FIREとは経済的な自由を手に入れること

アーリーリタイア
蓄財して経済的な自立を目指すFIREが注目されている

はじめに

本原稿はアーリーリタイアと最近よく目にするFIREの違いについて説明しています。

アーリーリタイアは、その言葉の通り、早期退職を意味します。例えば65歳定年の会社で60歳で退職するなどですね。

FIREとは「Financial Independence, Retire Early(経済的自立と早期リタイア)」の頭文字です。中高年における早期退職、いわゆるアーリーリタイアとFIREは少し考え方が異なります。

アーリーリタイアとは定年前に引退すること

アーリーリタイアは早期退職
65歳より前に仕事を引退して、残りを余生とするのがアーリーリタイア

アーリーリタイアはなぜ、行われるのでしょうか? 実は、日本では昭和初期から55歳定年がずっと続いていました。今では信じられませんが、かつては、55歳からの余生が当たり前だったのですね。

それが1980年代になり60歳定年が努力義務になり、1990年には定年後の再雇用が義務化。

1998年に60歳定年、2006年には65歳定年がそれぞれ義務化されました。そして2021年4月からは定年70歳が努力義務となりました。

かつての定年の年齢が、現在ではアーリーリタイアの年齢といえるのではないでしょうか。昨今、あらためて早期退職がいわれているのは、日本経済のバブル期(1988~1992年)に大量採用された世代が50歳代になり、アーリーリタイアが射程圏内に入ったからです。

セミリタイアとアーリーリタイアの違いは?

セミリタイアとは、早期退職、または引退した人が何らかの仕事をしながら余生を過ごすこと。

セミリタイアで得る収入は生活の基盤というより、余暇を楽しむため、人生を充実させるために使われることが多い傾向にあります。

一方、アーリーリタイアは仕事から完全に離れた暮らしが前提となります。会社勤めをしていなかったり、経営から退いたりすることです。

セミリタイアの意味合いは、会社の定める定年より早期に退職した人なので、およそ65歳以前に会社をやめた人、あるいは事業を引退した人が対象になると考えられます。

FIREとは40歳で経済的な自立をすること

FIRE
FIREして残りの人生を自由気ままに過ごしたいと考える人が増えている

今の20代、30代が目指すFIREとアーリーリタイアは意味合いが異なります。

FIREの場合は経済的な自立を目指すことで、できるだけ若いうちに蓄財すること、または会社以外の収入を得る方法を確立することです。

その目安として、年間支出の25倍の蓄財と運用益4%目標が存在しています。これは、FIREを実現するための一つのセオリーとして「年間支出の25倍の資産が必要」との考えに基づいています。

では、なぜ25倍なのか? 25倍とは25年間を意味します。生命保険文化センター「生活保障に関する調査」(令和元年度)によると老後資金を使いはじめる年齢の分布では「65歳」が39.7%と最も多く、次いで「70歳」「60歳」の順となっています。

一般的に老後が始まるのは65歳であり、65歳になると誰もがFIREなのが日本の現状なのです。しかし、若者がいうFIREとは、65歳に到達する25年前、つまり40歳でアーリーリタイアすることなのです。

この年齢に達するまでに目標金額を達成すれば、あとは年金生活へ移行するまで安泰という考えです。もちろん、人によって現役引退の年齢は異なりますし年金額も異なるで一概には正解とはいえません。

仕事をやめても国民年金や健康保険料は納めなければなりません。しかし、40歳でFIREというのは、生活スタイルによっては、無理ではないイメージもあります。

FIREの目標金額は7500万円

年間の支出を300万円とした場合、その25倍が7500万円です。200万で生活できるなら5000万円となります。150万円なら3750万円です。

2020年の総務省「家計調査」によると、2人以上の勤労者世帯の消費支出は1カ月平均305,811円。これは全国平均です。

もっとも支出が少ないのは沖縄で22.61万、最も多いのは関東の32.18万円となっています。その他、東海は30.65万円、近畿は28.96万円、中国は29.7万円、四国は28.24万円となっています。

世帯主の年代別では、30歳未満が25.7万、70歳以上が25.5万円で全体として低い金額となっています。もっとも多いのが50歳〜59歳で33.86万円です。

このように考えるとアーリーリタイアやファイアー後の年間支出300万円を基準とし、その25倍である7500万円を目標にするのは、ある意味妥当な数字です。もちろん、上記のように5000万円、3750万円というのもありでしょう。

資産を特別に運用しなくても物価上昇率を考えなければ25年は生活できる金額です。

7500万円を運用して年間300万円を得ることの意味とは

7500万円を蓄財したとしても、使って生活していればいずれは無くなります。しかし、株式投資や不動産投資で元本である7500万円を4%の利率で運用すると年間の運用益は300万円になります。※税金は計算に入っていませんので、その点は注意が必要です。

ちなみに5000万円を同様の4%で1年間運用した場合は、1,593,700円(税引き)、3750万円の場合は、1,195,275円(税引き)となります。※定期預金 利息シミュレーションで計算

300万円で生活できるスタイルを確立していれば、元本が目減りすることはありません。これがFIREを目指す人のひとつの目標になっているのです。

まとめ

アーリーリタイアとは会社などを完全に引退して余生を過ごす全般的な方法。

一方、FIREとは、40歳のリタイアを目指し、その後は年金を受け取る年齢になるまで資産を運用して生活することです。

もっともFIREは社会的な束縛を受けずに生活する経済的な自立するの意味が強いので、日本では必ずしも引退に相当する言葉ではないのですね。アーリーリタイアやFIREを実現する七つ知識とはでも詳しく説明しているのでそちらもぜひお読みください

タイトルとURLをコピーしました