簿記3級を副業に活かす方法

簿記を副業で活かす
簿記3級は副業の第一歩

はじめに

簿記には複数の検定試験があります。中でも有名なのは、日商簿記と全商簿記の2つです。

日商簿記は大学生や社会人などの一般向けで、就職や転職においても有利に働くことが多いです。一方で、全商簿記は商業高校の生徒向け。就職や実務というよりも、大学の推薦入試やAO入試の受験資格として重宝されています。

本記事では日商簿記3級を取り上げ、副業に活かす方法を解説していきます。

簿記3級とは

簿記3級とは、ビジネスに必要な経理の基礎知識があることを証明する資格です。具体的には、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえて、経理関連書類の適切な処理を行うために求められるレベルです。業種や職種にかかわらず、ビジネスパーソンとして備えておきたい知識として、多くの企業で評価されています。

簿記3級でできる副業とは

簿記3級を取得したものの、本業ではいまいち役立てられていないと感じている方は、副業でその知識を発揮してみてはいかがでしょうか。専門性の高い分野なので、頑張れば大きな収入源を確保できるかもしれません。本章では、簿記3級を活かせる副業方法を3つご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました