心理学部の選び方〜大学入学前に調べておきたいこと〜

大学生のスキルアップ
心理学部の選び方
心理学でも大学によって学ぶ内容が異なる

はじめに 心理学の専門家になるのか、人生に生かすのか

なんとなく心理学に興味のある人から、真剣に心理学を学びたい人まで、大学への進学で心理学部、または心理学科を選ぶ人の目的は多種多様ではないでしょうか。

かくいう私の場合は、どちらかといえば、前者でありながら、自己肯定感が低いことをなんとかしたいと思い、大学で心理学を学ぶことにしました。

自分の偏差値と学費と相談して決めた大学ではありましたが、そんな選び方でよかったのかな?と疑問に思うことが今もあります。そこで心理学を学ぶにあたってどのようなことを調べれば良いのか記してみたいと思います。

勉強したい心理学のジャンルを知ろう

大切なのは自分が学びたい心理学のジャンルを決めること

心理学といっても様々な専門分野があります。それらは相互に関連しているように見えても、考え方や方法論の違いがある場合も少なくありません。「フロイトやユング」などの「有名な理論を学んでみたい!」と思っても、最新の学説や研究の方が、本当に学びたい内容に近いかもしれません。

そのためには、まず、心理学を俯瞰して見ることがおすすめです。大学へ入学する前に、偏差値だけで進学する大学を決めてしまうと入学後「これは違う!」と感じるととてももったいないからです。

特に心理学を学ぼうとする学生さんはナイーブな方が多く(実感です)、ともすれば講義をサボタージュしてしまいかねないからです。逆に「自分が学びたかったのはこれだ!」と感じれば、時間を忘れて学ぶくらい没頭できます。

心理学に関わる学会の情報を得よう

心理学を学ぼうとするなら、まずは公益社団法人日本心理学会のサイトを見てみましょう。日本の心理学の総本山というべき団体です。この学会では、日本心理学会会員が5名以上所属している大学を紹介しています。

社会には、異端な研究者もいるのですが、まず大学進学にあたっては、学会所属の先生がいる大学を基準として選ぶのがベストです。大学の心理学科でなにが学べるのかもリンク先を通じてみれば一発でわかります。勉強したい心理学のジャンルを知ることが初めの一歩です。

心理学のジャンルとは

大学の心理学部のサイトを見て「ちょっと難しすぎる」なんて方は、まず心理学のジャンルを知っておきましょう。心理学は基礎心理学と応用心理学に分類されます。

この分類方法は、実は、さまざまな考え方があるのです。例えば、基礎心理学としては、以下のような分類方法があります。

●生物(生理)心理学
●発達心理学
●学習心理学
●人格心理学
●社会心理学

しかし、日本基礎心理学会では「感覚,知覚,認知,記憶,学習,動物行動などの基礎的な実験心理学や,歴史,原理,方法など行動やそれを支える心の働き」としており、特定の心理学をこれが基礎だ!と決めているわけではありません。ただ私が学習した範囲では、概ね上記が基礎と言えるものではないかと思います。

応用心理学としては、次のような分野が挙げられます。こちらも決して以下の分野に応用が限られるということではありません。例えば、システム情報科科学、AIなども心理学からのアプローチがありますし、カウンセリングに特化した学びもあるからです。

●臨床心理学
●認知心理学
●教育心理学
●犯罪心理学
●産業心理学
●災害心理学
●スポーツ心理学

私が大学で心理学を学んだ時に、最初に「へぇー」と感心したのは認知心理学です。人が赤い色をなぜ、赤と認識するのか? なんてプロセスを認知心理学で学びました。

大学のカリキュラムを見る

カリキュラムはホームページやパンフレットで確認

心理学に限りませんが、大学で学ぶには、カリキュラムを見ることが重要です。ホームページやパンフレットなどにカリキュラムが掲載されています。例えば、追手門学院大学 心理学部のカリキュラムは図表でわかりやすく紹介されています。

文字だらけの大学もありますが、言葉の使い方など、微妙な違いもあるかと思います。大切なのは、そこで何をテーマとして学ぶかです。同じカリキュラム名、似たカリキュラム名でも大学や先生によって学ぶ内容や手法の異なる場合が少なくありません。そのためにも学ぶ内容はシラバスを参考にするのがおすすめです。

大学のシラバスって知ってますか?

パンフレットやサイトでは心理学の学ぶジャンルの概要を記しているかと思います。それをさらにチェックしたいならシラバスを見てみましょう。

シラバスとは、先生が大学の学生に示す講義・授業の計画のことです。大学生のIDがないとみられない場合もありますが、大学によっては一般向けに公開している場合もあります。

検索時は「大学名 シラバス」で出てきます。かしこまった書き方ではあるのですが、学ぶべき内容のキーワードや先生の名前がわかります。

学ぶべき先生(教授・准教授・講師)やゼミのサイトを検索してみよう

大学のサイトやシラバスを見ても「どの科目も同じような感じがしてわかりにくいなあ」と感じることがあるかもしれません。そうした場合の補助作戦としては、大学の先生の研究を調べるのがおすすめです。大学の先生とは教授、准教授、講師、助手などです。名前で検索したり、ゼミのサイトを検索してみましょう。先生が何を専門にしているかで入学後の学びやすさが変わります。

学会の論文を検索する

大学も調べ、先生もゼミも調べ、さらに確認したいなら論文を検索してみましょう。論文は有料の場合もありますが、無料で閲覧できる場合もあります。先生の名前で検索すれば出てくることもありますし、所属している学会からわかることもあります。本なども執筆している先生もいます。

こちらは日本心理学学会で掲載している学会のリンク一覧です(2020年11月15日現在)。これだけあるとちょっと迷いますね。学会から逆説的に学んでみたい心理学のジャンルを探すのもひとつのです。

産業・組織心理学会日本EMDR学会一般社団法人日本LD学会
日本応用教育心理学会日本応用心理学会日本カウンセリング学会
日本学生相談学会一般社団法人日本家族心理学会日本学校心理学会
日本感情心理学会日本基礎心理学会日本キャリア教育学会
一般社団法人日本教育心理学会日本グループ・ダイナミックス学会日本K-ABCアセスメント学会
一般社団法人日本健康心理学会日本交通心理学会日本行動科学学会
一般社団法人日本行動分析学会日本コミュニティ心理学会日本コラージュ療法学会
日本催眠医学心理学会日本産業カウンセリング学会日本質的心理学会
日本自閉症スペクトラム学会日本社会心理学会日本自律訓練学会
一般社団法人日本心理臨床学会日本ストレスマネジメント学会日本青年心理学会
日本生理心理学会日本動物心理学会一般社団法人日本特殊教育学会
日本乳幼児医学・心理学会日本人間性心理学会一般社団法人日本認知・行動療法学会
日本認知心理学会日本パーソナリティ心理学会日本バイオフィードバック学会
一般社団法人日本箱庭療法学会一般社団法人日本発達心理学会日本犯罪心理学会
日本福祉心理学会日本ブリーフサイコセラピー学会日本マイクロカウンセリング学会
日本森田療法学会日本遊戯療法学会日本リハビリテイション心理学会
日本理論心理学会日本臨床心理学会日本臨床動作学会
包括システムによる日本ロールシャッハ学会一般社団法人映像情報メディア学会応用動物行動学会
公益社団法人計測自動制御学会言語科学会一般社団法人言語処理学会
社会言語科学会情報コミュニケーション学会一般社団法人人工知能学会
哲学会一般社団法人電子情報通信学会日本音楽表現学会
一般社団法人日本音響学会日本感性工学会一般社団法人日本建築学会
日本子ども健康科学会日本視覚学会一般社団法人 日本色彩学会
一般社団法人情報処理学会日本神経回路学会日本神経科学学会
日本ストレス学会日本スポーツ心理学会日本スポーツとジェンダー学会
一般社団法人日本生理学会日本生理人類学会日本テスト学会
日本哲学会一般社団法人日本統計学会日本動物行動学会
一般社団法人日本人間工学会日本認知言語学会日本認知療法学会
日本バーチャルリアリティ学会日本発育発達学会一般社団法人日本ロボット学会
法と心理学会特定非営利活動法人安全工学会日本宇宙航空環境医学会
日本音楽知覚認知学会日本学校教育相談学会一般社団法人日本教育学会
日本教育社会学会日本行動計量学会日本交流分析学会
日本子育て学会日本宗教学会日本神経心理学会
一般社団法人日本心身医学会公益社団法人日本精神神経学会日本精神分析学会
日本知能情報ファジィ学会日本乳幼児教育学会日本認知科学会
一般社団法人日本臨床神経生理学会日本ロールシャッハ学会日本ワーキングメモリ学会
人間・環境学会特定非営利活動法人モバイル学会北海道心理学会
東北心理学会北陸心理学会
東海心理学会関西心理学会中国四国心理学会
岡山心理学会九州心理学会沖縄心理学会

日本心理学学会のWEBサイトより

心理学の資格取得とは

心理学の資格に関しては、「臨床心理士」と 「公認心理師」があります。

臨床心理士の受験資格

「臨床心理士」は公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の資格試験に合格することが必須条件です。

〈主な受験資格〉
●指定大学院(1種・2種)を修了し、所定の条件を充足している者
●臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者
●諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、修了後の日本国内における心理臨床経験2年以上を有する者
●医師免許取得者で、取得後、心理臨床経験2年以上を有する者  など

公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会より

学部で心理学を専攻していなくても大学院で学ぶことで受験資格を得ることができます。

公認心理師の受験資格

公認心理師は国家資格です。平成29年9月15日に施行され,日本初の心理職の国家資格となった経緯があります。比較的新しい資格ですので、受験資格に関しては、すでに心理学の分野で働いている人には特例措置としての受験資格が設けられていますが、これから心理学を学ぶ人は学部において指定科目を履修して単位を修得し、さらに大学院でも単位を修得する必要※があります。

詳細については一般財団法人 日本心理研修センターのホームページをご覧ください。

※受験資格には区分が設けられています。

心理学の資格取得に役立つ本

「公認心理師・臨床心理士大学院対策 鉄則10&キーワード100」は、公認心理師・臨床心理士大学院対策となっていますが、キーワードをもとに解説しているので、大学院受験だけでなく、心理学を網羅的に知っておきたい方におすすめです。心理学の本は難しい印象があるのですが、こちらは予備知識のない方でも、心理学に興味があれば読み進むことができます。専門書には珍しく、アマゾンレビューでも62%の方が☆☆☆☆☆をつけています。

心理学入門におすすめの本

心理学を学ぶことは自己啓発になるのかもしれません。そういう意味でさまざまな心理学に関する本を手にするのはいいことです。下記のボタンはアマゾンでの心理学入門の本のランキングにリンクしています。学術的というより、社会生活での実践的な本がランクインしている傾向にあります。

アドラー本といえば「嫌われる勇気」ですが、個人的には、こちらの漫画をお勧めします。なぜなら、難しいより少しでも優しい方が、理解が進むからです。それから専門書を読めば理解しやすくなります。とはいえ、やはり説明箇所は文字が多いので、そこはしっかり読みこなした方がベター。かな?

created by Rinker
¥1,650(2021/10/24 20:39:52時点 楽天市場調べ-詳細)

本記事のまとめ

大学で心理学を学ぶには、まず、心理学にはいろんなジャンルがあることを知り、大学によってもカラーがあることを意識しておきましょう。大学での学びは、大学名というより、どの先生に学ぶかということが実は大事です。心理学で得た知識はその後の人生でも大いに使えますので、しっかり考えて選んでみましょう。

受験勉強は、コツコツ積み上げ式だった

勉強が思うようにはかどらないときってあります。ひょっとしたら勉強方法が合っていないのかもしれません。私も受験生時代に夜のスタイルが合わずに朝に変更したことがありました。朝、早起きして、旺文社のラジオ講座も聞いていました。

たまたまなんですが、ラジオ講座で聞いた英文がそのまま受験に出たのです。当時、とてもラッキーだと思いました。同じ旺文社つながりですが、標準問題精講は、ほぼ丸暗記に近い学習方法でした。今は、もっと効率的な勉強方法があるのでしょうね。スタディサプリは、いいでしょうね。無料で試せますし。

志望大学の入学をより確実にするのは自宅での集中学習

スタディサプリは、受験には「もはや当たり前」! 単元ごとに学習ができるので苦手克服にも役立つ。受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。塾と違って、通学時間も不要!

created by Rinker
¥968(2021/10/24 20:39:52時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました