副業の在宅ワークで稼ぐにはMOS取得がおすすめ

副業でスキルアップ資格でスキルアップ
副業事務や在宅ワークはMOS
副業で事務仕事をしたり、在宅ワークをするならMOS取得

はじめに

副業の事務仕事や在宅ワークで有利になる資格にMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)があります。パソコンスキルの中でも人気のMOSは、事務系の副業で幅広く役立ちます。本記事ではMOS取得が副業におすすめである理由を中心に、MOSというスキルの活用法もご紹介します。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)とは

マイクロソフトオフィススペシャリスト
マイクロソフトオフィススペシャリストは事務仕事をするための基本

MOSとは、マイクロソフト製のオフィスソフトの利用スキルを証明できる認定資格です。簡単にいえば、ワードやエクセル、パワーポイントの基本操作や応用操作ができますというアピールに使える資格です。

MOSは、数あるパソコンスキルの中でも人気の高い資格です。というのも、マイクロソフトのオフィスソフトは多くの企業で利用されているので、活用の幅が広いのです。MOSの取得を支援する大学や企業も少なくありません。

オフィスソフトの利用スキルに関する資格なだけあって、MOSが最も活用できるのは事務系の仕事になります。文書や資料の作成、データの入力などです。これら事務系の仕事を副業でしたいと考えている人は、MOSの取得は大きな付加価値になります。案件を発注する企業も有資格者に任せたいと考えるため、仕事を取りやすくなったり、単価を上げやすくなります。

なお、MOSにはスペシャリストレベルと、その上級のエキスパートレベルがあります。副業で活用するていどなら、スペシャリストレベルの取得で十分でしょう。

MOSのエキスパートレベルで得られる主なスキルは以下の通りです。

ワードのスキル

  • フォントや段落、行間の設定
  • 表の作成と操作
  • 画像やワードアートなどの挿入および書式設定
  • 文書の印刷設定

エクセルのスキル

  • セルのデータ作成や書式設定
  • グラフの作成、編集
  • 数式・関数によるデータ集計
  • エクセルシートの印刷設定

『在宅ワーク』で事務系仕事がおすすめの理由

事務系は在宅ワークでおすすめ
事務仕事にもノウハウがあり、それが活かせる在宅ワーク

MOSを活かせる事務系仕事は、在宅ワークの中でもおすすめのジャンルです。その理由は主に3つです。

  1. 案件が豊富
    データ入力やデータリスト・表の作成といった事務仕事は、在宅ワークの中でも案件が豊富で、継続的に受注できます。
  2. 時間に余裕をもって行えるものが多い
    例えば表の作成では所要目安時間が数時間で、納期が数日〜1週間という案件が中心です。単純なデータ入力なら1件の所要目安時間が数秒というものもあります。
  3. 自分の裁量で仕事を進めやすい
    プログラミングやライティングはクライアントと定期的な打ち合わせが求められる案件があります。一方、事務系仕事は品質や納期を守れば、自分のペースで進められることが大半です。

副業事務や在宅ワークでどんな求人があるの?

副業事務や在宅ワークでどんな求人があるの
副業としての事務や在宅ワークにはさまざまな仕事がある

副業の事務仕事や在宅ワークでMOSを活かせそうな案件に、実際にどんなものがあるのかを代表的なクラウドソーシングサービスおよび求人サービスで見ていきましょう(調査の数字は2021年3月現在)。

クラウドワークスで事例紹介

転職サイト・就活サイトでのスカウトメール送信業務

●報酬 時間単価制 1,000円〜1,500円

●稼働時間 10時間/週

※活かせるMOSスキル Googleスプレッドシート(グーグル版エクセルです)の関数

アンケート調査結果の集計

●報酬 固定報酬制 10,000円〜50,000円

●所要目安時間 3時間〜1日

※活かせるMOSスキル エクセルのグラフ作成、クロス集計

ECサイトへの出品登録作業

●報酬 時間単価制 700円〜1,000円

●所要目安時間 1商品につき10分

※活かせるMOSスキル エクセルのデータ入力

クラウドワークスへの無料登録はこちらクラウドワークス
併せて無料登録しておきたいのはこちら→空いた時間で在宅ワークBizseek

ママワークスで事例紹介

請求書や集計などの入力業務やマニュアルづくり

●報酬 時給制 880円/1時間

●稼働時間 100時間/月

※活かせるMOSスキル エクセルでのデータ入力・関数、ワード・パワーポイントでのドキュメント作成

在宅秘書

●報酬 業務単価制 600円〜

●所要目安時間 業務による

※活かせるMOSスキル エクセル、ワード、パワーポイントの基本的スキル

積算業務

●報酬 案件単価制 1,000円〜1,500円/1時間になるように設定

●所要目安時間 業務による

※活かせるMOSスキル エクセルの基本的スキル

ママワークスのサイトは→こちら

在宅コールセンターのお仕事ってご存知?

事務仕事もいいけど、自由な仕事、好きなタイミングで仕事をしてみたい方には在宅コールセンターもありです。例えばコールシェアなら、電話して店舗などのアンケートに答えてもらえば500円〜、商材やサービスの制約なら100,000円という案件もあり!出かけなくていい、というのがいいですね。

無料登録はこちらから→在宅ワークで月収30万も可能!在宅コールセンターの「コールシェア」

タウンワークで事例紹介

タウンワークでの在宅ワークではMOSにこだわらず、PC全般の基本操作ができればOKという案件が多数を占めています。

中高生のテスト採点、添削

●報酬 完全出来高制

●勤務時間 自由

問い合わせ対応やデータ入力など

●報酬 時給制 1,550円/1時間

●勤務時間 9:00〜18:00、10:00〜19:00で月〜金の週5日

システムでの問い合わせ対応、データ入力

●報酬 時給制 1,080円〜/1時間 22時以降 1,350円〜/1時間

●勤務時間 18:00〜24:00で応相談 週3日〜

マイクロソフトオフィススペシャリストのスキルを活かす

MOSは就職や転職のときにも、大きな自己PRポイントになります。それは副業でも同じで、MOSのスキルを活かした働き方も可能です。

SNSを活用し個人で仕事を受ける

SNSで仕事を募集する際、プロフィール欄に資格の記載があれば、クライアントの目に留まりやすくなります。何も資格を持っていないときに比べれば、仕事の依頼が来る可能性は高まるでしょう。クラウドソーシングサービスを介さず、個人で直接仕事を請け負えることができれば仲介手数料が発生せず、報酬も多くなります。

ココナラなどでスキルを販売する

ココナラは知識やスキル、経験など、得意なことをサービスとして出品・購入できるクラウドソーシングサービスです。MOSというスキルを手に入れたら、ぜひ活用してみましょう。実際にココナラ内で「MOS」をキーワードに出品情報を確認すると、書類作成代行やエクセル資料づくりなどが出品されています。また、「MOS試験対策」や、「ワードの疑問にお答えします」といった、インストラクター的な出品も少なくありません。MOSを実務に限らず幅広く活かしたいと考える人に、ココナラがぴったりではないでしょうか。

ココナラの無料登録はこちらから→ココナラ

MOSの資格を取る方法

mosの取り方
MOSは長く使えるこれからの資格

MOSは、マイクロソフトが実施するテストに試験に合格すると取得できます。試験は毎月1〜2回実施される全国一斉試験と、会場ごとに設定された期間内で受験する随時試験の2種類あります。全国一斉試験の申込みは、MOSの公式サイトhttps://mos.odyssey-com.co.jp/about/もしくは郵送で行います。随時試験の申し込み方法は会場ごとに異なります。

テストの出題範囲については、ソフトの種類やバージョンによって異なります。以下は、「ワード365 & 2019」の出題範囲です。

文書の管理文書内を移動する文書の書式を設定する文書を保存する、共有する文書を検査する
文字、段落、セクションの挿入と書式設定文字列や段落を挿入する文字列や段落の書式を設定する文書にセクションを作成する、設定する
表やリストの管理表を作成する表を変更するリストを作成する、変更する
参考資料の作成と管理参照のための要素を作成する、管理する参照のための一覧を作成する、管理する
グラフィック要素の挿入と書式設定図やテキストボックスを挿入する図やテキストボックスを書式設定するグラフィック要素にテキストを追加するグラフィック要素を変更する
文書の共同作業の管理コメントを追加する、管理する変更履歴を管理する

(出典元:MOS公式サイト https://mos.odyssey-com.co.jp/outline/word365and2019.html

出題範囲はMOSの公式サイトに詳しく掲載されているので、興味のある人はチェックしてみましょう。

試験概要|MOS公式サイト

まとめ

ワードやエクセルを普段から使用する人にとって、MOSは挑戦しやすい資格です。また、MOSを取得してワードやエクセルの理解を深めれば、作業能率はこれまで以上に高まるでしょう。これから在宅ワークで副業を始めようという人はもちろん、もっとスキルを高めたいと考えている人にも、MOSはおすすめの資格です。

ちょっと先の収入アップを考えて
MOSを取るなら→ユーキャンのマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座


コメント

タイトルとURLをコピーしました