ビジネスで伝わる文章の構成方法を紹介

売れる文章
ライティングのテクニックである構成を知っておこう

この記事ではビジネスで伝わる文章の構成方法を4つ紹介しています。これを知っていれば、ビジネスのドキュメントからコピーライティング、取材記事、事例紹介記事まで、さまざまなライティングに対応できます。

コピーライティングには形式(決まった構成)があること
伝えたいことが明確な文章構成法【PREP法】
シンプルで書きやすい【SDS法】
起承転結の応用
セールスレターの構成である【PASONAの法則】

はじめに【初心者を抜け出し売れっ子Webライターを目指そう!】

初心者を抜け出し売れっ子webライターを目指そう!
売れっ子になれば収入もアップ。どこでも仕事場になる。

Webライターとして仕事をはじめたとき、初心者であってもできる人はどんどん仕事が増えます。経験を積めば積むほど、実績が増え、ポートフォリオが充実します。

駆け出しの頃はクラウドワークスなどにせっせと応募して、仕事を獲得しなければならないかもしれませんが、しっかり、きっちり仕事を続けていると、そのうち「あなたに書いて欲しいのです!」とのライティング依頼が舞い込むようになります。

でも、バリバリ書いている人や高収入を得ているWebライターに何か秘訣があるのでは? そんな風に思いませんか? そうなんです。秘訣はいくつかあります。その一つがEC商品を爆売りするようなコピーライティングのテクニックである構成(形式)を身につけることなんです。

関連記事▷思わず読みたくなるブログの記事タイトルの法則とは

関連記事▷売り上げアップ!読者を引き込むセールスライティングのコツとは?

文章は構成が重要であり、形式がある

昔から文章の作法(構成)としていわれているのが起承転結です。もともとは漢詩の順として伝わったものが、日本では文章の構成方法として知れ渡るようになりました。ブログなどで自分の自由に書く場合は、この形式でも構いません。

例えば、Webの記事では、別の形式をとったほうがベター。なぜなら起承転結より、PREP法とSDS法の方が、Web業界ではよく知られ、文章構成方法として採用されているケースが多いからです。特にランディングページの記事を書く場合は必須と考えて間違いないでしょう。

伝えたいことが明確な文章構成法【PREP法】

PREP法
PREP法を知っていれば書くべきことに迷わない

PREP法とは企業などのプレゼンテーションにも使われている方法で、文章としても相手にわかりやすく伝える構成とされています。

P=Point(結論)

R=Reason(理由)

E=Example(事例、具体例)

P=Point(結論を繰り返す)

PREP法を実践的に書く

なんとなくわかるかと思いますが、では具体的に書くにはどうすればいいの?になるのではないでしょうか。以下に例を挙げて説明します。文章はあえて短くしています。

●P=Point(結論)

“本記事では、初心者のwebライターが仕事を得るために準備すべきことを紹介します”

●R=Reason(理由)

“ここ数年、副収入を得るためにwebライターを目指す人が増えているからです。”

→「webライターを目指す人が増えているから」記事を書きますというのが理由です。

別の表現方法として接続詞でつなげると以下のようになります。

“なぜなら、なんの準備もなくwebライターを始める人がいるからです。”

●E=Example(事例、具体例)

“でも、Webライターをやってみたい、始めたばかりの人の中には「Webライターに準備はいるの?」「クラウドソーシングでなかなか仕事を得ることができない」「書くことに自信がない」と思われている方もいるでしょう。”

●P=Point(結論を繰り返す)

“本記事では、そうした方々にも読んでいただきたいと考えています。”

PREP法をもっとわかりやすく単純化すると以下のようになります。

P=Point(結論):私はリンゴが好きです。

R=Reason(理由):甘酸っぱくて美味しいからです。

E=Example(事例、具体例):そのまま食べてもいいですし、ジャムにすることもできます。

E=Example(事例、具体例):だから私はリンゴが大好きです。

冒頭の文章には、Webライターが具体的に増加しているデータを入れたかったのですが、引用できる統計情報はありませんでした。クラウドソーシングの登録者数でもいいかと思いましたが、市場規模を示す方がインパクトを感じると考えたのです。

タイトルとURLをコピーしました