PR

TOEIC対策におすすめ!ビジネス系オーディオブック10選

本記事ではTOEICスコアのアップにおすすめのビジネス系オーディオブック10冊を紹介します。人知れず語学力をアップしたい方、いろんな人から注目を集めたい方、何より収入アップを図りたい方はぜひお読みください。

スポンサーリンク

はじめに

いきなりですが、TOEICのスコアを上げると、それだけで自信がつきます。プレゼンテーションの際、英語でスムーズに話すことができると、あなたの誠実さとプロフェッショナリズムが相手に伝わります。仕事場でのあなたの存在感は格段に上がり、社員の注目も集めることでしょう。

さらに、日常生活でも役立ちます。街角で旅行に来ている外国人に道を聞かれた時、たどたどしくなく、自信を持って答えることができます。それだけで、あなたはその場でのヒーローになるでしょう。

それでは、どうすれば効率的にTOEICスコアを上げることができるのでしょうか? 答えは、オーディオブックです。オーディオブックは、時間と場所を選ばずに学習することができます。通勤中やランチタイム、ジムでのトレーニング中など、一日の隙間時間を利用して、気軽に英語を聞くことができます。

これは、ただの英語学習ではありません。あなたのキャリアを向上させ、周りからの評価を高め、そして日常生活でも役立つスキルを磨くことなのです。自信を持って、次のステップに進みましょう。あなたはそれができる人です。

TOEIC対策とビジネス英語のスキルアップ

ビジネス英語のスキルアップ

この競争社会で一歩先を行くために、ビジネススキルの向上は必須ですよね。今回、TOEIC対策になるばかりか、ビジネスのスキルアップに役立つオーディオブックをピックアップしました。

通勤時間やちょっとした休息時間に耳を傾けてみてください。学びの旅は決して時間の無駄ではありません。それどころか、これまでにない成長を経験し、更なる自己の可能性を広げるでしょう。さあ、ビジネススキルアップのためのあなたのオーディオブック体験、始めてみませんか?

海外ビジネスを学びTOEICのリスニング対策を

あなたが読むほど、あなたが知ることが増える。あなたが学ぶほど、あなたが行く場所が増える

今回紹介するオーディオブックは、ビジネス英語の習得、プレゼンテーション技術の強化、リーダーシップの磨き方、思考法の改善など幅広いテーマをカバーしています。リスニングと同時に電子ブックを使うとより効果的ではないでしょうか。

“ビジネスのアルファベット – The Business Book: Big Ideas Simply Explained” by DK

このオーディオブックは、ビジネスに必要な基本的な概念と理論を明確に、簡単に説明してくれます。ビジネス戦略、マーケティング、財務、組織行動、ビジネス倫理など、ビジネス全般をカバーしています。TOEICを目指している方々にとっては、ビジネス英語の語彙と表現を学ぶのに非常に役立ちます。オーディオブックとして聞く利点は、単語だけでなく、フレーズや表現の自然な英語の発音やイントネーションを学ぶことができる点です。

“DK”は、イギリスに本社を置く大手出版社「Dorling Kindersley」の略称です。DKは、成人向けおよび子供向けの図鑑、教育書、旅行ガイドなど、幅広い種類の書籍を発行しています。その視覚的に魅力的で、分かりやすく説明された内容は、読者から広く評価されています。

“The Business Book: Big Ideas Simply Explained”は、ビジネスと経済の基本的な概念を明確に説明し、さまざまなビジネス理論や経済モデルを視覚的に解説した本です。この本は、ビジネスに興味がある人、またはビジネススキルを磨きたいと考えている人にとって、理解しやすいガイドとなるでしょう。オーディオブックとして、読者はビジネス英語の語彙を拡大し、英語のリスニング能力を高めることができます。

“パブリックスピーキングのマスターへ – The Art of Public Speaking” by Dale Carnegie

このオーディオブックは、プレゼンテーションやスピーチのスキルを磨くための手引きです。ダレ・カーネギーが教えるスピーキングの技法は、説得力のあるコミュニケーションを行うための基本です。TOEICで高得点を目指す人々にとっては、日常的なコミュニケーションだけでなく、ビジネスの場でより効果的に英語を使うための訓練になります。また、オーディオブックで聴くメリットとして、リアルタイムで発音とイントネーションを聞き取ることができ、さらにリスニングスキルも向上させることができます。

Dale Carnegie(1888年 – 1955年)はアメリカの著作家であり、自己啓発、セールスマンシップ、コーポレートトレーニング、パブリックスピーキングのエキスパートとして広く認識されています。彼の最も有名な著作は「人を動かす」(原題:How to Win Friends and Influence People)で、これはビジネスや人間関係のコミュニケーションスキルを向上させるためのガイドとして広く読まれています。

“The Art of Public Speaking”はCarnegieの別の重要な作品で、効果的なパブリックスピーキングのテクニックとストラテジーについて詳しく説明しています。この本をオーディオブックとして聞くことで、読者は英語の表現力を高め、自信を持ってパブリックスピーキングの場面で使えるフレーズや言い回しを学ぶことができます。また、Carnegieの指導書はTOEICのスピーキング部分のスコアアップに役立つと考えられます。

ボタンをクリックすると同じタイトルで多くのオーディオブックが出てきます。Audible版がおすすめです

“TED流!話し方の極意 – TED Talks: The Official TED Guide to Public Speaking” by Chris Anderson

TEDのクリス・アンダーソンが講演者がどのように観客を引きつけ、何を伝えるべきかを詳細に解説しています。TOEIC試験の成功は、文法や語彙だけでなく、英語を効果的に使う能力にも関係しています。このオーディオブックは、英語のプレゼンテーションスキルを磨きながら、さまざまな話題についての語彙も増やすことができます。また、オーディオブックで聞くと、TEDトークの流れや話し方を直接感じることができ英語のリズムや発音をより深く理解することができます。

Chris AndersonはTED(Technology, Entertainment, Design)カンファレンスの現行オーナーであり、キュレーターです。TEDは世界を変えるようなアイデアを広めるための非営利組織で、各分野の専門家やビジョナリーが18分以内でそのアイデアを紹介する形式のカンファレンスを開催しています。

Andersonは彼の経験と専門知識を基にした本「TED Talks: The Official TED Guide to Public Speaking」を著しました。この本は、読者に効果的なプレゼンテーションやスピーチのテクニックと戦略を提供します。また、TEDトークの例を引用しながら、どのようにすれば聴衆を魅了し、情報を伝え、変革をもたらすアイデアを広めることができるのかを示しています。

このオーディオブックを聞くことで、読者は英語の表現力を高め、自信を持ってパブリックスピーキングの場面で使えるフレーズや言い回しを学ぶことができます。また、これらのスキルはTOEICのスピーキング部分のスコアをアップさせるためにも役立ちます。

“ビジネスアドベンチャー:ゲイツが愛したビジネス書 – Business Adventures” by John Brooks

ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットが最も愛したビジネス書と称される”Business Adventures”は、ビジネスにおける成功と失敗の物語を詳しく描いています。TOEICを目指す人々にとっては、実際のビジネスケースを通じて学ぶことで、英語でビジネスの状況を理解し、表現する能力を向上させることができます。オーディオブックを聞くことで、自然な英語の表現や会話の流れを学び、リスニングスキルを向上させることができます。

John Brooks (1920–1993) は、アメリカの作家で、主にビジネスと金融に関する記事と書籍を執筆しました。彼の最も有名な著作の一つが “Business Adventures” であり、ビジネス界の歴史的な出来事とそれから得られる教訓について描かれています。

彼の書籍は、深い洞察と明快なプローズで知られており、ビジネスコミュニティの中でも高い評価を受けています。なかでも “Business Adventures” は、マイクロソフトの創設者であるビル・ゲイツが “一番好きなビジネス書” と評価したことで再び注目を浴びました。

オーディオブックとして “Business Adventures” を聴くことで、英語のリスニング能力を高めると同時に、ビジネス英語の語彙を拡大することができます。また、実際のビジネスシーンでの事例を通じて、ビジネスにおける意思決定や戦略、リーダーシップについての理解を深めることができます。これは、TOEICのスコアを向上させるだけでなく、実際のビジネス環境でのコミュニケーション能力を向上させるのにも役立ちます。

“ハーバード流!コミュニケーションの秘訣 – HBR’s 10 Must Reads on Communication” by Harvard Business Review

ご存知、ハーバードビジネスレビューのオーディオブック。効果的なコミュニケーションに必要なスキルとテクニックが分かる内容です。それは、リーダーシップコミュニケーション、顧客とのコミュニケーション、チーム内コミュニケーションなど、さまざまな状況におけるコミュニケーションを網羅しています。TOEIC試験に向けて学習する人々にとっては、英語でのコミュニケーション能力を磨くとともに、具体的なビジネスシナリオの英語表現を身につけるのに非常に役立つでしょう。オーディオブックとして学ぶことで、リスニングスキルを向上させ、自然な英語の発音やイントネーションを学ぶことができます。

ハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review、略称HBR)は、ハーバード・ビジネス・スクールが発行するビジネス・マネージメント専門の雑誌です。リーダーシップ、戦略、組織変革、マーケティング、財務管理など、広範なビジネステーマについての記事やケーススタディ、研究結果を掲載しています。

“HBR’s 10 Must Reads on Communication”は、HBRが選んだコミュニケーションに関する10の重要な記事を収録した一冊です。ビジネスにおける効果的なコミュニケーションの方法やテクニック、戦略について深く探求します。

オーディオブックとしてこの本を聴くことで、英語のリスニングスキルやビジネス英語の語彙を向上させるとともに、ビジネスにおけるコミュニケーションのベストプラクティスを学ぶことができます。これは、TOEICのスコアアップだけでなく、実際のビジネス場面でのコミュニケーション能力を向上させるためにも有用です。

“人の心をつかむ話し方 – Made to Stick” by Chip Heath and Dan Heath

自分の「考え」や「メッセージ」を、伝えたい人の脳裏に焼き付ける、記憶に留めてもらうためのポイントを6つにまとめた一冊。このオーディオブックは、情報を人々の心に残すためのストーリーテリングとコミュニケーションのテクニックを教えてくれます。TOEICを目指す人々にとっては、新しい語彙やフレーズを学びつつ、どのように情報を伝えるかを理解するのに役立つでしょう。また、リスニングスキルを向上させ、英語の理解を深めるためにオーディオブックとして学ぶことは大いに有益です。

Chip HeathとDan Heathは、ビジネスと教育の分野で幅広く認められているアメリカの著者兄弟です。彼らは、複雑な問題を理解し、解決するための新たな視点や手法を提供する洞察に富んだ本を多数執筆しています。

“Made to Stick: Why Some Ideas Survive and Others Die”は、アイデアや情報がなぜ人々の心に残り、伝播するのかを解き明かすための6つの原則を提供しています。彼らはこの本で、成功した都市伝説やマーケティングキャンペーン、効果的な教育戦略など、多様なケーススタディを通じて、これらの原則を説明しています。

オーディオブックとして “Made to Stick” を聴くことで、英語のリスニングスキルを向上させ、ビジネス英語の語彙を拡大することができます。また、効果的なコミュニケーションとアイデアの伝達について学ぶことは、TOEICのスコアを向上させるだけでなく、ビジネスの現場でのコミュニケーション能力を向上させるのにも役立ちます。

“スロー&ファースト – 思考の速さを制する者が勝つ – Thinking, Fast and Slow” by Daniel Kahneman

この本は、ノーベル経済学賞受賞者ダニエル・カーネマンによる、人間の思考と意思決定についての深い洞察を提供します。カーネマンは、私たちの思考が「速い思考(直感)」と「遅い思考(論理)」の二つのシステムによって制御されると説明しています。この本を通じて、複雑な理論や研究結果を英語で理解する能力を養うことができます。オーディオブックとして学ぶことで、自然な英語の発音やイントネーションを学ぶと同時に、リスニングスキルを向上させることができます。

ダニエル・カーネマンはイスラエル生まれの心理学者で、経済学と心理学を融合した行動経済学の先駆者として広く知られています。彼の研究は、人間の意思決定とリスク評価についての理解を深めるのに大いに貢献しました。カーネマンは2002年に経済学のノーベル賞を受賞しました。

彼の著書 “Thinking, Fast and Slow” は、彼の生涯の研究をまとめたもので、人間の意思決定についての洞察を提供しています。カーネマンは、我々の思考を「システム1」(直感的で自動的な思考)と「システム2」(より遅く、論理的で意識的な思考)の2つのシステムに分けて説明しています。この本は、これらのシステムがどのように連携し、時には我々を誤解に導くことがあるのかを解説しています。

オーディオブックとして “Thinking, Fast and Slow” を聴くことで、英語のリスニングスキルを向上させるとともに、ビジネス英語の語彙を増やすことができます。また、ビジネスの意思決定における人間の思考プロセスについての理解を深めることは、TOEICのスコアアップだけでなく、ビジネス環境での効果的な意思決定にも役立つでしょう。

“なぜ?から始めよ:リーダーシップの原点 – Start with Why” by Simon Sinek

サイモン・シネクの「なぜから始めよ」は、リーダーシップとインスピレーションについての新しい視点を提供します。彼は、偉大なリーダーや組織が成功するためには、「何をするか」や「どのようにするか」よりもまず「なぜするのか」を明確にすることが重要だと説明しています。この本は、ビジネスとリーダーシップに関する複雑なアイデアを英語で理解し、語る能力を向上させるのに役立つでしょう。オーディオブックで聞くことで、シネクの話し方や英語の発音を直接学ぶことができ、リスニングスキルを向上させることができます。

サイモン・シネクは、英国出身の作家であり、組織コンサルタントでもあります。彼は主にリーダーシップと組織管理についての独自の視点で知られており、数多くのベストセラー本を著しています。

彼の最も著名な著書の一つ “Start with Why” は、成功する組織やリーダーがなぜ他の人々から支持を受けるのか、なぜ彼らのアイデアや製品が他のものより優れているのかを説明しています。シネクは、「なぜ」から始めることが、組織が成功するための重要な鍵であると提唱しています。

オーディオブックとして “Start with Why” を聴くことは、リスニングスキルとビジネス英語の語彙を向上させるとともに、リーダーシップと組織運営の理論を理解するための一助となります。これはTOEICスコアの向上だけでなく、ビジネスの現場でのリーダーシップや組織運営に直接的に役立つ知識を提供します。

“自宅でMBA:ビジネス成功のカギ – The Personal MBA” by Josh Kaufman

この本はビジネス知識を広げるのに最適な選択で、ジョシュ・カウフマンがビジネスの基本原則を明確で直感的な言葉で解説しています。彼は、時間とお金を節約するために大学でMBAを取る代わりに、自分で学ぶことの価値を強調しています。英語のビジネス用語とビジネスの基本的な概念を理解するのに役立つこの本をオーディオブックとして聞くことで、リスニングスキルを向上させることができます。また、ビジネスの文脈で英語を使う能力も身につけることができます。

ジョッシュ・カウフマンは、自己啓発とビジネス教育に関する一連の著書で知られる著述家で、特に彼の著書 “The Personal MBA: Master the Art of Business” は大変評価が高く、自己学習によるビジネス教育の重要性を主張しています。

この本では、カウフマンは伝統的なビジネス学校のカリキュラムのコストと時間を削減するために、自己学習を通じてビジネスの基礎を習得する方法を提唱しています。彼は自己学習を通じて実際のビジネス環境で役立つ広範な知識とスキルを習得することが可能であると説明しています。

“The Personal MBA” のオーディオブックは、リスニングスキルを鍛えるだけでなく、ビジネスに関する包括的な知識を得ることができます。TOEICのスコアを向上させたいと考えている人にとって、このオーディオブックはビジネス英語の語彙を増やすだけでなく、実際のビジネス環境で役立つスキルを磨くための一助となるでしょう。

“英語力を加速する!アウトプット大全 – Fluent Forever: How to Learn Any Language Fast and Never Forget It” by Gabriel Wyner

著者のガブリエル・ワイナーは、あらゆる言語を迅速に学び、忘れないための方法を提示しています。TOEIC学習者にとって、このオーディオブックは英語学習の新たな視点を提供し、言語スキル全体を向上させるための有用なテクニックを紹介します。リスニング、スピーキング、リーディング、そしてライティングの全てのスキルに対するワイナーのアプローチは、英語力を高めるための新しい方法を学ぶためのエキサイティングな手段を提供します。

ガブリエル・ワイナーは、言語学習の専門家であり、特に効率的な言語学習法と記憶術についての洞察で知られています。彼は自身がオペラ歌手として外国語を習得する過程から得た経験を基に、一般の言語学習者がどのようにして言語を速く、そして永続的に学ぶことができるかについての理論と方法を開発しました。

その方法は彼の著書 “Fluent Forever: How to Learn Any Language Fast and Never Forget It” に詳述されています。この本では、彼は効果的な言語学習法を紹介しながら、記憶の仕組みや学習法についての科学的な根拠を説明しています。また、彼自身が体験した言語学習の旅や、彼が助けた学習者たちの成功例も紹介されています。

このオーディオブックを聴くことは、リスニングスキルを向上させるだけでなく、効果的な英語学習法を理解し、それを自分の学習プランに適用することができます。これはTOEICスコアの向上だけでなく、一般的な英語能力の向上にも役立つでしょう。

オーディオブックが学習ツールとして有効な7つの理由

学習は、その持ち主がどこへ行ってもついてくる宝物である

すき間時間の有効活用や集中力アップを考えると、TOEICのスコアを上げるためにはオーディオブックが有効な学習ツールと言えます。ただし、これらのメリットを最大限に活用するためには、適切なオーディオブックを選び、定期的に聞くことが重要です。

  1. リスニングスキルの向上:TOEICテストではリスニングスキルが重要な役割を果たします。オーディオブックを聴くことで、自然な英語の発音、イントネーション、速度を聞き取る能力が鍛えられます。
  2. 幅広い語彙の獲得:多様なトピックのオーディオブックを聴くことで、ビジネス英語だけでなく、一般的な英語の語彙も豊富になります。
  3. 英語の文化とニュアンスの理解:オーディオブックを通じて、英語の言い回しや表現、そして文化的な背景を理解することができます。
  4. 多忙なスケジュールに対応:オーディオブックは通勤中、運動中、家事をしながらなど、時間を有効に活用しながら聴くことができます。
  5. 学習のモチベーション維持:好きなジャンルや著者のオーディオブックを選ぶことで、学習が楽しくなり、モチベーションを保つことができます。
  6. 言語の発音とリズムの習得:聞くことで、新しい言語を学習する際に特に重要な発音やリズムを自然に習得することができます。また、文化的な表現や方言など、テキストだけでは理解できない部分を学ぶことも可能です。
  7. 読む速度に制約されない:聞くことは、自分の読む速度よりも速く情報を消化することを可能にします。特に早口で話すナレーターのオーディオブックを選択すれば、大量の情報を短時間で摂取することが可能となります。

おわりに

一つの言語はあなたを一生の通路に設定する。二つの言語は途中のすべての扉を開く

英語のオーディオブックに初めて挑戦するときは、少々厳しく感じるかもしれませんね。でも心配しないでください。ここにあなたがオーディオブックを楽しみながら、リラックスして英語を聞くためのいくつかのアイデアをご提案します。

まず、大好きな飲み物を手に取りましょう。コーヒーでも紅茶でも、ハーブティーでも良いですよ。落ち着きのある空間で、あなたのお気に入りの椅子に座って、深呼吸をしましょう。すぐにすべてを理解しようとするのはやめて、英語の音をただ楽しんでみてください。それはまるで新しい音楽を聴くようなものです。

オーディオブックを聞き始めたら、まずは内容に集中するのではなく、語り手の声のトーンやリズムに耳を傾けてみましょう。英語の美しいメロディーを感じてみてください。それから、気になるフレーズや新しい語彙が出てきたら、それをメモしておきましょう。後で調べるためのものです。ただし、すぐに全てを理解しようとせず、まずは流れを感じることから始めてみてください。

あるいは、もし可能であれば、同じ内容の書籍の印刷版や電子版を手に入れてみてください。そして、聞きながら読むという方法を試してみてはいかがでしょうか。これにより、あなたは新しい語彙の発音と綴りの関連性を学ぶことができます。

そして、最も大切なことは、自分自身に厳しくならないことです。英語のオーディオブックを聞く目的は、新しいスキルを磨くことだけではありません。それはまた、新しい視点を発見し、異なる文化を理解し、あなた自身の視野を広げる絶好の機会でもあります。

なので、リラックスして、新しい言語の旅を楽しんでみてください。あなたはすでに最初の一歩を踏み出したのですから、これからの旅がどれだけ素晴らしいものになるか、想像してみてください。

タイトルとURLをコピーしました