フードテックビジネスの可能性と取り組み方とは

フードテックビジネスとは

フードテックビジネスは、食品産業に革新をもたらし、消費者の需要やライフスタイルの変化に対応するために急速に成長しています。テクノロジーの進化により、配達サービスやオンライン注文、フードシェアリングプラットフォームなど、新しいビジネスモデルが生まれています。このようなサービスの提供により、食品をより手軽に購入し、より多様な選択肢を得ることができるようになりました。本記事ではフードテックに関連する基本的なことと将来の展望について記しています。食品業界で働いている人、これからビジネスを起業する人にオススメの内容になっています。

フードテックとは

フードテック(FoodTech)は、食品業界におけるテクノロジーの利用を指します。具体的には、食品製造、加工、販売、サービス、消費において、デジタル技術、人工知能、ロボット、自動化、データ分析、電子商取引などを活用することで、より効率的なプロセスや新しいビジネスモデルを実現することを目指します。

フードテックの目的は、より安全で健康的で持続可能な食品供給システムの構築です。たとえば、食品ロボットを使って調理作業を自動化することで、従来よりも短い時間で多くの料理を提供できるようになります。また、オンライン配達サービスを活用することで、よりスムーズな配達サービスが実現され、環境にも負荷をかけずに、より効率的なサービスが提供されます。

フードテックビジネスとは

フードテックビジネスは、食品業界においてテクノロジーを活用し、食品の製造、配達、サービス、販売、または消費に関するプロセスを最適化することを目的とするビジネスです。

例えば、食品配達アプリやオンライン食料品店、フードデリバリーサービス、料理配送サービス、食品調理ロボットなどがフードテックビジネスの一例です。これらのビジネスは、顧客によりスムーズかつ効率的なサービスを提供し、食品業界全体を変革することを目指しています。

また、フードテックビジネスは、健康的な食品の需要を増やすための新しい方法を開発することも目指しています。例えば、人工知能を使用して、より健康的な食品のレシピを開発したり、栄養価を最大化するために食品製造プロセスを最適化することができます。

総じて、フードテックビジネスは、テクノロジーを食品業界に取り入れ、より効率的で持続可能な方法で食品を生産、提供、消費することを目指しています。

フードテックビジネス例

  • フードデリバリー:食品や料理を配達するサービス。例:Uber Eats、出前館、オイシックスなど。
  • オルタナティブプロテイン:動物由来ではない植物や微生物などで作られた代替肉や乳製品。例:Beyond Meat、Impossible Foods、Perfect Dayなど。
  • パーソナライズドフード:個人の体質や好みに合わせてカスタマイズされた食品や栄養素。例:BASE FOOD、Viome、Habitなど。
  • バイオマテリアル:生物由来の素材で作られた包装材や容器など。例:Loliware、Tipa、Notplaなど。
  • フードセキュリティー:農業生産や流通の効率化や安全性を高める技術。例:AeroFarms、Plenty、Bowery Farmingなど。

これらの分野はまだ発展途上であり、今後もさらに多様化・拡大していくと予想されます。

フードテックビジネスを進める上での課題

  • 資金調達の難しさ:フードテックは食品という特性上、事業化までに時間やコストがかかることが多く、投資家からの資金調達が困難な場合があります。日本ではフードテック分野への投資額も諸外国に比べて小さいため、事業化の段階ごとに適切な資金供給を行う必要があります。
  • ルール整備や安全性評価の不十分さ:フードテックは新しい技術やビジネスモデルを活用することで、食分野に革新をもたらすことが期待されていますが、同時に既存の法規制や安全基準に適合しない場合もあります。例えば、植物肉や培養肉などは食品衛生法や食品表示法等の対象となるかどうか明確ではなく、安全性評価や表示方法等についても検討が必要です。
  • 消費者受容性や普及促進の課題:フードテックは人々の健康や環境に貢献することが期待されていますが、同時に人々の食文化や価値観に影響を与える可能性もあります。例えば、植物肉や培養肉などは動物由来ではないタンパク質源として注目されていますが、消費者からは味や見た目だけでなく倫理的・宗教的・文化的な観点からも受け入れられるかどうか不安視される場合もあります。また、垂直農業や水耕栽培などは都市部で新鮮な野菜を生産することが可能ですが、消費者からは農家とのつながりや土づくり等の重要性を感じられない場合もあります。これらの技術やビジネスモデルを普及させるためには、消費者への情報提供や教育等を通じて社会的受容性を高める必要があります。

以上がフードテックビジネスを進める上での課題として挙げられるものです。これらの課題を解決するためには、技術開発だけでなく政策・制度面での支援や社会的受容性・普及促進等も重要です。

フードテックビジネスに取り組むメリット

フードテックビジネスに取り組むメリットとは、以下のようなものがあります。

  • 食料不足や飢餓問題の解消:フードテックは、植物肉や培養肉などの代替タンパク質源や、垂直農業や水耕栽培などの新しい生産方法を開発することで、世界的な食料不足や飢餓問題に対応することができます。これらの技術は、土地や水資源の節約や温室効果ガスの削減など環境面でもメリットがあります。
  • フードロスの解消:フードテックは、AIやIoTなどを活用して、生産から流通・消費までの食品ロスを削減することができます。例えば、需要予測や在庫管理を最適化したり、賞味期限切れや見た目の悪い食品を再利用したりすることで、無駄な廃棄を防ぐことができます。
  • 生産にかかわる人手不足の解消:フードテックは、AIやロボットなどを活用して、農業や食品加工・調理などにおける人手不足を解消することができます。例えば、自動化された収穫機器や調理器具を導入したり、遠隔操作や監視システムを利用したりすることで、労働力不足に対応することができます。
  • 食品安全性・品質管理の向上:フードテックは、センサーやブロックチェーンなどを活用して、食品安全性・品質管理を向上させることができます。例えば、原材料から製品までのトレーサビリティー(追跡可能性)を確保したり、異物混入や汚染等のリスクを検知・防止したりすることで、安心・安全な食品供給を実現することができます。
  • 新たな市場・需要創出:フードテックは、新しい技術やビジネスモデルを開発することで、新たな市場・需要創出につなげることができます。例えば、「個人化された栄養管理」、「オンラインレストラン」、「バーチャルレストラン」、「ダークキッチン」、「グロースキッチン」等はいずれもフードテック分野における新しいサービスです。

以上がフードテックビジネスに取り組むメリットとして挙げられるものです。これらのメリットは日本だけではなく世界的にも注目されており今後も成長産業・転職でも注目されています。

フードテックビジネスの事例

フードテックビジネスとは、食品や飲料に関する技術を活用して、新しい食品やサービスを開発し、より効率的な生産方法を実現するビジネスのことを指します。以下に、フードテックビジネスの事例をいくつか挙げます。

  1. Uber Eats:飲食店と顧客をつなぐオンライン配達プラットフォームで、顧客はUber Eatsアプリを通じて、多様な飲食店のメニューから注文し、Uber Eats配達員が商品を配達します。
  2. Beyond Meat:植物由来のプロテインによって、肉の風味や質感を再現した食品メーカーで、肉食主義者でも満足できる肉代替食品を提供しています。
  3. Just Eat Takeaway.com:オンライン飲食店の発注サービスを提供し、オンライン注文の普及によって需要が拡大しています。
  4. Zomato:インドの食品配達サービスで、おいしい食事や優れたレストランを探すための口コミや評価システムを提供しています。
  5. Impossible Foods:植物由来のプロテインを使用し、肉の風味や質感を再現した肉代替食品を提供する企業で、特にベジタリアンやビーガンの市場で人気があります。
  6. Deliveroo:イギリスを拠点とする飲食店のデリバリーサービスで、オンライン注文や配達サービスを提供しています。
  7. Farm to People:オンラインマーケットプレイスで、農家や食品メーカーから直接食品を購入することができます。このサービスによって、新鮮で健康的な食品に簡単にアクセスできるようになりました。

フードテックビジネスの未来とは

日経BPが発行した『フードテックの未来 2019-2025』では、フードテックビジネスの未来を3つの視点で捉えています。それは、「ベーストレンド」と「事業創出トレンド」と「新アプリケーショントレンド」です。

「ベーストレンド」とは、世界的に共通する社会変化と、科学分野も巻き込んだ産業構造の変化を指します。例えば、人口減少や高齢化、健康志向や倫理意識の高まり、環境問題や食料安全保障などが挙げられます。

「事業創出トレンド」とは、新しいビジネスを生み出す最新手法を指します。例えば、バイオテクノロジーやAIなどの先端技術、オープンイノベーションやコラボレーションなどの組織的な取り組み、プラットフォームやサブスクリプションなどのビジネスモデルが挙げられます。

「新アプリケーショントレンド」とは、「ベーストレンド」と「事業創出トレンド」が交わることで誕生する新事業領域を指します。例えば、「カルチャー・エクスペリエンス」「パーソナライズド・フード」「オルタナティブ・プロテイン」「バイオマテリアル」「フードセキュリティー」などが挙げられます。

フードテックビジネスの未来は、持続可能な食品システムの実現に向けた取り組みがますます加速することが予想されています。

代替プロテインや人工肉の開発が進むことで、畜産業や漁業に依存しない新しいタンパク源の需要が高まり、地球環境の保全に寄与することが期待されています。

また、持続可能な農業や水産業の技術革新も進められ、生産効率の向上や環境負荷の軽減につながると考えられています。

さらに、デジタル技術を活用したフードテックビジネスの発展も期待されています。例えば、人工知能やビッグデータ分析を活用して、生産や流通、消費のプロセスを最適化することで、食品ロスの削減や環境負荷の低減が可能となります。

フードテックビジネスを始めるには

フードテックビジネスを始めるには

フードテックビジネスを始めるには様々な情報収集を行い、自分が実施したいビジネスに絞り込む過程が必要です。

フードテックの定義や概要、注目される背景、事例などを調べる

フードテックは、食とテクノロジーが結びついたビジネス領域であり、食糧問題の解決やSDGs達成に有効であるとされています。しかし、フードテックには様々な分野や技術が含まれており、一概に定義することは難しいです。そこで、まずはフードテックの意味やメリットや実際の企業の事例を調べてみることが大切です。

自分の興味や強みに合ったフードテック分野を見つける

フードテックには、代替タンパク質源や新しい生産方法などの「生産」、「AIやIoTなどを活用した流通・消費管理」、「個人化された栄養管理やオンラインレストランなどの新しいサービス」など様々な分野があります。自分が興味を持ったり強みを発揮できたりする分野を見つけることが重要です。

フードテック関連のイベントやセミナーに参加する

フードテック関連のイベントやセミナーに参加することで、最新の情報やトレンドを知ることができます。また、同じ分野に関心を持つ人々と交流したり、専門家からアドバイスをもらったりすることも可能です。これらはビジネスアイデアを練ったり実現させたりする上で役立ちます。

フードテック関連の支援制度やプログラムに応募する

農林水産省では、「フードテック推進ビジョン」 を策定し、「フードテックを活用した新しいビジネスモデル実証事業」3 などの支援制度やプログラムを実施しています。これらに応募することで、資金面や技術面などで支援を受けることができます。

フードテックビジネスのスタートからの各段階

  1. アイデアを研究する:食品市場においてどのようなニーズやトレンドがあるかを調査し、自分のアイデアが市場に受け入れられるかどうかを検討してください。
  2. ビジネスプランの作成:収益源、コスト、マーケティング戦略などを含むビジネスプランを作成してください。
  3. 資金調達:ビジネスを開始するために必要な資金を調達する方法を探してください。これには、自己資金や投資家からの資金調達などがあります。
  4. 法的手続きを完了する:ビジネスを運営するために必要な法的手続き、例えば、事業許可や税金の申告、商標登録などを行ってください。
  5. スタッフを採用する:必要に応じてスタッフを採用し、トレーニングやマネジメントを行ってください。
  6. プロトタイプを作成する:商品やサービスのプロトタイプを作成して、市場にテストを行ってください。
  7. マーケティング戦略を実行する:顧客を引き付けるために、SNSや広告、販売促進などを利用して、マーケティング戦略を実行してください。

フードテックビジネスを始めるには、多くの時間と努力が必要ですが、市場の需要が高まっていることや、革新的なアイデアが成功する可能性があることから、ビジネスチャンスとして注目されています。

フードテック事業の補助金事例

これまでに以下のようなフードテック補助金の事例があります。ここの掲載している公募はすでに終了していますが、今後も国の後押しが期待できます。

プラネタリー・バウンダリーとは

フードテックは地球を守る

プラネタリー・バウンダリーとは、地球上で人類が生きるために必要な自然環境の範囲や限界を示した概念です。これは、人類が地球上で持続可能な生活を送るためには、地球が持つ自然資源の使用や環境負荷をある一定の範囲内に制限する必要があるという考え方に基づいています。

具体的には、プラネタリー・バウンダリーは、以下の9つの要素からなります。

  1. 気候変動
  2. 生物多様性の損失
  3. 海洋の酸性化
  4. 地球の地層学的な突発的な変化
  5. 海洋の生産力の損失
  6. 地表水の使用量
  7. 地下水の使用量
  8. 大気中の微小粒子の濃度
  9. 化学物質の使用量

プラネタリー・バウンダリーは、地球の持続可能性を考える上での重要な指標となっており、政策決定やビジネスの戦略策定にも活用されています。

プラネタリー・バウンダリーとフードテックビジネスの関係

プラネタリー・バウンダリーは、地球上で持続可能な生活を送るために必要な自然環境の範囲や限界を示しており、フードテックビジネスにとっても重要な指標となっています。フードテックビジネスは、食品の生産や供給を改善することで、持続可能な食品システムの実現に貢献することが期待されています。

具体的には、プラネタリー・バウンダリーの要素の一つである生物多様性の損失に対して、フードテックビジネスは、代替プロテインや人工肉の開発など、畜産業や漁業に依存しない新しいタンパク源の探求や、持続可能な農業や水産業の技術革新を促進することで、生物多様性を保護する取り組みを進めています。

また、フードテックビジネスは、プラネタリー・バウンダリーの要素の一つである大気中の微小粒子の濃度や化学物質の使用量に対して、エミッションフリーの生産技術の導入や、持続可能なパッケージングの開発など、環境に配慮した取り組みを進めています。

フードテックビジネスは、プラネタリー・バウンダリーを考慮した取り組みを進めることで、地球環境の保全と持続可能な食品システムの実現に貢献しています。

まとめ

フードテックビジネスは、食品産業に新しい可能性をもたらし、消費者に多くの利益をもたらしています。しかし、このビジネスにはいくつかの課題もあります。例えば、食品の安全性、食品廃棄物の管理、データのプライバシー保護などです。フードテックビジネスは、これらの問題を解決するために、さらなる改善とイノベーションが必要です。将来的には、より持続可能で、より安全で、より多様な選択肢を提供することができるようになることが期待されています。

タイトルとURLをコピーしました