社会人の基礎力

「抵抗力」の使い方とは

抵抗力とは、その漢字の通り、抗う力でもある 抵抗力とは 抵抗力とは、外部からの力を跳ね返す力や反発する力、外から加わる力に耐えられる力の意味。抵抗力には、複数の使われ方があり、文脈により...【続きを読む】
社会人の基礎力

「精神力が強い」とはどういうことか?

「精神力が強い」とはどういうことか? 精神力とは、気力や根気強さのことをいう。人によっては、心、意識、気構え、理念などの意味を持つこともある。精神力が強い人は、何か目標を設定すると、それを達成するまで諦めない。精神力が弱い人は、何か目標を設定しても途中で諦めてしまう。
社会人の基礎力

発信力を磨く方法とは

発信力とは、自分の考えや意見を相手に伝える力のこと。発信力を磨くには、常に相手から何らかのレスポンスがある状態が理想であり、それを繰り返すことが大事。そういう意味では、TwitterやFacebookなどのSNSでは、発信力が磨かれる。
トピックス

身につけておきたい!「把握力」を鍛える2つの方法

把握とは、つかんだり、にぎったりすること。その意味が転じて、対象となることを理解することとされる。把握力とは、物事を理解する力(スキル)のこととなる。「把握力」を鍛えるには、主に2つの方法がある。まず、自分を把握すること。次に対象となる相手を把握することだ。
社会人の基礎力

「実践力」を身につける方法とは?

「実践力」とは、実際に経験することで身につく力のこと。名詞の実践に接尾辞の力がついたもの。また、考えや理論などが先にあり、それを実際に行動に移す力のことでもある。ビジネスでは、企業の理念を事業に生かすことが実践力となるほか、事業計画に基づき、具体的な行動に落とし込める力をいう。
社会人の基礎力

「自制力」の種類と特徴とは?

自制力とは、自分の欲望や感情を抑えることだ。人による自制力の種類は、主に3つとされる。それらは「感情」「思考」「行動」である。直接的な強制が働かない場面で、自発的に自己をコントロールすることであり、英語ではセルフコントロール(self-control)といわれる。
社会人の基礎力

ビジネスで差がつく「開発力」とは?

開発力とは、一般的に新しい技術を開発し、製品としてリリースできる能力のこと。開発だけの意味を捉えると社会全体的な事象として捉えることがある。農地の開発、住宅地の開発、資源の開発など、新しいことに挑むこと全般の意味にもなる。
社会人の基礎力

ビジネスにおける「統制力」とは?

統制力とは、多数を一にまとめて制御する能力のこと。組織では人を統制する力となり、システムなどでは安全で効率的に運用するための管理活動となる。国家の場合は、一定の計画や方針によって指導したり制限したりすることになる。
タイトルとURLをコピーしました