SNSはセルフプロデュースで仕事を獲得する

仕事のスキルアップ
フリーランサーがSNSで仕事を得る方法

フリーランサーがSNSで仕事を得る方法

TwitterやInstagram、You tubeなどをビジネスツールにしているフリーランサーが増えています。目的は大きく分けて2つ、集客とコミュニケーションです。SNSによる集客で仕事が生まれ、クライアントとの連絡でもSNSを用いる人が多くなっているのです。

この記事では、フリーランスの人がSNSでセルフプロデュースを行い仕事を獲得する方法を解説します。

SNSにはどんな力があるのか?

SNSを使った集客のメリットは、気軽に無料で行えること。効果的に情報を発信することで、クライアントから仕事を持ちかけられたり、フリーランス仲間から仕事を紹介されたりと新しい仕事につながります。また、フリーランス仲間が見つかりやすいのもSNSの魅力です。フリーランサー向けの仕事やセミナー、交流会などの情報共有や、励まし合いは、孤立しがちなフリーランサーの支えになります。

SNSは、仕事や人脈をつくる上で実に便利なツールなのです。

SNSによるセルフプロディースとは

フリーランサーにとってSNSは、自分を宣伝できる名刺のようなもの。工夫次第では新規クライアントからの受注も期待できる、セルフプロデュースにうってつけのサービスです。

もちろん企業もSNSで宣伝を行っています。「マーケティングにコストをかける企業には敵わない」と思う人がいるかもしれませんが、むしろ、その逆です。SNSでは、フリーランサーが企業と肩を並べて自分をアピールできます。誰もが情報の発信者・受信者となれるSNSは、企業と個人が同じ土俵に立ってプロデュースを行える、開かれたフィールドです。

では、フリーランサーがSNSでセルフプロデュースをする場合、どんなことに気を付ければよいのでしょうか。

自分に合ったSNSを使う

SNSにはいろいろな種類があります。その中で、自分の仕事やサービスを展開させやすいSNSを知ることが大切です。拡散性の高さや情報伝達の速さ、文章・画像・動画のバランスの良さならTwitter、視覚情報に強く、ポートフォリオのようにも使えるInstagramなど、それぞれの特徴があります。どれか一つに絞り込むのもいいですし、複数のSNSを使い分けることができれば新しい顧客や人脈が生まれる可能性も高くなります。

初心者の方は、まずは各SNSを使ってみて、自分にしっくり来るものを見つけましょう。

SNSを仕事の窓口にする

紙の名刺には、名前や肩書の他に、連絡先も載っていますよね。言うまでもなく、仕事のやり取りをするために必要だからです。SNSによるセルフプロデュースでも同じ。自分に興味を持ってくれた人が仕事を依頼しやすいように、プロフィール欄には連絡先を入れておきましょう。社会的な信頼度も高まります。

電話番号やEメール、SNSのダイレクトメッセージ、ブログなどから仕事の窓口を決め、SNSのプロフィールにアドレスやURLを明記しましょう。

フォロワーを増やす

フォロワー数は、セルフプロデュースの強力な武器となります。フォロワーが多いということは、人々からの注目度が高く、社会への影響力も強いということ。「このフリーランサーに仕事を頼んでみよう」と思ってもらいやすくなります。

フォロワー数を増やすには、どんな仕事をしているのかが分かる情報を、定期的に発信し続けること。過去の実績も、スキルとコミュニケーション力のアピールになります。ただし、著作権に関わる案件もあるので、事前にクライアントに確認しておきましょう。

また、新しいアイデアやスケッチ、作業風景などの画像アップもおすすめ。文字より画像のほうが、即効的なインパクトがあります。

トレンドを意識する

フォロワー数を増やす工夫として、旬な話題を投稿で扱うという方法があります。とはいえ、しっかり論じる必要はありません。話題のキーワードを取り入れるだけで閲覧される可能性が高くなり、フォロワー数の増加にもつながります。

Twitterのホットワードや検索サイトに表示される関連キーワードなどを日ごろからチェックしておきましょう。

SNSで自分のキャラクターづくりを

人気タレントの多くは、「キャラ」を確立しています。キャラクターが固まっているということは、人物像や芸風が分かりやすいということ。つまり、ブランディングができているわけです。

企業の発展にはブランド力が必要不可欠ですが、フリーランサーにもブランド力は大切。事業内容や強み、実績など仕事に関する特徴をアピールするだけでなく、それらも含めて「自分」のオリジナリティーが伝わるようなキャラクターづくりを、以下のポイントも参考にして心がけてみてください。

人となりを知ってもらう

自分のキャラクターを手軽に知ってもらえるのが、SNSのプロフィールです。事業内容や実績、学歴、職歴といった事務的な情報だけではなく、仕事への思いや出身地、趣味、好きなものなども載せれば、より親しみやすくなります。投稿にも、そのようなパーソナルな部分を盛り込んでみるとよいでしょう。

「生産性」「効率」「スキル」などの価値尺度だけが、人を判断する材料ではありません。仕事以外のプライベートな部分、いわば心の領域を開示することで、相手には興味や共感が生まれます。

公私混同をバランスよく

ただ、プロフィールや投稿が私的な内容ばかりだと考えもの。「自分」を出し過ぎると、敬遠する人も多くなります。発信する情報は、仕事とプライベート、どちらにも偏らないようにバランスを大切にしましょう。

コツは、どの発信にも一本筋を通すこと。「こういう仕事がしたい」「こんな思いで仕事をしている」という根っこの部分を意識していると、投稿がぶれなくなります。何を発信すればよいのか迷っているときも、自分の根っこに立ち返って投稿内容を考えてみてください。常に原点を忘れない、ということですね。

プロフ写真はシンプルに

SNSのプロフィール画像は、第一印象になりやすい情報です。できれば、見た人がポジティブな気持ちになれるようなプロフ画像にしたいものです。

注意点は、自分と他人では見方が基本的に異なるということ。自分には面白く感じられる画像も、人によってはピンと来ないもしれません。また、自分にはすぐ分かる画像も、他人には判別しづらい場合があります。

プロフィール写真を決める際は、自分の思い入れを差し引いて、その画像が適切かどうかを検討してみてください。はっきりとした意図や自信がない限りは、シンプルなデザインの画像がおすすめです。

仕事を招き寄せるSNSテクニック

SNSは、情報のやり取りに特化したサービスです。いつでも、どこでも、誰とでも、コミュニケーションを取ることができます。「当たり前だ」と言われるかもしれません。しかし、このSNSの基本特性(いつでも、どこでも、誰とでも)を絶えず認識し、最大限に活用できるかどうかで、フリーランサーの仕事の羽振りは違ってきます。

入口はオープンに

アカウントに鍵はかけず、ダイレクトメッセージをやり取りできる設定にしておくなど、SNSはオープン(プライバシーに差しさわりがない程度)にしておきましょう。また、自分が関心のある人へのフォローや友達申請を行い、プレ人脈を紡いでいくことも大切です。

そして、連絡をもらったときはなるべく早く返信をしましょう。こまめにメッセージに対応することで、社会的な信用度も高くなります。

SNSは昼と夜のゴールデンタイムを意識する

テレビにゴールデンタイムがあるように、SNSにも、一日の中で閲覧者が集中する時間帯があります。21時(夜9時)から23時(夜11時)の間です。仕事や家事を済ませた多くの人が、くつろぎながらSNSを閲覧します。また、12時から13時にかけて、いわゆるお昼休憩の時間帯も、閲覧者数が増えるといわれています。

これらの時間帯を狙って投稿をすることで、より高い宣伝効果が期待できるでしょう。

ブログの更新は、SNSでお知らせ

ブログを運営している場合、更新情報はSNSで告知をすると便利です。TwitterやInstagramに比べて、ブログには敷居の高さを感じる人もいます。熱心なフォロワーでない限り、自分から読みにきてくれる人は多くありません。

そこで活用したいのが、TwitterやFacebookです。これらのSNSで、ブログの更新情報を投稿してみてはどうでしょうか。敷居の低いTwitterなどのSNSを、ブログへの入り口として利用するわけです。

まとめ

TwitterやFacebook、Instagram、You tubeなど、各SNSの特徴を知った上で上手に活用し、仕事につなげていきましょう。

注意したいのは、SNSに引きずり回されないことです。時間や場所にとらわれずに情報をやり取りできる点は、確かにSNSの優れた点です。言い換えれば、人のコミュニケーション能力をサポートしてくれるツールです。

しかしSNSに頼り過ぎると、自分の能力の限界を超えてコミュニケーションが増大してしまうことがあります。SNSに振り回されて仕事が手につかなくなると、本末転倒です。あくまでも自分の仕事のサポーターとして、SNSを使いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました