調理師の資格を副業にいかす!食の経験やスキルの活用法

調理師の資格を副業にいかす!
曜日限定で自宅をレストランにするなど、副業は考え方次第
広告
広告

はじめに

調理師は、レストランやカフェなどの飲食店から、ホテルや旅館といった宿泊施設、社員食堂など幅広い職場で活躍できる資格です。1日の拘束時間が長いイメージがある職種ですが、最近では副業の幅も広がっています。今回は、調理師資格に関する基礎知識から資格を活用してどのような副業ができるのかまで紹介します。

副業を始める前に注意点をチェックするなら副業系の読書もおすすめ。amazonには副業本がいっぱい。

キンドル読み放題で30日無料の間に読み尽くしたりメモしたりすれば、お得ですよ。副業で月250稼ぐ國富竜也氏の「副業の思考法」も0円です。

調理師とは

調理師とは、食品に関する知識だけではなく、栄養面、衛生面などの知識を持ち、お客様に安全な料理が提供できるプロのことです。調理師の資格は、調理師法に基づいた国家資格であり、調理師免許取得者以外は調理師を名乗れません。また、調理の経験や知識があれば社会的信用が高くなります。飲食店やホテルでは、コックやシェフなどとも呼ばれます。「自分の料理で人を喜ばせてみたい!」または「自分のレストランを持ちたい」という人が取得することが多いようです。

おすすめ記事▷お店の売り上げアップ!キャッシュレス決済を来店動機につなげる方法

調理師の特徴

調理師になるための手段は、「実務経験を2年以上積み調理師試験に合格する方法」と「厚生労働省が認める調理師養成施設を1年以上通い卒業する方法」の2通りがあります。どちらかの方法で調理師の資格を取得できます。調理師に向いているタイプでは、先ほど紹介した「人を喜ばせたい人」や「向上心がある人」「体力や忍耐力に自信がある人」などがよくいわれます。基本的に長時間の立ち仕事のため、体力や忍耐力は身につける必要があります。

調理師の仕事内容

調理師の仕事内容は、調理をすることだけではありません。食材の仕入れから、新規メニューの考案や衛生管理など食に関する仕事全般に対応しなければなりません。その他の資格と同様ですが、調理師の資格は取って終わりではなく、そこから実際に仕事を通して腕を磨いていく必要があります。また、「専門調理師」や「ふぐ調理師」など調理師資格を取得したあとに、受けられる資格もあり、食に関してより幅を広げることができます。

調理師の資格取得にかかる費用

調理師の資格を取得する手段は2通りあります。1つ目は、「実務経験を2年以上積み調理師試験に合格する方法」です。こちらの受験料は、地域によって異なりますが、6,000円から6,400円ぐらいです。2年間の自習期間が必要にはなるところがポイントです。2つ目の「厚生労働省が認める調理師養成施設を1年以上通い卒業する方法」では、試験自体が免除されます。しかし、専門学校での入学金や授業料が必要になります。一番安価な1年コースであればおおよそ110万円かかります。3年コースになると200万円をこえる学費が必要です。

副業で調理師の資格をおすすめする理由

副業で調理師の資格をおすすめする理由は主に2つあります。1つ目は、調理師を目指す人の大半が料理好きのため、自分の特技や趣味を仕事に生かすことができます。2つ目は、働ける場所は飲食店のみならずホテルや従業員食堂、レジャー施設、介護施設など多岐に渡るため、職場の選択肢が豊富な点です。あなたの好みに合った職場を選ぶことができます。

調理師でできる副業と報酬の相場は?

調理師の資格とは
調理師の知識を活かせばアルバイトでも時給アップが可能

それでは、実際に調理師の資格を活用すると、どのような副業ができるのか?また、働いた場合の報酬の相場はどれくらいなのかを紹介します。職種によって報酬は違うため、相場をふまえて副業の職種を選びましょう。

可能な副業の種類

調理師の副業先として、飲食店などの現場で働くイメージがあると思いますが、実はその他の働き方もあります。今回は、現場で働くケースと違った職種を紹介します。

料理作り置き代行

料理作り置き代行とは、仕事などで忙しい依頼者のために、数日から1週間ぐらいの食事を作り置きして、冷蔵・冷凍保存しておく仕事です。依頼を受けてスキマ時間を利用してできるのがポイントです。

レシピやスキル提供

自分のスキルを販売するパターンで料理のレシピやスキルを提供する仕事です。最近では、ココナラでの出品者が「お子様の喜ぶレシピ」や「野菜をうまく隠すレシピ」などを販売しています。

料理教室

料理を学びたい人向けに教室を開き、料理を教える仕事です。最近では、事前にオンライン料理教室も行われています。スキルのマッチングサービスとして「ストアカ」を利用する人も増えています。

出張シェフ

出張シェフサービスも自分のスケジュールに合わせてできる副業の1つです。レストランなどでの経験が優遇される場合があるので、経験がある方は高額な職種でもありますので挑戦してみてください。

報酬の相場

調理師での一般的な相場は、時給では850円から1,100円ぐらいです。先ほどご紹介した、料理の作り置きですと時給で1,400円から1,800円が相場です。ココナラを利用したレシピやスキルの販売では、500円から2,000円まで幅広く内容によって大きく変わってきます。

料理教室や出張サービスはややハードルが高めな分、報酬設定も高めです。料理教室だと2時間3,000円と仮定すれば、10人の参加者を集めることできれば2時間で3万円の報酬を得ることができます。材料費などの原価分を差し引いても、副収入としては高めの額でしょう。

実際に募集している調理師の副業収入の相場は?

それでは、実際に調理師の資格を活用した副業での収入はどのくらいなのでしょうか。今回は、求人サイトとして有名なIndeed(インディード)とスキルマーケットのココナラの2つで実際、募集されている事例を紹介します。求人サイトとスキル販売のサイトでは傾向が違うため、事前に調べて把握しておくことで仕事の幅を広げることができます。

インディード

インディードでの募集は、飲食店というより、介護施設や学校の食堂などが多く、地域によって異なりますが、時給は950円〜1,500円と幅があります。中でも、老人ホームなどの介護施設は時給が1,200円〜1,500円と高い設定になっています。

ココナラ

ココナラで、多く出品されているのは「料理についての悩み相談」や「今日の献立代行」が主なサービスです。悩み相談は1分100円〜120円が相場で、献立代行ですと内容によって違っていて、1品あたりでは300円〜500円、1回あたりなら500円〜800円とさまざまです。

調理師で副業する際の注意点とは?

最後に調理士の資格を活用して副業をおこなう時の注意事項を2つご紹介します。副業をおこなう前にきちんとチェックをしておきましょう。

体調管理面

おそらく、調理師で副業を考えている方は本業も調理師の方が多いと思います。調理師の労働環境で大変なのは拘束時間が長いことです。また立ちっぱなしの仕事ということもあり、体力に考慮しながら副業をしないと体調を崩してしまい。本業にも影響を及ぼしていまします。副業をするときは無理のない範囲でやりましょう。

勤務先は副業が可能か確認

どんな副業でも、自分が務めている会社が副業OKなのかどうかはチェックしておきましょう。会社によっては、たとえば副業の全面禁止や副業可能な業界を規約で制限しているケースがあります。会社の規約があるにも関わらず副業をしていると、バレたときには職を失うリスクがあります。不要なトラブルを避けるためにも事前の確認をおすすめします。

ネットの開業サービスやオリジナルサイトを作成して集客する

さまざまなサービスを自分で行う副業といえども宣伝は必要です。特にスマホ時代の今はスマホとPCの両方でアピールできるWebサイトは必須。

Webショップやサイトを作成するなら、ネットショップが手軽に開設できるXserverショップや、CMでもおなじみのBASEなどがおすすめの他、スキルをアピールして副業として稼げるココナラなどの利用を考えましょう。

忙しくて時間がない方はコンテンツ制作をまるごと頼めるサブ丸もおすすめです。サブ丸は楽しみワークスの運営会社が制作するので安心できますが料金が事業者レベル。月額77,000円〜なので事業化して本格的に始める際に検討してみたいサービスです。

まとめ

調理師の資格を使っての副業ができる職種は多岐にわたります。ご自身のライフスタイルに合った職種やスキルに見合った仕事を選ぶことができます。また、副業で報酬を得る目的だけではなく、スキルアップのために活用するのも良いでしょう。本業をこなしながら、副業でスキルアップし、将来的にご自身の店を開業するのもよいでしょう。まずは、無理のない範囲から副業にチャレンジしてみることをおすすめします。

おすすめ記事▷お店の売り上げアップ!キャッシュレス決済を来店動機につなげる方法

タイトルとURLをコピーしました