本は自己表現です。文章にするには自己分析をして、本質的に自分が何を得意として何をやりたいのかという軸を作ります。 

自分がやりたいこと得意とすること、それが分からない人は、会社ではなく職業を決めます。経理事務、営業、顧客サポート、クリエイティブなどのジャンルでも構いませんし、

税理士、会計士、プログラマー、コーディネーター、アドバイザーなどの職種名でも構いません。そしてそれらについて仕事内容を把握し自分がどのように将来それらの仕事をしてゆくのか具体的なイメージを作ります。それに向かう努力のが就職活動になるのです 。

イメージして活動することはビジネスであっても自己表現です。自分がやるべきことしたいことをできるだけ具体的にします。 

そのためには目標を設定することが大事です。資格取得でも構いませんし、起業や独立を目標にするのもありです。 

もちろん会社に就職することが前提ですので会社の中でチームを任されるポジションに就く、新規事業を立ち上げる、新商品を開発する、経営陣に加わるなどの目標を自分の中で明確にします。 

明確にすることによって自分のやるべき事が決まってきます。 

ボイストレーニングや演劇の訓練で身につける

自己表現を第三者に伝えるには、声、表情、身振り手振り振り、マナーななどがスキルとしてあげられます。

そうしたスキルを高めるためにはボイストレーニングをしたり演劇を学んだりあるいはマナー教室に通ったりする方法があります。 

対外的なスキルアップするには時間がかかります。そのためには遅くとも大学3年生ぐらいから練習する必要があります。 

ちょっと時間かけられないという人は短期的な集中講座を受けるのも一つの手です。

就活スキルは体験や経験をもとにするのがポイント

就活スキルはそれ自体を伸ばすことだけではなく、経験したことを表現するというのも大きなポイントになります。 

アルバイト先でリーダーになった経験や大学のpblに参加したこと、あるいはインターンなどを通じて実務を行ったことなどを軸にします。 

強調すべきはそれらの経験をもとにどのようなスキルが身につきどのような影響を周囲に与えることができたのかということです。 

企業が求めている人物像は自主的に考え動き行動することができる人です。課題を発見しそれを解決する手立てとアクションが起こせる人なのです。 

規模の大小に関わらずあなたがアルバイトやインターンあるいは大学生活などで身につけたこと、経験したことの中に規模が小さくてもいいので何か問題解決に繋がったような経験や体験をPRします。 

まとめ

就活スキルを向上させる方法をまとめると以下になります。

就活スキルのアップには無料サービスを活用する
就活スキルを明確にする(書類作成とめんせつ)
就活スキルの本質を理解する
就活スキルの基本を高めるトレーニングをする

タイトルとURLをコピーしました