PR

内定獲得のために就活前に知っておきたい11項目

就活をスムーズにするための11の基本項目
スポンサーリンク

はじめに

本原稿は、これから就活を始める学生にむけて、内定を獲得するために事前に知っておきたい項目を端的にまとめた内容となっています。ひと通り目を通すことで、就活をイメージできるように構成しています。

就活情報に関して補助的に登録すべきサイトを以下の原稿にもまとめていますので参考にしてください。

就職活動に役立つアドバイスの受け方

就職活動に必要なアドバイスとは
就活では多くの人の意見を参考にしよう

就職活動を始めるのであれば、何もアドバイスが無いまま活動するよりもアドバイスがあった方が随分と心強いはず。学生であれば学校によっては、アドバイスを受けられる場を設けてくれることもあるでしょう。

アドバイスが受けられる機会

  • 地域や企業が開催する就職支援セミナー
  • 就職活動を支援するためのホームページで就職者の声
  • 企業で採用を担当している人や就職活動を数年前に経験している新社会人
  • 出身校のOBやOGから現場ならではのアドバイス

就職活動の成功に役立つアドバイスは、様々なものがあります。準備期間中に対してのアドバイスと就職活動先とコンタクトを取る際のアドバイスが大変役つので利用しましましょう。

アドバイスを得るための事前準備

就職活動の準備をするためには、まず自分について掘り下げて考えることをおすすめします。そのためにチェックしたいのが次の項目です。自分を知らなければ就職活動はできませんね。

  • 今後の人生でどういったことをしたいと思っているのか
  • できることは何かを突き詰めて考える
  • 就職をすることで自分がしたいことは何なのか
  • 明確にこの仕事につきたいという理由
  • 希望職種で自分ができること

希望職種についている人のアドバイスは、就職活動を成功させるための指針になります。自分がしたいことできそうなことは何かを、希望の業種が決まっていない人は知ることが第一です。自分ができることと似たジャンルへの適性を持つ人からアドバイスがもらえれば、就職活動に活かすことができるでしょう。

就職活動の準備は自己分析と企業分析から

就職活動の準備は自己分析と企業分析
自分も企業も客観的に知ることが大事

就職活動をする場合、どのような準備があるとおもいますか。どんなことに着手すればいいかわからない人は、自己分析や企業の情報収集からはじめましょう。

自己分析のポイントは次の通りです。

  • 現在に至るまでに自分がやってきたことを振り返る
  • 得意な点や弱点を箇条書きにする
  • 価値観や自分の興味のあることなどを把握する
  • 自分の能力を活かせる企業をリストアップする

現在に至るまでの間に自分が取り組んだことは何か、それは自分にどんな影響を与えたかなど、印象の強いものから振り返りましょう。何が得意で、どんな思考をしているかがわかれば、それに基づいて仕事を選ぶ時の方向性を明確にできます。

自己アピールやエントリーシートの文面作成に役立つ

自己分析をきちんとしているほうが、自己アピールやエントリーシートの文面作成がスムーズにできます。

企業についての情報収集は、就職活動を成功させるためには、とても大事なポイントです。その中でも意外に見過ごしてしまうポイントをまとめました。

  • 今まで接点がなかった企業でも深く調べる
  • 仕事への興味と、働いてみたい企業にギャップはあるか
  • 調べていて気になる企業が見つかった場合メモを取り後で調べる
  • 気になる企業の競合企業のことを詳しく調べる
  • 採用されたいと思うようになった理由を言語化する

企業情報は重要です。準備の段階で自分のことを捉え直しつつ、就職を希望する企業のことを詳しく知ることが、大切なポイントと言えます。

就職活動中にすべきこととは?

就職活動中にしておきたいこと
企業説明会はさまざまな形式で行われるので場数を踏むことが大事

効率良く就職活動を行うためには、どんなことをすべきなのか、注意すべきポイントを説明します。就活に取り入れたい方法にもなっています。

企業説明会とは

企業側が学生や求職者を求めて企業概要や募集要項などを説明する機会です。稀ではありますが、企業によっては、企業概要の説明だけでなく、覆面面接や筆記試験に変わるようなことをする場合もあるので、筆記試験を同じ日に行うつもりで準備しておきましょう。

OB訪問とは

OB訪問は、就職活動には欠かせません。企業が採用したいのはどんな人か、社内の空気感はどのようなものかを、OBの話を聞くことで社会人の空気をじかに感じられます。OB訪問をするときは就職活動の方法を聞くのではなく、企業についての情報収集をすることが大切です。

OBと話すときはきちんとした敬語と自然体で接しましょう。終了後訪問時の態度や印象などが人事部へ報告されると考えた方がベターです。

インターンシップとは

3年生の夏休みなど、就職活動が始まる前にインターンシップを活用するという方法もあります。学生に一定期間職場体験をさせる制度で、大学によっては単位としても認められています。

インターンシップは、企業にとっても採用したい人物かを見極めるいいきっかけになるといいます。インターンシップに参加することで、就職活動に弾みをつけておくのもいいでしょう。

面接対策の情報

面接対策の情報は下記の記事で特集を組んでまとめていますので是非お読みください。

タイトルとURLをコピーしました