年賀状の宛名の書き方【ビジネスの正しい宛名書きとは?】

社会人のスキルアップ

はじめに 〜年賀状の宛名のマナーを説明〜

本記事では、年賀状の宛名の書き方のマナーを記します。一般的用とビジネス用の2つの書き方を紹介します。最近では、年賀状をメーッセージやメールで行う人もいますが、やはり年頭の挨拶になるので、書き方のマナーを守り、日頃の感謝を込めて送りたいものです。

ビジネスでの宛名書き

ビジネス年賀状の書き方【宛名面のマナー】

ビジネスの年賀はがきの宛名の書き方
ビジネスでの年賀はがきの宛名の書き方とマナー

①宛先住所
都道府県から書きます。
②数字
縦書きは、漢数字(一、二、三)
横書きは、アラビア数字(1.2.3)を使います
③敬称
個人名は「様」、会社や部署宛は「御中」、連名の場合は「様」
上記の見本は個人名に様をつけているので社名の後に「御中」を記していません。
④朱書き
一般郵便と区別するために「年賀」を朱書きします。これがないと普通郵便と間違われ、年内に配達されてしまうことがあるので注意しましょう。

■仕事・ビジネスなどで名前を入れる場合
住所→会社名→所属部署名→(肩書)相手の名前の順で書きます
【注意】以下の表現は、よくみられますので間違えないようにしましょう
誤:〇〇株式会社御中 △△□□様
正:〇〇株式会社 △△□□様
誤:営業部○○○○課長様
正:営業部課長○○○○様 または、営業部○○○○課長

一般的な宛名書き

年賀はがきの宛名の書き方
年賀はがきの宛名の書き方

①宛先住所
都道府県から書きます。
②数字
縦書きは、漢数字(一、二、三)
横書きは、アラビア数字(1.2.3)を使います
③敬称
個人名は「様」、会社や部署宛は「御中」、連名の場合は「様」
④朱書き
一般郵便と区別するために「年賀」を朱書きします。これがないと普通郵便と間違われ、年内に配達されてしまうことがあるので注意しましょう。

裏面の書き方

年賀はがきの裏面の書き方
年賀はがきの裏面の書き方

①賀詞
年賀状の冒頭に書く、新年を祝う言葉です。目立つ大きさの文字で書きます。
②本文
お付き合いに対する感謝の言葉や近況報告などを書きます。
例 
旧年中はお世話になり、ありがとうございました。
おかげさまで良き新年を迎えることができました。
本年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。
日付
新年の年号と日付を書きます
【注意】
「元日」は1月1日の丸一日を指し、「元旦」は1月1日の午前中を指します。そのタイミングに年賀状が届くように投函します。受け取った年賀状に返信する場合は、これらの言葉は避けます。また1月7日以降に相手に届くなる場合は、年賀状に対するお礼の言葉を添えて、寒中見舞いにします。

年賀はがきの申し込みサイト

一般的なデザインからカスタマイズまで豊富

デザイン性の高い年賀で差をつける

オーソドックスな年賀はがき

個人の喪中ハガキはコチラ

おわりに

年賀状の宛名の書き方は、誠意の表現でもあります。ビジネス、一般にかかわらず、相手を思う気持ちを大切にしたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました